地上30階『(仮称)アパホテル&リゾート〈広島駅前タワー〉』詳細公表 イメージパースも

5日の中国新聞の報道により、広島駅南口の旧フタバ図書跡地に、
地上30階のアパホテルが建設されることが判明しました。

その後、アパグループがニュースリリースを更新して正式に計画が公表されたとともに、
イメージパースなど詳細も明らかになりました。

名称は「(仮称)アパホテル&リゾート〈広島駅前タワー〉」。
地上30階、600室の大規模なタワーホテルです。

アパグループは、広島駅南口に30階のホテルを建設する予定であることが中国新聞により明らかになりました。 建設地は2021年9月末に閉店した旧フタバ図書跡地。 十分な耐震強度を有

 

 

【アパグループ】:広島駅前にタワーホテル開発用地取得

広島駅周辺では最大規模となる600室の客室は、スイートルームやバリアフリールーム等、バリエーション豊富なタイプを設けると共に、隣り合うシングルルーム同士を必要に応じて繋げて利用できるルーム「シングル-シングルコネクトツインルーム」を標準とし、平日のビジネス需要、週末の観光需要、インバウンド需要の受け入れを目指します。

またビジネスホテルでありながら、共用部に展望プール、大浴場、大型レストランも完備し、宿泊者だけでなく日帰り等の日常利用にも対応する予定です。

 

シングルルームを繋げてツインルームとして使用可能なのは画期的ですね。

 

完成イメージ。


(仮称)アパホテル&リゾート〈広島駅前タワー〉完成イメージ(上記公式HPより)

 

名称 ◆ (仮称)アパホテル&リゾート〈広島駅前タワー〉
高さ
階数 ◆ 地上30階
構造
用途 ◆ ホテル
客室数 ◆ 600室
敷地面積
(公簿面積)
1,260.95平方メートル
建築面積
延床面積 ◆ 約13,000平方メートル
着工予定
竣工予定
開業予定 ◆ 2026年12月
建築主 ◆ アパグループ
設計・監理
施工

◆:公式HPより

 

かなりスリムな印象のビルになりそうですね。
イメージパース上ではビル全体が見えるようになっていますが、完成時には新駅ビルの低層部分が駅前広場の半分程度まで張り出すので、低層部分やエントランスはあまり見えないかもしれません。

 

改めて、建設予定地の画像です。

ここに100mクラス30階のビルが立つ実感が全く沸かないほど、狭いスペースとなっています。

 

ビルの裏手には在来線ホームとの間に若干のスペースがありますが、
そこはJR西日本の敷地であり、新駅ビルの一部の設備も新たに新設されます。

というわけで、本当に見えている旧フタバ図書の建物がほぼ敷地の大きさです。

模型を見ていただくとよく分かります。

今回のプレスリリースによると取得した敷地の公簿面積は約1,260平方メートルに対し、
新ビルの延床面積は約13,000平方メートルということで、
容積率はほぼ1,000%を超えることとなります。

対象地の都市計画上の容積率上限は900%なので、宿泊施設を新設する事業に対する広島市の優遇措置適用を想定していることも考えられます。

 

地上30階、600室の(仮称)アパホテル&リゾート〈広島駅前タワー〉は、2026年12月の開業予定です。

 

 

■追記(2022/08/06 23:06)————————————————–

広島市高層ビル一覧を更新しました。

広島市の高層ビル一覧

16 comments

  1. Reply

    かっこいいですね〜
    1階のレストランはテラス席とかほしい

  2. ちょっと Reply

    完成イメージ、広電広島駅電停が地上に残ってる、どうでもいいけど。

    • eclipse

      ちょっとさん
      広島駅ビルがやけに小さいので、てっきり新駅ビルの完成予想図が出る前から動いていた計画なのか?と勘繰りましたがよく見ると駅ビルのデザインは新しいものでした……広電は地上に見えるのでこのような光景になることはありえない不思議なイメージですね。
      にしてもホテルをはっきり見せるため広々と描かれているのでしょうけど、実際には低層部分はほぼ駅ビルで隠れますよね?
      駅ビルの最高高さがおよそ100mであることを考えると、アパホテルに隣接する部分の駅ビルの高さは博多駅と同等の60m程度であることが予想されます。加えて、駅ビルがエキシティを多少隠す程度に全面に張り出すことを考慮すると、アパホテル西側の部屋は下2/3程度は窓の外の景色に駅ビルの側面を見ることとなりそうです。

  3. アホの福ちゃん改め嫉妬する福ちゃん Reply

    イメージ図見ると、展望プールと塔屋だけで6フロア分くらいありそうだから、マジで120mいきそう。

  4. 地元民 Reply

    延床面積が分からず一番気になっていた容積率について触れて頂いて大変すっきりしました。
    やっぱり特例で容積率割増しを受けてのあの高さなんですね。
    なんか東京とかにあるような極めて高度な土地利用で初めて見たときはにわかに信じられませんでした。

