損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル 新築工事 2019.12(Vol.13)

広島経済の中心、中区紙屋町で損保ジャパン日本興亜が自社ビルの建て替え工事を行っています。
旧ビルを解体して新築されるビルは「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」
2020年4月の竣工を目指し、高さ54.24m、地上13階・地下1階、延約1万3,000平方メートルのオフィスビルが建設される予定です。

【首相官邸 地方創生推進事務局】:都市再生緊急整備地域及び特定都市再生緊急整備地域の一覧
広島紙屋町・八丁堀地域(地域のプロフィール PDF形式)


完成イメージ
(上記資料より)

前回の状況です。

この所更新頻度が落ちて申し訳ないです。 12月も忙しい日々が続きますが、巻き返します。 広島経済の中心、中区紙屋町で損保ジャパン日本興亜が自社ビルの建て替え工事を行

Sponsored Link

 

相生通りを東側から近づきます。

 

【損保ジャパン日本興亜 広島紙屋町ビル 新築工事】
高さ:54.24m、地上13階・地下1階
用途:事務所、飲食店舗
構造:鉄骨造、一部地下鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:1,238.77平方メートル
建築面積:988.79平方メートル
延床面積:13,029.90平方メートル
着工:2017年11月17日
完了予定:2020年4月30日
建築主:損保ジャパン日本興亜株式会社
設計者:株式会社三菱地所設計
施工者:損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル新築工事共同企業体

 

高さを増し、外観もカーテンウォールの取り付けが進んだことから、町並みの一体感も出てきました。

 

北西側から。

 

 

南側から撮ってみました。

 

最上階の13階に向けて着々と鉄骨の高さを増しています。

 

「損保ジャパン日本興亜 広島紙屋町ビル」2020年4月の竣工予定です。
都心部において、この「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」に続く中~大規模オフィスビルの計画は、
今の所、日本郵便による再開発「広島駅南口計画(仮称)」の完成まで公表されたものがなく、その間空室率の低い状態が続くことになります。(2022年完成)

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備える地上20階建て

来年の新たな動きに注目したいです。

 

最後は、「広島アンデルセン」の建設現場南から見る紙屋町地区。
右側のクレーンが「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」です。

地元ベーカリー企業のアンデルセンは、広島の商業の中心軸、中区本通商店街の中で営業を続けていた、 「広島アンデルセン」の建て替え工事に着手しました。 地上5階で、営業していた頃と

Sponsored Link

20 comments

  1. 名古屋の広島人

    紙屋町周辺は広銀の建て替えもありビジネス街として成長してますね。年末の帰省がまた楽しみです。

    ただこの辺りをビジネス街として成長させるなら、アクセスにももう少し力を入れて欲しい。
    ビジネスマンが広島駅に到着して紙八へ行くのに上下への移動が少なくて済むのは広島の大きな利点だと思う(シャレオは仕方ないけど)。個人的には広電で10分かかったとしても、地下鉄に5分乗るよりは良いと思う。だから紙屋町までの速達性については許容範囲かな。

    ネックなのは定時性と輸送力。この2つはもっと改善してほしい。
    それができないなら、ビジネス街やホテルは広島駅周辺に集約するべきだと思う。

  2. タミー

    ブログ更新お疲れ様です。

    写真を拝見すると、相生通のビルの高さが徐々にではありますが、60メートル級に変わりつつあることがよくわかります。

    広島市内は深刻なオフィス不足が続いている様で、相生通は、路面電車の広島駅2階乗り入れにより他地域とのアクセス面での改善を図るとしていますが、損保ジャパン日本興亜に続く他地域の企業の動きについては投資に値するかどうかを検討中で暫くは様子見といった印象を強く受けます。

    広島の目抜通りといえば、相生通をあげる人が多く、私も広島の街の顔として、その活性化を期待したいと思います。

    それには、検討されている広島商工会議所の基町市営駐車場の敷地への移転と一括で相生に面した朝日会館跡地の再開発(オフィスビル)を迅速に進めることがオフィス不足の解消に向けての現実的な方策の様に思います。

    法令面での改正を追い風として、地元の商工会議所が迅速に動けば、良い流れを創ることも可能かと思います。

  3. ああ

    駅前大橋線が開業するとき、それに合わせて、胡町の電停を、胡町から「流川」に
    変えてほしいですね。広島を代表する歓楽街の名称に変えることは、都市観光の点で
    非常にプラスになるはずだし、観光客の路面電車利用の増加にも、つながると思います。
    胡町の名称は、地味すぎるし。ただ、速達性の観点から、隣の八丁堀と統合させるかも
    しませんが。

