広島大学跡地再開発 『hitoto広島』 2020.01(Vol.17) クレーン解体で際立つ圧倒的な高さ

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として
三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

プロジェクトの全体名は「hitoto広島」と名付けられ、2017年10月8日には街開きが行われました。
敷地内ではすでにカーディーラーや学生・留学生向け賃貸住宅などが完成しており、
現在は、残る「hitoto広島 The Tower」の建設が行われています。
2020年4月の竣工を目指す、高さ178.08m、地上53階、免震構造の分譲マンションです。

【公式】:hitoto広島 The Tower|広島大学本部跡地に誕生するタワーマンション

 

前回の状況です。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

Sponsored Link

 

どこからも目立つ、中四国2位の高さ

今年4月の完成に向け、工事はラストスパートとなっています。
タワーの躯体は昨年の時点ですでに完成しており、高さ178mで中四国で2位(広島市で2位)の高さを誇るこのビルは、市内のあらゆるところから確認できるようになりました。

最初は、近場ではありますが広島市役所から。

(2019年12月撮影)

【hitoto 広島 The Tower】
最高高さ178.08m(軒の高さ:177.48m)、地上53階
鉄筋コンクリート造、基礎免震構造
敷地面積:19,869.35平方メートル
建築面積:5,870.72平方メートル
延床面積:79,305.39平方メートル
着工:2017年4月1日
完了予定:2020年4月下旬

周辺の建物とは、縮尺を間違えたかのような圧倒的な高さ、物量感の違いがあります。

 

北側には、トータテの「広島ガーデンガーデン」のノースタワーとサウスタワーが立っています。
サウスタワーはノースタワーの影に隠れているので、ここからでは見えません。

(2019年12月撮影)

「ガーデンガーデン」のノースタワーも高さ約100m・地上32階の超高層ですが、
これすら低く見えるほど「hitoto 広島 The Tower」がノッポであることが分かります。

広島市にある主な高層ビルを高さ順にランキング形式でまとめています。 60m級のビルまで掲載していますが、全てを網羅しているわけではありません。 数値は管理人の独自の調査に基

 

市役所からほど近くの、国道2号線・駅前通りが交わる国泰寺交差点から。

右手のツインタワーが「広島ガーデンガーデン」で低いほうがサウスタワー、高いほうがノースタワーです。10年程度で3つのタワーが出現しました。

 

上の画像とは反対側、駅前通りの赤十字・原爆病院前から。

この景色もなかなかの迫力です。
「広島ガーデンガーデン」は2棟合わせて446戸、
「hitoto 広島 The Tower」は1棟で665戸。

3つ合わせると1,100戸以上の住宅が出現することになるので、都心型のちょっとしたニュータウンです。
小・中学校も生徒数は増えるでしょうし、買い物やその他施設など千田の街の雰囲気も変わってくるのではないでしょうか。

 

少し離れて広島駅南口の「エールエールA館」屋上から。

 

広島駅からも見えるということになります。

 

2本目のタワークレーンも解体へ

さて、「hitoto 広島 The Tower」単体の状況です。

 

前回、画像の面とは反対側のタワークレーンが解体されたことをご紹介しました。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

今回訪れてみると、このようにこちら側(北東側)のタワークレーンも降下を開始しています。
タワークレーンの降下は、自らマストを解体し地上へ下ろしながら高度を下げていきます。

 

さらに、中央通りあたりまで離れた場所から。

クレーンが下がっている状況とともに、住居部分の更に上、「塔屋(PH階)」部分に窓ガラスが設置されているのも確認できました!
住居者専用の共用施設「スカイラウンジ」です。ここが最上階・53階になります。
広島を独り占めしたような素晴らしい景色でしょうね。
47階にも「オーナーズビューラウンジ」という、ドリンクや軽食とともに景色を楽しむことができる共用施設があり、本当に羨ましい限りです。
一度取材させていただけないかな…

 

広島大学本部跡、旧理学部1号館とタワー。

 

