ヒルトン広島予定地 2019.10 看板掲載で規模が判明!

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、2018年6月、ホテル誘致のため設立した特別目的会社が米大手ホテルチェーンの「ヒルトン」と運営受託契約を締結し、同ブランドのホテルを広島市中区富士見町に整備する事業に着手しました。

ホテルは富士見町の広島県警東署などがあった跡地一帯に計画されており、2022年度の開業を目指します。
客室数は415室で、付帯機能として
レストラン・ラウンジ・バー、屋内プール、エグゼクティブラウンジ、フィットネス、スパ、チャペル、会議施設も整備され、MICE施設としても機能する大規模なものとなります。

瀬戸内ブランドコーポレーションは、広島市中区富士見町へのホテル誘致のため建設した特別目的会社と米大手ホテルチェーンのヒルトンが「ヒルトン広島」の運営受託契約を締結したことを明らかに

 

前回の状況です。

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、2018年6月、ホテル誘致のため設立した特別目的会社が米大手ホテルチェーンの「ヒルトン」と運営受託契約を締結し、

Sponsored Link

敷地全体

フジグラン広島前から見渡します。

田中町トンネル入口付近から見る敷地全体です。
対象敷地となる「広島県警東署」、「広島県歯科医師会館」、「広島県薬剤師会館」、「エソール広島」が全て解体され、姿を消しました。

 

少し南側から。

 

 

 

こちらは裏手となる、敷地西側の路地から。

建物4棟分の敷地が一気に解体され、密集した市街地にぽっかりと穴が空きましたね。
ここからオリエンタルホテルが見えたり、フジグラン広島が見えたり、新鮮な景色です。

 

建築計画のお知らせが掲出

敷地内の事務所に、お待ちかね、建築計画のお知らせが掲出されました!!

【(仮称)広島市中区富士見町地区フルサービスホテル建設工事】
用途:ホテル
高さ:94.5m、地上22階・塔屋2階
棟数:3
敷地面積:6,403平方メートル

建築面積:5,300平方メートル
延床面積:48,050平方メートル
構造:鉄骨造
建築主:富士見町開発合同会社
設計者:浅井謙建築研究所株式会社
施工者:未定
着工予定:2020年3月
完了予定:2022年5月

また、既報から客室数は415室であることも明らかになっています。

瀬戸内ブランドコーポレーションは、広島市中区富士見町へのホテル誘致のため建設した特別目的会社と米大手ホテルチェーンのヒルトンが「ヒルトン広島」の運営受託契約を締結したことを明らかに

 

掲出されていたのはこの1枚のみで、「旅館営業計画のお知らせ」はまだ掲出されていませんでした。

 

415室のシティホテルということから、規模としては20階程度、高さ100mを超えるかどうかといったラインが大方の予想でしたが、
100mは超えませんでしたね(^-^;
看板の高さが「軒高」を現しているとするなら、塔屋などを足した「最高高さ」が100mを上回る可能性はなくはありませんが。

同じくらいの”高さ”のホテルを広島市内で比較すると、
218室の「シェラトングランドホテル広島」よりはかなり大きく、
510室の「グランドプリンスホテル広島」よりは少し小さい
くらいの規模感になりそうです。

いずれにせよ、広島を代表するシティホテルの新たな選択肢となります。

 

改めて、既存の建物が解体された敷地を北西側から。

 

 

背後の宝町20階マンション群と、さらに奥の53階タワーマンション「hitoto 広島 The Tower」がもの凄い物量感を醸し出してきます(笑)

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

これから左側の空き地にさらに20階のホテルと20階の分譲マンションが建つので、
同クラスのビルの密集度は広島一になりそうです。
ホテルの眺望としては、高層階でなければあまり面白みはなさそう。都会的ではありますが。

 

もう一度東側へ。駅前通りの歩道から内部を見てみます。

 

