エキエの総仕上げ 広島駅に『ekie KITCHEN』が10月オープンへ!

広島駅のエキナカ商業施設「ekie(エキエ)」について、
JR西日本は北口1階の旧「新幹線名店街」の区画に開業させる第4期エリアの詳細を明らかにしました!
「ekie KITCHEN(エキエキッチン)」と名付けられた第4期エリアは約2,400平方メートル。
地元客から新幹線利用客までの多様な”食料品ニーズ”に応える店づくりとなっており、
デリカ、スイーツ、ドリンクスタンドやスーパーマーケットなど、36店が出店します。

10月2日(水曜日)にオープンすることも公表されました!

スポンサードリンク

「エキエ」は、広島駅南北自由通路が開業した2017年から開発が始まった、線路上空および駅北口一帯のエキナカに進出する新しい商業施設です。
2017年10月に第1期、
2018年3月に第2期、
2018年9月・10月に第3期が相次いで開業し、
第4期はその最終期に当たります。

JR広島駅で2012年5月から行われてきた、南北自由通路や橋上駅舎を整備する「広島橋上駅新築他工事」が完成し、 2017年10月29日(日)、いよいよ全面開業しました。 同時に
広島市は、JR西日本とUR都市機構と共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。 ①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備
広島市は、JR西日本とUR都市機構と共同で、JR広島駅の大規模改良工事を進めてきました。 ①南北自由通路の整備、②橋上駅舎・線路上空店舗の建設、③駅北口ペデストリアンデッキの整備

 

公式リリースです。

【JR西日本】:ekieグランドオープン!! 第4期新たな食品エリア「ekie KITCHEN」10月2日オープン

(上記公式HPより)

 


ekie第4期エリア「ekie KITCHEN(エキエキッチン)」フロアマップ(上記公式HPより)

 

出店場所。

 


(新幹線名店街閉店前)

 

食料品ニーズに応える店舗とは当初からJRの資料にも記載されており、面積もそれほど大きくないので大部分が食料品スーパー(高級志向か?)と予想をしてきましたが、意外とそうでもないですね。

スーパーは全体の1/3程度で、他はできたてをテイクアウトできるライブ感のある惣菜のお店や、
広島駅にもきましたタピオカ!本場発祥の「春水堂」が中四国初出店!
また、新幹線名店街の改装開始と同時に姿を消してしまった揚げもみじが「もみじ堂」で再び味わえるようです。

区画の中央部には、店内で購入したフードやドリンクをイートインできるスペース「エキエスタンド」が設けられるようです。
思い返せば増築後の「新幹線名店街」時代から、アンデルセンの横にイートインスペースがありましたね。

そしてスーパーマーケットのテナントには、「ユアーズ」と「マツモトキヨシ」が入るようです。
ユアーズの高品質ブランド「アバンセ」の商品も扱うようです。

 

私が何より感じるのは、新しいお店ももちろんありつつ、
南口の駅ビル「ASSE(アッセ)」で営業している店舗が数多く含まれていることです。
2017年10月にエキエと合わせてオープンした、駅ビル1階のチーズタルト専門店の「BAKE」も北口のekieKITCHENに移転します。

いよいよ、いよいよ、いよいよ、駅ビルASSEの閉幕・解体の足音が近づいてきました。

単なるスーパーにならず、惣菜店やテイクアウト専門のお店が多いのは、
マツダスタジアムでのカープ公式戦のあの購買力を逃さないためでもあるのでしょうね。
現状は自由通路出口付近からカープロードにかけて、また駅ビル地下で弁当や惣菜の販売がメインで行われていますが、あれが来春から丸々5年なくなるわけですから、それを補う施設になると考えるとうなずけます。

 

現在、アッセでは「全力閉館サマークリアランスセール」が行われているとのこと。

【公式】:ひろしま駅ビル ASSE(アッセ)

アッセと閉館という文字に重みがあるというか、感慨深いですね。

駅ビルの一部の機能を駅北口の「ekie」一帯に移し、来年から解体開始。2025年春には新たな駅ビルが開業します。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま

 

