せんだいメディアテーク 2019.05 『杜の都』に開かれた交流の場

以前お伝えしているように、先日のゴールデンウィークを利用して、東日本へ行ってきました。
仙台市は人口およそ108万人の政令指定都市で、ブロックの中枢都市として広島と比較的都市規模が近い仙台市は以前からとても興味があり行ってみたいと思っていました。

これまでに、生まれ変わった仙台駅のレポートを行っております。

以前お伝えしているように、先日のゴールデンウィークを利用して、東日本へ行ってきました。 第一の目的地は東京で、既にいくつか記事を更新しております。 https://ab-h
JR仙台駅は、1日には約18万人が利用する巨大ターミナルです。 JRの他に、仙台市営地下鉄の南北線と東西線が乗り入れ、仙台駅を中心に東西南北を結んでいます。 駅の2階レベル
JR仙台駅は、1日には約18万人が利用する巨大ターミナルです。 JRの他に、仙台市営地下鉄の南北線と東西線が乗り入れ、仙台駅を中心に東西南北を結んでいます。 駅の2階レベル

 

今回の記事は、タイトルの通り、「せんだいメディアテーク」に行ってきたレポートです。

スポンサードリンク

【公式】:せんだいメディアテーク

「せんだいメディアテーク」は仙台市が2001年に開設した複合文化施設です。
仙台市民図書館やギャラリー、イベントスペースで構成される区民センターのような位置づけですが、
鉄骨チューブを柱とする全体の構造や通りの木々の緑を取り込む全面ガラス張りの外観など、建築物として非常に大きな特徴を持った施設です。

 

まずは、「せんだいメディアテーク」が面する「定禅寺通り」です。

都心にいることを忘れさせるほどの豊かな緑です。中央分離帯は歩けるようになっており、街歩きが楽しくなりますね。
仙台にはこの他「青葉通り」でも豊かな植栽が整備されており、「杜の都」と呼ばれる所以になっています。

 

そんな「定禅寺通り」の木々に溶け込むように、ガラス張りの外観が見えてきました。

 

 

通りと施設の調和が素晴らしいですね。公共施設として市民に開かれたものであることを象徴付けています。

 

通りのエントランスから中に入ってみました。GWの祝日でも空いていて助かりました。
なお、館内の撮影には受付での申請が必要です。規則を守り、空気を読んで撮りましょう。

撮影許可とバッジ代わりに胸元に貼るシールを渡され、館内をお邪魔します。
受付の方の対応も慣れたもので、こうして他所から施設を見に来る人が多いんだなと実感しました。

 

1階は多目的に使えるギャラリーですね。

 

この建物最大の特徴である「チューブ」です。柱の代わりにこのチューブが建物を支えます。
チューブの中は、エレベーターであったり、階段があったり、吹き抜けになっていたりと色々な用途で使われています。

外の緑が直接見えるのもいいですね。

 

2階はライブラリーと、3・4階は市民図書館になっています。

 

チューブ一つが占める面積は大きいですが、数自体は少なく、柱の少ない開放的な空間を実現できています。
これは調べ物や勉強が捗りそうですね。

ふと、広島市中央図書館を思い出しましたが、ここに比べるとギュウギュウですよね…。
老朽化も進んでいますし、旧広島市民球場跡地活用及びサッカースタジアム建設と合わせて、中央公園の再編・ブラッシュアップも本気でお願いしたいです。

 

スタジオ等のある7階で撮影。

 

建物自体で、国内外から人が集まる理由がよく分かりました。
広島も歴史的価値のある「遺産」だけでなく、こうした現代の技術で造り開かれた建築はもっとあっていいと思いました。

ただし、とにかくお金をかければ良いわけではありません。後で分かったのですが、「せんだいメディアテーク」の建築費は驚きの130億円だそうで…(+_+)
マツダスタジアムより高いです。

いい経験ができました。「定禅寺通り」の画像をおまけで載せておきます。

 

 

4 comments

  1. 元旦 Reply

    中央図書館の映像文化ライブラリーも老朽化してますね。
    特にロングシートみたいな椅子が。
    最近のシネコンや序破急系の館内の椅子と比べると雲泥の差。
    ここならではの上映企画がある貴重な場なので、少しでも手を加えていただければと思っています。

  2. むーばす Reply

    私もこの建物が出来て間もなくの頃、どうしても見たくて
    見学に行った思い出があります。非常に天井も高く窓も
    大きくて、定禅寺の並木が目の前に広がる居心地の良さに
    感動しました。ここも東日本大震災の時には大きな被害
    を受けており、復興にはかなりの労力を要したみたいです。

    定禅寺通りの冬のイルミネーションは定評がありますが、
    ここから見るとまた綺麗だと思います。冬の時期は17時半の
    点灯時は一気に並木全てに明かりが点りとても感動します。

    そういえば伊東豊雄先生はちょうどこの後くらいに、広島市
    の幻の見本市展示場計画(出島)を担当されたので、伊東
    事務所のHP写真を拝見すると、メディアテークとよく
    似た柱がロビーにそそり立ってますね。これがもし出来て
    いたならきっと大きな話題にもなった施設だと思いました。

    130億円はびっくりですが、当初から仙台の目玉施設に
    なっています。ただ同じ定禅寺通りでメディアテークを
    挟むように建つ県民会館と市民会館の二大ホールは、
    いずれも1960〜70年代に建てられたもので、かなり
    老朽化しており政令都市には相応しくないものとなって
    おります。これをカバーする様に仙台サンプラザホールが
    仙台駅東にありそちらに主要なコンサートなどは集中して
    いるようです。仙台市もこの分野はウィークポイントです。

    個人的には定禅寺通りの一本南側の広瀬通りがお薦めです。
    ここも以前は立派な銀杏並木があったのを地下鉄建設で伐採。
    その後元に戻していることを願います。
    この通りは西へ進むとそのまま地下道に入ります。そして
    トンネルを走った先にあるのが東北道の仙台宮城インター。

    一方、逆に走ると仙台のメインゲートを出て、すぐにトンネルに
    入ってしまい暗い風景の中、いきなり外に出たと思ったら、
    そこは銀杏並木のトンネル。“杜の都”の中心に到着、といった
    感動体験をすることが出来るからです。
    この通りの南側の青葉通りとともども、仙台の魅力を形づくる
    この三本の広い並木道(といっても往復6車線)が近接する
    ことで、中心部の風景を創っていると言っても過言ではないです。

  3. hima Reply

    非常に立派な図書館ですね。こんな施設があるなんて知りませんでしたデザインは欧米の大学図書館みたいで、ビル自体も無駄に高層化されておらず、自然とマッチングしていいですね。こんな場所にカフェなんかあると、休日の朝に足を伸ばしてみたくなります。
    広島は、市立図書館は古いですが、県立図書館のある建物は綺麗でいいですよ。川沿いの通りと隣の千田公園も紅葉の時期になると、非常に写真映えするくらい、綺麗になります。

    今思えば、こういった施設が大学跡地にあればよかったのかもしれないですね。隣の被爆建物と対照的な感じで。ただし、130億円は高い笑。

  4. 仙台県宮城市 Reply

    広島も、中央図書館、映像文化ライブラリー、青少年センター、
    それらよりも少しだけ新しいこども分化学館。
    これらを統合して、仙台のこの建物のように立て替えて欲しいです。
    景観配慮で地上2階建て、地下は2階まで。
    中央公園のスタジアム建設に伴って、この辺も改築して欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。