広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2021.05(Vol.28) ホーム内の仮通路開放

新型コロナウイルス再拡大により、広島県・岡山県にも緊急事態宣言が再度発令されました。
これを受け、当面の現地取材は原則避け、過去の未公開ストックを活用して、ブログ更新を続けていきます。

なお本記事は緊急事態宣言前に取材を行った内容になります。

 

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

前回の状況です。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。 従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。 建て替えられる新ビルは地

Sponsored Link

 

駅ビル建て替えの概要はこちらから御覧ください。

凄すぎる!新広島駅ビルのデザインが発表!巨大吹き抜けや多層に繋がる屋上広場など

 

ついに通路切り替え 旧駅ビル内は完全閉鎖

南口の再開発ビル3棟から。

 

東側ではすでに解体のフェーズは終了していて、杭打機による基礎工事が大々的に行われるようになりました。
この白い仮囲いが新しい駅ビルの概ねの建築範囲になります。こうしてみるとかなり大きいことが分かります。

 

そして中央部。

相変わらず情報量が多く混沌としています(笑)
先日からお伝えしているように、いよいよ自由通路から南口に至るメインの通路が変更されました。
後ほど詳しくご紹介しますが、今回の変更により旧駅ビル内を通る経路は一切閉鎖されました。
これで現在残されている中央部分の躯体も本格的に取り壊しが始まるのではないかと思います。

また、中央の地下通路への階段を覆うガラスの上屋が撤去され始めています。
見慣れたあの屋根もそろそろ見納めですね。

 

エールエールA館の前から見た駅ビル。

分かりにくいですが、こちらに面した西側から旧駅ビル躯体の取り壊しが進むようになりました。
次回更新時にはどれほど小さくなっているでしょうか…。

 

西側、JPのオフィスビル建設地の北側から見る駅ビル方面。

完成時はここから駐車場棟に入る車両用のスロープが目の前に現れることになります。

 

さて、変更された南口通路を歩いていきます。

 

ここが最後まで旧駅ビル内を貫いていた通路。
とうとう閉鎖されましたね。もう駅ビルに入る事はできません。

 

おさらい。

(2021年3月撮影)

 

地下広場。

 

階段を降りてエールエールのイベント広場に至るまでの空間です。
閉鎖部分の天井の化粧板が撤去されています。
この上に路面電車駅前大橋線の軌道が乗ることになります。

 

 

在来線ホームを仮通路に捻出 EVまでの動線確保

自由通路に向けて歩みを進めます。

 

 

先程の駅ビル内を貫く通路が閉鎖されたことで、自由通路と南口を行き来する通路はここだけとなりました。
前回は併用していたため、こちらの通行量は少なくガラリとしていましたが、なんということでしょう~。

4月8日から供用を開始している仮階段に加え、仮エスカレーター、そして既存の自由通路の階段の一部が再び開放され使えるようになりました。

 

閉鎖区画に取り込まれたエレベーターですが、使用停止されることはなく
自由通路の階段の裏、つまり在来線ホーム上を通路にするというアクロバティックな方法で、エレベーターまでの動線が確保されることとなりました(笑)

 

 

 

ホーム内から見ると、この部分にあたります。

 

これは凄い(笑)
ちなみにこのエレベーターは工事により廃止となり、現在の仮階段近くに移設される予定となっています。

 

仮階段を上がった先、自由通路の南端部分です。

 

 

ついに、こんな状態にまで・・・。
この大階段はちょうど4年前の5月、2017年5月の橋上駅舎暫定開業とともに供用を開始しました。
新しい駅ビルに取り込まれるような形となるため、一部分を残してお役御免となります。
短い間でしたがご苦労さまでした。

 

24日に暫定公開しましたが、完全版として25日に再公開しました。 広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。 従来の駅ビル「ASSE」は建

 

これまで閉鎖されていた階段の一番左端が再び開放され、先程の仮通路に繋がります。

閉鎖区画ではこれから構造物の撤去解体工事が始まりそうです。

 

 

在来線改札内 コンコースの壁撤去か?

在来線改札内に入りました。

 

 

 

前回お伝えしたように、コンコース内の1番のりばと2・3番のりばの間がまるごと仮囲いに覆われました。
足場も設けられ、完全に撤去する勢いです。

 

こちらは1番のりばの最も岩国方。南口の旧東郵便局あたりを見ています。

見えている土台は旧駅ビルの避難階段のもの。
解体され基礎だけになりました。

 

広島駅ビル「ASSE」は2021年6月にはすべて解体が完了
並行して新駅ビルの建設に着手し、駅前大橋線と合わせ2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

3 comments

  1. 三条参上 Reply

    1番乗り場の2番乗り場の間の仮囲いに関して在来線中央口改札横の増床工事と待合スペースを整備するようですよ。
    2022年夏の完成予定です。

  2. いのっち Reply

    鯉党さん、岡山におられるのにとてもタイムリーな情報すごいな。
    最近皆さんのコメント少なくなったような気がします。しっかりコメントしましょう。こうして岡山からでもしっかり広島の最新情報を伝えていただいています。
    一番乗り場と二番乗り場の間で待合室が出来る西側の向かい側はどうなるのでしょうか?鉄骨が張り出してます。

  3. オレンジジュース Reply

    広島駅南口にある、旧ダイエービルの隣の宏和14ビルの解体が始まりました。
    1階は寿司店で、全てのテナントが居酒屋だったビルです。

    11月まで解体工事は行われるようですが、隣接しているビルの閉店や閉鎖の情報は無く、単独での建て替えになると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。