  5. くる〜ず Reply

    裏側はJRの土地なんですね。それにしてもここはかつてはスーパーのイズミで、地下が食料品売り場であり、私の記憶では確か二重焼の店があって、よく買い求めたものです。(記憶違いかもしれません。) このように変遷を遂げるのを見るのは本当に興味深いものがありますね。

  6. OORer Reply

    色といい形といい神戸三宮の阪急のビルみたい。多少存在感増すように誇張してはあるような気がするけど、かなりスタイリッシュなデザインでカッコいい。広島駅周辺も密度が増してきますね。

  7. Reply

    こちらの動画で広島駅やビル群とのバランスが見れますよ!
    パースよりは意外にこじんまり見えますが笑、いい感じですね。アパリゾートは好きなんで今までアパ駅前大橋を利用してましたが
    こちらに泊まりたいです。
    https://youtu.be/eV3b8MQ_bIU

  8. ASCEN Reply

    アパホテルのこの件のニュースリリースを見ると、“広島市内では、現在アパホテル〈広島駅前大橋〉(全727室・2016年10月6日)、アパホテル〈広島駅前〉(全91室・2008年12月19日)、本計画を含めると計3棟・1,418室となる。”と書いてありますね。もしかして北口の計画は今回の計画に置き換えられるという可能性もあるのでは。

  9. まつ Reply

    来年1月開業のアパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉西日本最大級1,704室は立地も類似しています。
    梅田同様最上階のリゾート感満載ルーフトッププールはほぼ間違いないと期待してしまいますね。

    新駅ビル最上階に温浴施設という妄想をしていたのですが、露天風呂では規制も多いのでルーフトッププールのほうが今の時代あっていますね。

  10. 熊野のここちゃん Reply

    アパホテル内、ランチはよく食べにいきます。ここの美味しい料理も早く頂きたいです。

  11. デベロッパー Reply

    まさかこの土地に高層ホテルが建つとは、考えもつかなかったですね。
    あとはフルフォーカスビルと隣の駐車場が一体開発されれば…複合ビル…
    下層は商業、中層はオフィス、高層はホテルの高層複合ビルにならないかなと妄想しております笑。

  12. めめたん Reply

    アパ大阪梅田駅前タワーは34階、122.65メートルなので、単純計算すると広島は108.2メートルになりますね。

  13. むーばす Reply

    コロナ禍前は野球を観戦に宿を獲ろうにも、そもそも空室自体
    が無かったという時代が懐かしいですね。
    そんな最中でもアパホテルなら必ず空室を持っていましたが、
    料金はエキキタのシェラトン並みと信じられないレートを提示。
    それでも他になければ泊まります。

    私はそれだけは嫌で、結局、土橋方面の安宿に泊まりました。
    風呂とトイレは共同で部屋も狭く、寝るだけでしたが、風呂は
    黒いモノが這っているのが目について、結局利用せずシャワー
    のみ。あの日はゲストハウスも獲れない中でアパホテルさんは
    空いてました。

    現在は流石にそのような値付けをしているのは見ませんが、
    予約サイトを探してみると、ここ数年で新顔が多数市場に
    供給されているようで、もうあの日の経験をすることも無い
    だろうと安心しています。

    もちろん予約サイトなんて当てにしないで、ひたすら一軒一軒
    電話で問い合わせていけば見つかることは分かっていますが、
    あのアパホテルの料金設定が目に焼き付いて離れないと言う話。

    たぶんアパホテルはエリアの複数のホテル予約を支配人一人が
    兼務していて、定員よりも多めに取った予約の歩留まりが良け
    れば、急遽、近隣店にお客を振り替えたりしているようなTV
    番組を以前見たことがあります。予約率と客単価を掛けて最大
    にした支配人が上に上がれる人事考課は今も変わってはいない?

  14. かずお Reply

    広島駅周辺は、これからJPビル、広島駅の完成、JR西日本の中国地方の機能を広島に集約、JR西日本広島支社跡地、元IKEA土地の本格再開発、JR広島病院と県立病院の合併による建替え(あるいは増築)の検討などビジネス利用が更に増える事が予想されます。
    さらに各医師会の結集と、グラノード、広島テレビのコンベンション機能により、学会などの需要も増えてくるでしょう。
    コンサートも徐々に復活してきていて、劇団四季の「リトルマーメイド」も高稼働中、とエンタメ需要も戻ってきています。サッカースタジアムが完成すれば、スタジアムコンサートやフェスも増えるかもしれません。(騒音対応の問題もありますが)
    「こんなにホテルが?」と思いますが、ホテルニューひろでんなど営業終了となったホテルもあり、まだ足りないのかもしれませんね。

  15. ああ Reply

    外観は景観に配慮して、大阪肥後橋みたいなのか、
    イメージパース通りなら、薄茶色をメインカラー
    にしてほしい。
    濃い色やオレンジみたいな原色を多用すると、目立ち過ぎて
    昔のパチ屋っぽくて、品がなくなってしまいかねないので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。