広島アンデルセン建て替え工事 2019.12(Vol.7)

地元ベーカリー企業のアンデルセンは、広島の商業の中心軸、中区本通商店街の中で営業を続けていた、
「広島アンデルセン」の建て替え工事に着手しました。
地上5階で、営業していた頃と同様に1階のベーカリーの他、2階より上はレストランやパーティーが開ける開場などが設けられます。
被爆建築だった従来の建物の外壁の一部が、新しい建物の2階の外壁に継承されることになりました。2020年8月のオープンを目指します。

【アンデルセン・パン生活文化研究所】:広島アンデルセン 2020年8月オープンに向けて建て替え工事着工


広島アンデルセン完成イメージ
(上記HPより)

前回の状況です。

地元ベーカリー企業のアンデルセンは、広島の商業の中心軸、中区本通商店街の中で営業を続けていた、 「広島アンデルセン」の建て替え工事に着手しました。 地上5階で、営業していた頃と

Sponsored Link

 

本通り商店街からです。

 

高さを増したことがはっきりと分かります。

 

南側から、振り返って本通り商店街方面を望みます。

 

計画の5階まで到達したでしょうかね。
2枚目に写す南側はこうしてみると大きくセットバックしていることが分かります。
ここには飲食やイベントに使われる「ポケットパーク」が整備される予定になっています。

 

さて、建設地の南側に位置する「グランドパーキング本通」から見下ろしてみました。
1階にスーパーの「ユアーズ」が入る駐車場ビルです。

 

本当に繁華街のド真ん中で建設が行われていることが分かります。
まだ上部は鉄筋コンクリートの躯体工事が行われていますね。

 

面白いのが、ここからだと紙屋町地区の3つの開発プロジェクトが一同に見渡せることです。

 

手前の「広島アンデルセン」建て替え工事の現場の背後には、
「広島銀行新本店ビル」(左奥のタワークレーン)、
「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」(右奥のタワークレーン)が見えています。

注目のプロジェクトがこんなにも至近距離で行われていることに、紙屋町の生まれ変わりを改めて実感します。

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した紙屋町交差点近くの本店ビルの新築プロジェクトを進めています。 新本店ビルは現在地での建て替えとなり地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4
この所更新頻度が落ちて申し訳ないです。 12月も忙しい日々が続きますが、巻き返します。 広島経済の中心、中区紙屋町で損保ジャパン日本興亜が自社ビルの建て替え工事を行

 

広島アンデルセンは2020年7月竣工、2020年8月オープンの予定です。

 

新調したカメラ「SONY α7R Ⅲ」で撮影しています。

いつもご覧いただきありがとうございます。 2019年もあっという間に年末です。 今年もたくさん写真を撮ってきたわけですが、先日メインの取材用カメラを買い替えました!!

Sponsored Link

10 comments

  1. John Reply

    hello
    私はアメリカ人です。リッツカールトンが広島に参入する噂は本当のようですね。新駅ビルが建った後になるかと思いますが広島駅周辺を予定しているらしいですよ。

    • CCレモン

      それは朗報!
      駅北のJR西日本支社跡地でお願いしたい

  2. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    本通りをぶらぶら歩いていたら商店街の要の位置にあるアンデルセンにはついつい立ち寄ってパンを買ってしまっていました。

    今は紙屋町の鯉城通に面した仮店舗で営業中で、本通り商店街は、やたらドラッグストアが数多く目立った様子で、アンデルセンが建て替え工事中の影響もあり素っ気なく素通りしてしまいそうです。

    アンデルセンがリニューアルオープンし本通りの雰囲気が大きく変わり「歩いて楽しい本通り」に戻ればいいですね。

    また、今の紙屋町の店舗は場所が非常に便利なので捨てがたく今後のあり方が悩ましいところです。

    サンモールの再開発でどうなるのか?正面の広島銀行本社ビルが建ち上がると街の雰囲気も一変することと思います。

    エディオン本店本館の建て替え中はサンモール内で仮営業をしていたり、街の再開発はパズルの様に順を追って変化するので、人の流れも急激に変化し一喜一憂を繰り返しながら街づくりが進んで行くことでしょうね。

  3. みみずく Reply

    歴史を尊重し外観に配慮した建て替えに対しては、惜しみない賛辞を贈りたいですね。

    広島の都市規模の拡大については既に限界が明らかです。今後の方向性としては、このような新陳代謝により、街並みの美しさをより誇れるような都市になって欲しいです。

  4. 駅との導線 Reply

    アンデルセンのような店舗こそ唯一無二の存在で貴重です。
    駅地区との共存のために回遊性と導線の確保が重要ですね。
    京橋地区の川沿いの賑わい計画は、川沿いの景観を利用していて他都市との差別化という意味でもとても良いと思います。
    アパホテルが500室で開業したためこの地区が何とか回復基調にあるようです。
    人が歩けるよう導線をはっきりする整備が必要です。歩けばとてもよくわかりますよ。
    歩道を優先して車道を廃止する勇気をもって計画してほしいです。

  5. スラサン Reply

    これからは横ではなく縦の時代です。人口減少による税収減、広くインフラ等にかける予算もない中いかにコンパクトに街を形成していくか、特に広島のような土地はより集約し高さのある開発が必須です
    だからといって周囲を切り捨てていいわけではないですが中途半端に共倒れだけは避けなければいけない。全国的に都市部に人口が集中する現状でいかに広島が生き残るか。広島を選択してもらえるよう福祉など環境の整備、しっかりと考え力を入れた街中開発をし、これからの時代に備えてほしいものです

    そういえばジ•アウトレットは立体駐車場を新設するみたいですね。ということはこの商業施設は順調と見ていいのでしょうかね?広島はどの大型商業施設も食料品エリアでなんとか持ちこたえてるのが現状というような話をよく聞きますが

  6. うおっちゃー Reply

    デパートが食品売り場で持っている、と言うのは広島だけではないのではないでしょうか。新宿伊勢丹、日本橋三越も地下食品売り場はまともに歩けませんが、上の方の階はそれほど多くないです。同じとは言えないでしょうが、その傾向はあるのかと感じさせます。高価な服は買わなくてもても高品質の食品にはある程度金を払うという事では無いかと思うのですが…どうでしょうか。アンデルセンはなんと言っても広島の食文化をリードする存在と言っても良いでしょう。新店舗が待ち遠しいですが、確かに紙屋町の店も、あのしゃれた感じは紙屋町に必要だと思います。それはともかく、ディーンアンドデルーカは広島にはもう要らないと思うようになりました。(負け惜しみ?)

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >うぉっちゃー氏
      アンデルセンがあるならDEAN&DELUCAはいらないとオイラは断言します。
      テーマが明確であれだけの食材を販売し、カフェやレストランを充実させているアンデルセン、広島の誇りですよね。
      8月に本通に戻ってくるのを楽しみにしています。

  7. NOVA Reply

    今、旧陸軍被服支廠跡の解体方針が話題になっているが、資産を活用出来ない行政はバカだ! もっと民間資本を活用すべき!
     特に都心の旧日銀広島支店跡こそ、アンデルセンに入居して欲しかった!

  8. サンフレッチェ大好き Reply

    関東の人はたぶんアンデルセン広島に進出したんだと思うんでしょうね。たしかテレビで東京人にアンデルセンは広島のお店と言ったらビックリしてましたね。広島発祥の物は沢山ありますがアピールが足りませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。