低層部分です。

コミュニティプラザの整備が進みます。

 

「hitoto広島 ナレッジスクエア」前から見上げるタワー。

本当にこの突き抜けた高さ感は、広島一のようにも感じます。

 

建設現場からは以上です。

少し離れつつ、タワーを撮ってみました。

「ヒルトンホテル広島(仮称)」が隣接予定の、広島市保健所付近から撮りました。中央通りです。
純粋な都心から少し離れた通りの先にこうして超高層タワーが見えると都会だなと感じます。今までの広島にはあまりなかった感覚です。

 

もう平和大通り方面に離れた中央通りから。

「hitoto 広島 The Tower」は2020年4月の竣工予定です。

Sponsored Link

8 comments

  1. ヒナKEN Reply

    夜間屋根部分の間接照明が綺麗ですね!
    夜間でも建物高さがよくわかりますし、存在感が増します。

  2. TOM Reply

    ほんと広島の高層化やばい勢いですね!
    一ヶ所の摩天楼もカッコいいですが、散らばった超高層ビル群も、街に厚みが出ていいですね。
    西日本では、大阪、神戸に次ぐ高層都市になりましたね!

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    超高層マンションは多分これが最後でしょう。後は複合超高層で基町駐車場、サンモール、駅北口JR西日本支社再開発の3本ですかね?JR西日本はまだ先の事ですがサンモール、基町駐車場と話しが全く聞こえずどうなるのか、私が心配するのもおかしいですが広島市の発展は経済的に生活に関わって来るので期待してます。高速5号線、東広島バイパス工事、西広島バイパス延長、駅建て替え、サッカースタジアム建設などが取り敢えず順調に 進めば一挙に広島の風景は変わりますね楽しみです。余談ですが今季もカープは年間チケット一括販売、せめて前期後期の分割に出来ないものか販売価格も上がり成績が悪いと球団への風当たりは強くなり人気低迷に繋がるでしょうファン第一の視点を無視すれば崩れて行くのは早いですよ。

  4. MC Reply

    本当に素晴らしいタワマンだと思いますが、某掲示板でのこのマンションのスレの荒れっぷりは辟易しますね

  5. 広島に縁がある福岡県民 Reply

    広島駅前が再開発された時点で、既に第3の高層都市になってますよ。

  6. 社会系 Reply

    広島において、マンション単体で50階建ては、hitoto広島が初です。
    マンション単体で50階を越えるのは、川口・東京23区・川崎、大阪・神戸、広島となりました。

    グランドタワー(43階)は、10階まで商業施設・オフィス、
    シティタワー(52階)は、11階まで商業施設・オフィス・ホテルとなっており、
    これらは、10階のオフィスビルに30・40階のマンションを乗せたという表現がいいでしょう。

    広島の単体高層マンション歴史をふり返れば、
    20階越えは、1972年に、基町市営アパート、
    30階越えは、1994年に、西風新都A.CITYタワーズ、
    40階越えは、2016年に、グランクロスタワー広島、
    50階越えは、2020年に、hitoto広島TheTower、
    というようになっており、バブル崩壊後、開発がよく復活してくれたと思います。

  7. はまっこ Reply

    千田町に住んだことがあるものとしては、無事完成と言うことで喜ばしい限りです。
    比治山の展望台からも堂々の迫力で眼前に迫って来ます。
    宮島に渡るフェリーからも見えました。そういえば、一時は、60階建のツインタワーマンションの計画もありましたよね。建設会社が倒産して御破算になったと記憶しているだけに、無事に新たなタワーが完成して感無量です。

    余談ですが、横浜で完成間近の高層マンションは58階建、高さ195.95メートルなので、50階以上の超高層マンションの仲間入りです。

    • 社会系

      次回から、マンション単体で50階を越えるのは、
      川口・東京23区・川崎・横浜、大阪・神戸、広島とさせていただきます。
      横浜が加わったことで、より都会の象徴となったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。