  4. ばさら

    胡町を流川に・・ ああさんの考え、理解できます。
    古くさいこと書きますが、電停はもともと「流川」だったと思いますよ、いつのまにか(たぶん50年くらい前?)胡町に変えられちゃったんですね。無粋なことを! と思いましたが・・
    広島の人は地名にこだわりはないんですかね。左官町は本川町に、水主町、猫屋町、雑魚場町・・みんなこの数十年の間に消えちまいました。好きだった革屋町も本通りに。地名を変えることへの抵抗感みたいなもの、あまりそのようなこだわりの意識は広島では高くないということでしょうか。
    行政的には基町とか紙屋町とか交錯しているのかもしれないけど、市民の目から見れば紙屋町交差点一帯は「紙屋町」で通用していたのに、新交通の駅名はなぜか「県庁前」。一番の都心駅とでもいうべきところの鉄道駅や地下鉄駅に、「役所前」という名を付ける町はあまりないでしょう。町を売り出す気がない?

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >ばさら氏
      都道府県で一番要の役所が目の前にあって「県庁前」という駅名を付けない方が余程不親切だと思いますが。

      これはよくわからんけど、住居表示やら区画整理やらで町の名前を変えてきたのはあるかも。しかしその時に反対の声が強かったら残しているはずで、その経緯を調べんと迂闊には言えんですな。

    • hima

      ばさらさん、
      胡町」の電停が以前は「流川」だったのは知りませんでした。
      非常に細かい点ですが、猫屋町は健在ですよ。水主町はよく難読だったから変更されたって聞きますね。
      他はよくわかりませんが、オッス!オラ、全斗煥!がおっしゃっておるように、区画整理だったり、あとは昔のイメージを変えるために行われたりと、色々な理由があると考えられます。正直広島に限らずよくある話ですね。

    • 広島環状線

      確かに「県庁前」駅は 広島 以外にも いくつか見られます。
      しかし、例えば

      東京は、「新宿」駅が あった上での「都庁前」
      神戸は、「三ノ宮」駅が あった上での「県庁前」です。

      広島には「新宿」「三ノ宮」にあたる
      都心のランドマーク駅名が ありません。

      ひょっとしたら「本通」が それなのかも知れませんが、
      元々の設定・位置付けでは、中心駅は、
      広島バスセンターの接続駅でもある「県庁前」の方だったと記憶します。

      その 都心の中心駅の名前が「県庁前」では・・・

      札幌は ──「大通」、東京は ──「新宿」、名古屋は ──「栄」
      大阪は ──「難波」、福岡は ──「天神」、

      広島は ──「県庁前」?・・・・なんじゃ そりゃ??

      「県庁前」といった 言わば〝バス停〟ちっくな駅名が採用されたのは
      アストラムが〝新交通システム〟であることにも原因があるでしょう。

      しかし、大都市圏と 広島とでは
      〝新交通システム〟や〝地下鉄〟といったものの 位置付けが
      変わってきます。
      大都市圏では 新交通システムは フィーダー輸送。
      地下鉄も、広島で云うところの 路面電車・市内バス みたいな感覚であり、
      駅名も、それに準じたものになるのも 致し方ないところがあります。

      一方 広島で アストラムラインは 基幹輸送であり、そのルートも
      東京で云うところの 山手線・中央線・総武線 的な
      基幹ルートを陣取っています。
      よって その駅名も 山手線・中央線・総武線 基準で付けて欲しいものです。
      (「高輪ゲートウェイ」は除く)

      昨今 チラシで、路面電車の電停が 例えば「八丁堀駅」みたいに
      〝駅〟付きで表記されているのをよく見かけるようになりました。
      広島が いかに〝駅〟に 飢えているかの象徴でしょう。

      広島において 貴重な〝駅〟に、バス停のような名前を付けるのは
      何とも勿体ない。
      〝県庁前〟は 副駅名 程度に留め、
      「県庁前」の“「鯉城」(県庁前)”への変更を 切に望みます。

    • はまっこ

      そうですよね、広島の町名変更は、安易過ぎますね。水主町、猫屋町、革屋町、己斐、味のある、由緒ある名前ですよね。広電の紙屋町東、紙屋町西、アストラムラインの県庁前、本通り、全て同じなのだから統一して欲しいです。広電のトラムの増結構想は、いつのまにか消えてしまったのでしょうか?広島駅と都心を結ぶ幹線の混雑がネックですね。

