スタートラム広島 新築工事 2017.06(Vol.10) タワークレーン解体開始

「スタートラム広島」は、日本生命と広島電鉄がそれぞれ所有する2棟のビルを取り壊し、
一つのオフィスビルに再開発する共同プロジェクトです。
相生通りの立町電停前に2018年1月、地上16階建て、高さ約80mの複合オフィスビルが竣工します。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト

【広島電鉄】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト新築工事着工 新ビル名称は「スタートラム広島」に決定

前回の状況です。

「スタートラム広島」は、日本生命と広島電鉄がそれぞれ所有する2棟のビルを取り壊し、 一つのオフィスビルに再開発する共同プロジェクトです。 相生通りの立町電停前に2018年1月、
スポンサードリンク

今回は、紙屋町のエディオン広島本店『本館』の建て替えに合わせ、売り場再編を行った『新館』の窓から、
八丁堀方面を眺めてみました。

 

画像下が紙屋町交差点、画像奥が八丁堀・広島駅方面です。
「スタートラム広島」の屋上に、新たなタワークレーンが登場しました。
これまで構築してきたタワークレーンを解体するための、一回り小さいクレーンです。
PH階も含めて、ビルの躯体は完全に出来上がったようですね。
クレーンを解体するのに「子クレーン」を作るのは大規模ビルの建設現場でよく見られる手法です。

今回の八丁堀「スタートラム広島」もさることながら、広島駅南口Bブロックの「シティタワー広島」もかなりの存在感を現していますね。
ちなみにCブロックの「グランクロスタワー広島」は完全にシティタワーの後ろ側に隠れています。

スタートラム広島とシティタワー広島の間に見える建設中の建物は、
JR西日本が白島通りに建設中の「カンデオホテル広島」です。

広島市中心部では現在、需要がありながら不足状態だったホテルの建設が加速しています。 中でも中区八丁堀地区では、路面電車白島線が通る白島通りの沿線に3棟別々のホテルが建設中です。

 

 

相生通りを進みいつもの定点撮影現場から。

 

4方の幅が広いこと、塔屋だけで5~6mあることから、高さ80mという数字の割にはあまり高く見えませんが、
質量感、容積のデカさは近くにいるとかなり感じることができます。

 

北西側、北東側と続けて。

 

1枚目の北西の角で、地上部分に新たな鉄骨の構築が始まっています。
2枚目は北東の角を見上げていますが、室外機などがあるためか、かなり質素な外観ですね。

 

福屋八丁堀本店の前から。

 

タワークレーンが隣接して2基並んでいる光景も、すぐに見られなくなります。
躯体工事はほぼ完了したので、これからは設備・内装工事が中心になりますね。

 

ここまで、先週末に撮影した時の状況でした。
6月15日、ずっと防音シートに覆われていた南面(相生通り正面)が徐々に見えるようになってきました。

ツイッターで、ゴンザレスさんが投稿された画像を許可を得て紹介させていただきます。

ゴンザレスさん、ありがとうございます!)

おおー!
上層階のデザイン自体はそこまで珍しくは感じませんが、それだけに外観が見えるようになると、その大きさが際立つような気がします。
犬走(バルコニー?)の手すりはワイヤー状のものが設置されているように見えますね。

 

「スタートラム広島」は2017年11月末完成予定です。

 

3 comments

  1. うなぎ Reply

    先ほど相生通りを通ったところ、相生通り側の足場も解体され、姿を現していました。
    とにかくデカい!相生通りで一番重厚感があるのではないかと思うくらいでした。
    テナント情報が気になりますね。

  2. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    これはまた、凄い存在感ですね。

    人は見た目で7割を判断するとよく言われるので、この迫力が与える影響は少なからずありそうです。

     エディオン本店新館の窓から、福屋八丁堀本店前から撮られた相生通の写真を拝見すると、相生通に事務所を構えることが、まだまだステイタスシンボル的価値がある様に思え、一刻も早く、交通の「速達性」「定時性」の確保に努めて頂きたいと思います。

     ただ、これ以上相生通の交通が混雑し、地価が高騰しかつ好景気が持続すると、ベンチャー企業や成長中の新興企業にとっては利便性と地価・家賃価格の問題から広島駅周辺の二葉通、駅前通、大洲通・JR山陽本線に沿って天神川駅周辺まで、更にはJR山陽本線・城北通に沿って新白島駅、横川駅周辺までオフィスを求めてその範囲がアメーバー状に広がる様な予感がします。

     先日の国会でどなたかが「市場経済は神のみぞ知る」と言って言い逃れをされていましたが、それを解明するのが科学ではないか!と反論したい気持ちにはなりましたが、現状では正確を期して調査・分析に時間をかけている間に、経済状況が目まぐるしく劇的に変化しておりその結果が出た時点においてはもはや過去のものとなり、現状の分析としては何の役にも立たないことになっている事を非常に懸念しております。

     その調査結果を行政が都合よく用いると大きな誤りに繋がるので、市場原理に基づき、判断の早い民間による自己責任を伴う再開発を優先し、道路に関するもの以外での行政の役割は、出来るだけ支援、調整を主としてそれらを追認する形が理想的だと思います。

    今後の相生通の再開発も非常に楽しみになってきましたね!

    レポート楽しみにしています。

  3. トマト君 Reply

    足場がなくなるの早かったなー
    無くなったら、突然建物の大きさがはっきりと分かったわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。