個人的に気になっているのは、ハイグレードホテルには欠かせない車寄せです。
こちら側、駅前通りはメインの通りには当たりますが、中央に田中町トンネルがあるため、前面道路は側道扱いの1車線道路になっているので、
先ほどいた裏手側になる可能性もありそうですね。

 

今回、建築計画のお知らせは出ましたが、イメージ図等これ以外の詳細はいまだ非公開のままなので、
今後の公表が待ち遠しいです。

「ヒルトンホテル広島」は2020年3月着工、2022年度の開業予定です。

Sponsored Link

13 comments

  1. みみずく Reply

    確かに車の侵入経路をどうするのか興味深いですね。
    空港との接続としてリムジンバスも寄って欲しいし、広島駅との間でシャトルバス便も欲しい立地ですからね。

  2. hima Reply

    立派なホテルになりそうですね。高さもいいですが、地方都市で注目を集めるにはデザインが非常に重要になってくると思うので、デザインに期待しています。
    正直外国人の観光客でそこそこお金がある人はシェラトンか宮島の旅館に泊まっている印象があります。ヒルトンが選択肢として増えることで、滞在者が増えることに期待ですね。

  3. サンフレッチェ大好き Reply

    喜ばしいヒルトンホテルの着工ですね。このホテルに宿泊する国内外のハイ・ソサエティのお客様に見合う物が広島にあるのか心配です。

  4. OORer Reply

    早く完成予想図が見たいです。デザインもたのしみですし、

  5. むーばす Reply

    更地になってみるとなかなかの広さを実感しますね。
    設計担当となる浅井謙建築研究所はこれまでも、格子デザイン
    を基調にしたなかなか重厚なフォサードを得意としているようで、
    最近では以下のような
    https://www.fujita.co.jp/information/2017/_water_front_city_project.html
    https://www.smcon.co.jp/works/2013/03223069/
    代表的な建物を設計しています。
    これまでの広島にはなかったような高層建築が誕生しそうですね。

  6. TOM Reply

    ここまで概要が出たらパースもそろそろでそうですね!
    シェラトン以上なら高さも中々目立つ感じで楽しみです。
    個人的には広島に曲線を取り入れた高層びるがないので、展望も含め半弧型(大津プリンスみたいな)なら嬉しいですが…。待ち遠しいです。

  7. ああ Reply

    これで4つ星クラスのシティホテルは、ひとまず、いいと思います。
    あとは、このヒルトンネタで毎度言っていますが、5つ星クラスの
    外資系ラグジュアリーホテルです。観光立国として、外国人の超富裕層の
    観光ルートを考えると、やはり広島に必要です。
    150~200室くらいで、基町駐車場の再開発高層ビルの上層階にほしい。
    高額な地元の特産品工芸品を買ってくれそうな観光客が滞在すれば、
    紙八の活性化にもつながります。

  8. サンフレッチェ大好き Reply

    やっぱり市内には音響効果の質の高い歌舞伎、能、オペラ、オーケストラなどが観賞できるワンランク上の劇場が欲しいですね。国際平和文化都市の広島ですから。

  9. はまっこ Reply

    パースはまだ発表されないのでしょうか?新しいホテルが出来るのは嬉しいですが、広島のホテルの絶対数が少ないのではと感じます。久しぶりに今月末に広島に行きますが、ホテルが予約出来ずに大変でした。3カ月以上前に予約したにも関わらず、6泊するうち4回ホテルを変わらなければなりません。しかも同行の友人とは別のホテルになりました。飛行機も混み合っているし大変です。ヒルトン、楽しみですがシェラトンより高い価格だと立地上不利かもしれませんね。

    • むーばす

      ホテルもオフィスも足りてないですね。
      要は古いビルの建て替えや中心部の再
      開発が進まない。コインパーキングの
      減少は少しずつ減っても老朽化ビルの
      建て替えが他都市に比べ勢いがない。
      高度成長期の建設ビルのリニューアル、
      ホテル出店の建設に容積や高さの緩和
      をしっかりやって、都心を作り替える
      政策を広島市には力を入れて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。