    • 広島環状線

      最低限、「紙屋町西」「紙屋町東」の 表記を
      「紙屋町(西)」「紙屋町(東)」へ 変更するべきでしょうね。

      合理性を重んじれば、「県庁前」を「紙屋町(北)」、
      「本通」を「紙屋町(南)」へ‥という事になるのでしょうが・・・・

      私的には「県庁前」を「鯉城(県庁前)」
      「紙屋町西」を「鯉城(バスセンター前)」、「紙屋町東」を「紙屋町」
      に 変更を希望します。

    • 広島環状線

      >追伸・加筆

      ・・・「紙屋町東」を「紙屋町(鯉城駅東口)」に 変更を希望します。

    • 広島環状線

      あと もう一つ、
      「広島バスセンター」も「鯉城バスセンター」に 改名して欲しいですね。

      普通〝広島バスセンター〟と 称した場合、
      その バスセンターは 広島駅の脇にあるのが通例です。

      他所の都心のバスセンター名を見てみても、
      札幌は「大通バスセンター」、名古屋は「栄バスターミナル」、
      福岡は「天神高速バスターミナル」となっています。

      駅と離れた所に 都市名のバスセンターは、
      庄原とか大田市とか、小都市に見られがちなパターンです。

      広島は何かと、自らが より小都市に見られてしまうような
      選択を 沢山しています。

  5. 広島環状線

    私は「県庁前」は「鯉城」に 改名して欲しいですね。

    「鯉城」は、「新白島」の 駅名が検討される際
    意見の一つとして出ていました。
    “広島城”の別名としての〝鯉城〟をはじめ、
    “鯉城通り”“鯉城会館”など、〝鯉城〟を 冠する名前の物が
    広島には沢山あります。
    最初は違和感があっても、慣れれば 耳にも 地図を見て 目にも
    絶対 馴染みます!

    全国の名立たる繁華街・結節点ターミナルの名前を見ても、
    「大通」「池袋」「新宿」「渋谷」「品川」「銀座」「上野」
    「金山」「千種」「梅田」「難波」「京橋」「鶴橋」「博多」
    「天神」…など、漢字2文字の所が多く、そして
    「○○町」みたいに 地名に〝町〟は 付けていない‥
    という共通点が 見られます。

    「○○町」タイプの名前は、より規模の小さい都市の繁華街か、
    或いは 結節点ターミナル駅 脇の〝小駅〟に 使われている場合が多く、
    地味なイメージがあり、全国区に なりにくいと 私は分析します。

    事実、広島影響圏(福山・徳山・松山・松江)外では
    「紙屋町」「八丁堀」よりも「流川」「本通」の方が 有名でしょう。
    「流川」が有名なのは〝ケンミンショー〟などで
    芸能人が宣伝したからでしょうが
    「本通」は、アストラム開業によって「本通」の名が
    正式に〝駅〟として 全国に発信されるようになったからでしょう。
    広島の事は何も知らない 北海道の私の友人も、
    「紙屋町」「八丁堀」は 知りませんでしたが「本通」は 知っていました。

    このように、駅名化による発信力は、侮れないところがあります。
    「鯉城」の名も 駅名化し、広島・都心の ランドマーク駅名として
    全国に発信していってもらいたいものです。

    • ああ

      そもそも地名でもないのに駅名を「鯉城」にするのは無理があるのでは?
      他都市にありますかね?
      広島は中心部が、紙屋町と八丁堀という、全国的にもユニークな
      双子型繁華街です。ですから一部の人がいう「紙八」という名称を
      地元メディアを使って、地元民の「まち」という無味乾燥した言い方から
      変更させ、外に対しては旅行雑誌等でアピールするのがいいと思います。
      本通りは、2つの街をつなぐ、紙八エリア内の主要な通りとして捉えれば
      いいと思います。
      今まで意識が低かったであろうソフト面での都市整備も、広島は
      取り組んでいくべきです。

  6. オッス!オラ、全斗煥!

    この記事、確か損保ジャパンのビルが大きくなったという話ですよね。何故ターミナルの地名論になってるのでしょうか。

    交通の要所の地名の字数がいくつだろうとどうでもよくないですか?それ主観ではないですか?
    駅名は目的地を明確にするのも命名理由のひとつでしょうし、元々アストラムラインは安佐南区と都心を結ぶ鉄道だった訳でしょう?それなら別に県庁前でよくないですか?