「ekie」開発の総仕上げ、そして駅ビルの建て替えに繋がる「ekie KITCHEN」は2019年10月2日オープン予定です。

8 comments

  1. しゅうへい Reply

    ASSEは閉館後、駅ビル建て替えになるわけですが、
    建て替え後、ekieに統一なのか?
    ASSEの名が存続なのか?
    気になります。

  2. 社会系 Reply

    食品スーパーだけと思っていましたが、
    これに加えて、デリカ、スイーツ、ドリンクスタンドなど、36店が出店するようです。
    工事が遅かった分、何か大きな変更があったとも考えられます。

  3. hima Reply

    ekieが遂に完成ですね。ekie旅行客にとっては非常に便利な施設となりました。新幹線や空港行きのバスなんかを利用する際、お土産を買ったり、ご飯を食べたり、また弁当を買ったりできるので、非常に重宝しております。
    惣菜系があると、駅を普段使いする人や、新幹線利用者なんかにいいかもしれないですね。
    個人的にはゆったりバスや電車の時刻を眺めながら待てる大きなカフェなんかあればなぁって思っています。

  4. ああ Reply

    北口にあったマクドナルドや、すき家がなくなってしまうのは、ちょっと残念ですね。
    大手のチェーン店も一定の需要があると思うので、新しい駅ビルに入れてほしい。
    ASSEという名は、英語圏の人にとっては、変なネーミングらしいので、外国人観光客の
    ための玄関口でもある新駅ビルは、彼らにも馴染めるような名前に変えてほしいと思う。
    前にも述べましたが、建て替えに合わせて、地下部分を拡張したり、通路もあわせて
    きれいにしたりしないのでしょうか?これを機にやってもらいたい。

    • 山中ルンペン

      アレにケツに”E”をつけただけだからな。
      アス・トラムラインも然り。
      駅ビル関連はekieに統一してほしい。

  5. タミー Reply

    駅ビル建て替えに向けて準備が着々と進んでいる様ですね。

    ホテルについてもそうですが、JR西日本系の物件がパズルの様に、移転をして再開発事業が迅速に進める手腕は見習うべき所が満載です。

    アッセ地下に入居しているイズミグループのユアーズが食品スーパーとして高品質ブランド「アバンセ」取り扱い商品で実質移転となり予想通りです。

    リカーには地元フレスタグループのリカーズが新業態「SAKE PLACE」として日本酒に合うつまみ等のイートスペースも登場する様です。

    その他、地元では馴染みのお店や広島初進出のお店など、話題性が豊富で感心しています。

    そのイズミが若手社員の定着を目的に年2回以内で各10万円を上限に帰省費用の援助をはじめると中国新聞のサイトにありました。
    また、マツダの季節工の募集などは応募参加費用の支給まであり、驚愕の破格待遇で若手労働者の確保に躍起になっています。

    雇用が十分にあるにも関わらず、特に若手が思うように集まらないのは由々しき事態です。

    街づくりに於いて、高齢者に対する配慮も大切だとは思います。しかし、広島都市圏内での労働力不足の深刻さは度が過ぎており、緊急課題として、広島の街の未来を担う若者が定着したいと思える若者にとってより魅力的な街づくりをもっともっと真剣に考え工夫すべき段階に突入していると思います。

    JR西日本さんにはそのあたりのノウハウについても、関西大都市圏で十分に学習されているので、広島駅及び周辺の再開発事業にも生かしていただけたらと期待しています。

    駅ビル、更には北口正面のJR西日本広島支社移転後の跡地再開発で、魅力的な街づくりを実現していただきたいと願っています。

  6. OORer Reply

    タピオカの店がバンバンできるのはいいことかもだけどブーム終わったらヤバそう

  7. ファッツ Reply

    スーパー等の日常使いの店って言ってたような気がしますが、3分の2位はエキエノースの拡張になってるような…。観光・ビジネス客とか野球観戦やちょっとした御褒美買いなどのハレの日消費にはとても良さそうですが、手軽に毎日使える店がほぼ無い気がします。JR西日本も単価高い店入れたいのは判るのですが、もうちょっと普段の使い勝手も重視したほうが良いような。予想図や西日本の他ターミナルの再開発見るに南口も比較的は高級志向で纏めてきそうですし、この辺りの低価格帯のお店は全く詳細ないフタバ跡地に期待するしか無さそうですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。