ザ・タワーレジデンス広島富士見町 新築工事 2022.03(Vol.1) ヒルトン北側の20階タワーマンション

広島電鉄、三菱地所レジデンス、JR西日本プロパティーズの3社は、
共同で広島市中区富士見町に20階タワーマンションの建設を進めています。
プロジェクトがこのほど明らかになり、名称は「ザ・タワーレジデンス広島富士見町」と公表されました。

敷地は駅前通りに面し、平和大通りにもほど近い立地にあり、
100mほど南側ではヒルトン広島が2022年9月に開業を控えています。
駅前通りを挟んだ南側では旧日本たばこ産業跡地に5棟の20階クラスの住宅が相次いで建設されるなど、
移り変わりの激しいエリアです。

2023年12月中旬の竣工予定です。

 

前回の状況です。(ヒルトンの記事内で紹介しています。)

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。 ホテル誘致のため設立した特別

 

 

事業概要

【公式】:ザ・タワーレジデンス 広島富士見町


完成イメージ(上記公式HPより)

 

名称 ◆ ザ・タワーレジデンス 広島富士見町
高さ ★ 60.00m
59.50m(軒の高さ)
階数 ◆ 地上20階
用途 ◆ 共同住宅・駐車場・駐輪場
住戸数 ◆ 76戸
構造 ◆ 鉄筋コンクリート造
敷地面積 ◆ 818.28平方メートル
建築面積 ★ 540.88平方メートル
延床面積 ★ 8,044.77平方メートル
着工 ★ 2022年1月5日
完了予定 ◆ 2023年12月中旬
建築主 ◆ 広島電鉄株式会社
三菱地所レジデンス株式会社
JR西日本プロパティーズ株式会社
設計者 ★ 株式会社U建築設計事務所
施工者 株式会社鴻池組

★:現地看板、◆:公式HP
(最新の情報を採用)

 

 

(2022年2月撮影)

 

 

付近で6棟目!20階クラスのマンション

フジグラン広島の前あたりから。

 

 

前回同様、基礎工事が行われています。

駅前通りを挟んだヒルトンの向かい側、かつての日本たばこ産業(JT)の跡地に、
計5棟の20階・60mクラスのマンションが建ちました。
これで富士見町地区では6棟目の同クラスのマンションになります。

ただ、賃貸が主体だったJT跡地のマンションとは異なり、
三菱地所、JR西日本プロパティーズ、広島電鉄がタッグを組む、充実した分譲マンションになります。
イメージ図からも、快適さ、質の高さが伝わりますね。

 

ヒルトンホテルとの位置関係。

本当に目と鼻の先にあります。

 

地上20階分譲マンション「ザ・タワーレジデンス 広島富士見町」は、2023年12月中旬の竣工予定です。

1 Comment

  1. デベロッパー Reply

    スタイリッシュなマンションですね。
    ヒルトンとの並びも冴えますね。
    黄色い看板のお店が…アクセントになって…惜しい笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。