    どうしてもって言うなら基町で統一したらどうですかね?他県にいると、本通が有名なんて話、聞いたことありませんよ。

    • 広島環状線

      〝損保ジャパンのビルが大きくなった〟という括りでだけで
      話を広げるのは 難しいということじゃないですか?

      文中で〝私は分析します…〟と 云っているので 主観です。
      主観を述べることが許されないのなら
      私の文章は 承認されてないでしょう。

      アストラムは「新白島」で JR線と結節されており、
      今や 安佐南区と都心を結ぶだけの鉄道ではありません。
      県外の人も利用する機会は増えており、
      地名・ターミナル名を売り込むチャンスです。

      「本通」が 有名だったのは 私の県外の知り合いは
      鉄道ファンが多かったからかも知れませんが、
      まずは 鉄道ファンの間にだけでも、
      知名度を上げてゆくことが肝要かと思います。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >広島環状線氏
      文字数で広域地名化が解決するなら苦労は無いんですよ。ましてやターミナル地名はそれぞれの鉄道会社の思惑があってその地を大々的に開発したからその地名が結果として有名になっただけで。
      それを二文字じゃないとダサいから鯉城にしろってのが理解できません。駅から遠いバスセンターの名前が広島バスセンターなんて小都市みたいだって言われても。

      基町地区の知名度を向上させたいならば紙屋町地区のターミナル機能を磨くように都市計画等に盛り込んでもらう、もしくはバス会社や広島バスセンター、広電やアストラムに接続の向上をお願いするのが筋だと思いますが。それでも県庁前の駅名を変える必要性は感じません。それでなくともあの辺りは少し走るだけで目まぐるしく地名が変わる地区ですし。

      で、くどいですが、ここの記事はあくまで「損保ジャパンのビルが計画通りに大きくなった」ってだけで、誰も話を広げろとは言ってないと思いますが。

      紙屋町地区のターミナル機能の向上そのものに反対している訳ではありません。むしろローカル路線を広域的な地域へと繋ぐ地区として紙屋町地区は非常に重要です。しかしそれは駅名を変えるだけで解決するような安易なものではないはず。バスセンターの建て替えが視野に入っている現段階ではバスセンター機能そのものをどうするのか、商業施設の拡充または見直し、基町クレドとシャレオのテコ入れ、そちらに言及しないとダメだと思うのですが。

  7. CCレモン

    広島中心部の吸引力が失われてる原因は、街の進化が平成から
    ストップしてるからだと思う
    ビルのオーナーが頭固いのか、感心がないのかわからないけど
    郊外に客を奪われている現状をみても、今求められてる開発は
    広範囲の一帯型開発! 早く街を更新して欲しいと思う

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >CCレモン氏
      郊外SC、明らかに数が多すぎます。特に井口近辺。三井不動産がアルパークを手放して、LECTが不調の現状では郊外SCが明らかに過剰です。
      少なくとも広島市域にあるSCは広島市が悪役を引き受けてでも整理すべきではなかったかと感じます。(ソレイユは府中町だからどうにもならないにしても)

      都市緊急整備地区に指定されたとはいえ、個人所有のビルオーナーでは建て替えの費用負担は大きいと思うので、市役所が音頭をとって再開発しやすくする法整備を急がねばと思います。

  8. ああ

    広島市は整備区域指定により、中心部のオフィスやホテルの建設など、ハード面の
    強化に力を入れていますが、ソフト面も考え、魅力ある街づくりをしないといけません。
    地方の繁華街は、東京の人は興味ありません。すべて東京にあるから。プチ東京です。
    当然、東京の全国メディアは、取り上げません。
    だけど歓楽街は興味を持ちます。その土地の酒や名物を楽しみにしているから。
    なので、電停を「流川」に変え、歓楽街としての存在感を高めることは、広島の
    都市としての魅力向上に、つながるはずです。
    ぜひ変えてほしいと思います。

  9. 鯉党α Post author

    コメントありがとうございます。
    コメント欄ですから当然皆様の主観を書いていただいて大いに結構なのですが、
    一般的に考えて駅名の改称は現実味が薄いと言わざるを得ず、本記事の内容から逸脱しすぎの感もあります。
    あまりにも発散しすぎてしまうので、このくらいでクローズさせていただきました。
    多くの皆様が快適に読んでいただけるよう、何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

Comments are closed.