広島駅南口再整備・駅ビル建て替え工事 2020.02(Vol.3)

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
再整備に伴い、現在の駅ビル「ASSE」は建て替えられる事となっており、2020年3月に閉館し解体工事に入ります。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになります。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、15日共同で会見を開き、 検討を進めてきたJR広島駅南口広場再整備事業に関し、建て替えられる新しい広島駅ビルの概要とイメージパースを公開しま


広島駅ビルイメージ(広島市)

【新広島駅ビル(仮称)】
高さ約100m、地上20階・地下1階
用途:商業・ホテル・駐車場
建築面積:約1万4,000平方メートル
延床面積:約11万1,000平方メートル
着工予定:2021年春
開業予定:2025年春
基本設計・監修:ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所設計共同体
実施設計・施工:広島駅南口ビル新築他工事特定建設工事共同企業体(株式会社大林組・広成建設株式会社)
全体事業費:約600億円

前回の状況です。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。 再整備に伴い、現在の駅ビル「ASSE」は建て替えられる事となっており、2020年3月に閉館し解体工事

Sponsored Link

 

駅ビルが隣接する在来線1番のりばです。

 

 

前回の更新で広範囲に渡って閉鎖されたことをお伝えしました。
その閉鎖区画に仮囲いが設置され始めています。

 

現在は階段付近のみですが、いずれ全体がこの白い仮囲いで覆われるでしょう。

 

 

新しい駅ビルは、以前の準備工事開始の時のJRの資料で、1番のりば上空には一応かからない事になっています。
とはいえ、あの鉄骨が張り出した駅舎の線路上空部分などを見ても、
連絡通路など何かしらの変化はあるだろうと思います。

ホーム上屋の美装化にも期待したいですね。

JR西日本は、JR広島駅南口の駅ビル「ASSE」の建て替えに向け、10月末から準備工事を始めることを明らかにしました。 現在の駅ビル「ASSE」は2020年3月に閉館し、建て替え

【JR西日本】:広島駅ビル建替えの準備工事着手について


(上記HP内資料より)

 

さて、3月に入りました。現在の駅ビル「ASSE」の閉館まで1ヶ月を切っています。

先日の記事でもご紹介したように、エキエが再びリニューアルオープンすることで、駅ビルの機能は線路上空と北口に完全に移行されることになります。

JR西日本は、広島駅構内の商業施設「ekie(エキエ)」の一部をリニューアルオープンさせることを明らかにしました。 誕生するのは「ekie BOOKS & コンビニ」

 

現在のテナントは基本的には3月31日(火)に閉店します。(一部は2月末で閉店しました)

【JR西日本】:広島駅ビルASSE 3月31日閉館 広島駅ビル過去最大級の「完全閉館ラストセール」を開催

3月6日~18日まで、完全閉店セールが行われるようですね。
営業最終日となる2020年3月31日(火)には、閉館後の21時15分から閉館セレモニーも実施されるようです。

閉館後、4月以降に現在の駅ビルの解体を開始。
新駅ビルは2021年春から工事を始め、2025年春の開業予定です。

Sponsored Link

8 comments

  1. どわいごろ@品川区 Reply

    5年前まで毎日1番ホームを使っていたので、県外に出た者としてはこうやって変化を伝えてもらうのは本当にありがたいですし、嬉しいです。
    今は羽田→岩国→レンタカーで実家に帰っていますが、次は新幹線にしてみようと思いました。

  2. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    メインイベントの駅ビル建て替えがいよいよ始まりますね。

    一度閉めたエキエの廣文館がアッセからの移転で再度オープンとの知らせを聞いて、これは駅ビル建て替え中の仮店舗ではなく、本格的な移転であればと勝手に妄想しています。

    そうなれば、隣の旧いづみ広島駅前店跡に入っているフタバ図書が新駅ビルの新しい書店として入居し、駅ビルオープン後、そのビルを建て替えれば街の再開発として非常に合理的だと思います。更に向かいの旧ダイエー広島駅前店跡ビルの店舗も新駅ビル内に移転してこちらも建て替えると結構なオフィス・店舗複合ビルの誕生となりそうです。

    広島駅南口では、東郵便局跡に建設されるビルに加えて規模的にはあまり期待は出来ませんが更に2棟の総合スーパー跡の再開発ビルが加わると、オフィス不足の解消にも少しは貢献出来のではと「取らぬ狸の皮算用」をしてます。

    広島駅南口の再開発が今後どのように展開していくの考ええると、とてもかわくわくしてきます。

    勝手な妄想で大変失礼致しました。

  3. NOVA Reply

    10年前まで毎日5番ホームを使っていたので、駅の変化を垣間見れて有難いです。
    今は、羽田空港→広島空港→レンタカーで実家に帰っていますので、広島駅に立寄る機会が有りませんが、駅ビルが完成したら見て見たいです。

  4. 社会系 Reply

    延床面積でみれば、
    広いと思われたekie(10000㎡)再開発の10倍を超え、再開発の桁が違います。
    同一場所の建物としてみても、アッセ(26400㎡)の5倍近くで、存在感があるでしょう。

  5. blk Reply

    ついに具体的な計画が明らかになってますね。
    地下自由通路も完全封鎖。美装化はされるのでしょうか……
    中央改札もレーン数が増えますね。東京よりも多くないか?(笑)

  6. のーてんき Reply

    JRのプレスリリースを見て気になるのは、工事にともない駅南側の公共交通の乗降場が大きく変わることですかね?
    資料では2021年初旬からバス乗り場の縮小・場所変更とタクシー乗り場が廃止となっています。
    駅の南側にタクシー乗り場が無いのは不便ですし、新幹線口側に集約となると、タクシー待ち渋滞もひどくなるでしょうし、なによりタクシー代が高くなってしまいます(笑)
    また、バス停も縮小となると朝夕のラッシュ時を中心にバスを捌ききれるんだろうか?と不安になります。
    ひとつのバス停に行き先がたくさんあると利用者としても分かりにくくなりますし。
    あくまで、暫定措置なんでしょうけど、ちょっと不安ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。