平和大通り・白神社交差点の新築ホテル『THE KNOT』 2020.03(Vol.7) 外観ほぼあらわに

新型コロナウイルスの感染拡大とそれによる社会的影響が非常に大きくなっています。
世界、日本、広島とどこを見ても非常に辛く、不安な現実に直面しているわけですが、もう少しの期間はまだ我慢が必要です。
感染していても発症していないだけの場合もあります。

私としても、【移す・移される】リスク軽減のため、当面の取材は慎重に行いたいと思います。
(結果的に外出を促す事にならないように…)

 

今回紹介するプロジェクトも大きな影響を受けている業界の中にあります。応援します。

地場不動産業の「東亜地所」は、広島市中区の平和大通りと鯉城通りが交わる「白神社交差点」に面した本社跡の角地に、不動産業の「いちご」(東京都千代田区)及び、建設業の「ゲンバカンリシステムズ」(広島市)と共同でホテルを建設しています。

【AreaBiz 広島】:東亜地所本社跡地にホテル建設へ

ホテルの運営はいちごのデザインホテルブランド「THE KNOT」で、首都圏と札幌市に続く展開となる予定です。
客室数は約201室設け、2020年の春完成、7月に開業します。

【公式】:THE KNOT /ザ ノット|旅するホテル

 

前回の状況です。

地場不動産業の「東亜地所」は、広島市中区の平和大通りと鯉城通りが交わる「白神社交差点」に面した本社跡の角地に、不動産業の「いちご」(東京都千代田区)及び、建設業の「ゲンバカンリシス

Sponsored Link

白神社交差点です。

 

【(仮称)広島平和大通りホテルPJ】(THE KNOT HIROSHIMA(仮))
地上14階、高さ52.95m
客室数:201室
構造:鉄骨造
敷地面積:831.13平方メートル
建築面積:608.14平方メートル
延床面積:7,625.77平方メートル
着工予定:2018年8月
竣工予定:2020年4月
建築主:いちご地所株式会社
設計・施工:株式会社ゲンバカンリシステム

 

前回一部だけ見えるようになったことをお伝えした建物は、完全に足場、シートが外れ外観が見えるようになりました。
やっぱりオフィスビルのような外観ですよね。

ホテルは首都圏を中心に展開を始めた「THE KNOT(ザ・ノット)」となります。
公式サイトはまだオープンしていませんが、調べていると楽天トラベルのサイトに情報があるのを見つけました。

【楽天トラベル】:ザ ノット 広島

空室カレンダーを見ると7月15日から宿泊できるようです。
木目の内装とレトロチックな照明が非常に洒落ています。屋上には飲食ができるテラスが設けられるようですね!

 

屋上部分。

平和大通りと広島の都心部、平和公園まで一望できそうです。

 

歩道に面した部分です。

 

化粧パネルも数種類用いられ、こだわりを感じます。

 

1階部分です。

 

ビルの半分程度がピロティのようになっており、ガラス張りになると思われる扉はスライドして大きく開放できるような構造に見えました。
レストランはオープンカフェのように使うことを想定しているのかもしれません。

 

エントランス。

最も西側(交差点から離れた方)に設けられています。

 

「THE KNOT HIROSHIMA(仮)」は2020年7月の開業予定です。

当面は厳しい状況が予想されますが、ウイルスの治療薬の開発も進められています。明けない夜はない!
とにかく今は我慢しましょう。

 

 

Sponsored Link

8 comments

  1. うおっちゃー Reply

    今日車で通りかかりました。最初比治山方面から西広島に向かって。帰りはその逆でした。比治山方面から見るとこのホテル、隣のビルそしてその更に隣の相鉄グランドフレッサ広島の3つのビルのファサードが揃って都会的な雰囲気になっています。(2枚目の画像ですね。) 帰りは反対側から、少し離れてこのビルをよく見ることが出来ました。意外と、いやほんとに意外と高級感のあるビルです。前のまさに昭和そのもののビルから比べると失礼ながら格段の差がありますね。T地所さん、よくこの様な洒落たホテルを誘致されたものだと、感心しています。ホテル内に店舗が入るのならどのような店舗かとても気になります。
    それにしても、平和公園は殆ど無人。この変わりようと来たら…あまり悲観的に考えたくありません。元の賑わいが一刻も早く戻るよう、皆力を合わせて頑張りましょうと言いたいです。

  2. 社会系 Reply

    大きな窓で、オフィスのような外観になりましが、
    その分、夜には、明るい部分が多くなり、都会的になるのではないでしょうか。

    最後の1枚には、平和大通りの高層ビル群が並んでいますが、
    NHK(21階)、クラウンプラザホテル(22階)、クリスタルタワー(20階)、
    三井ガーデンホテル(25階)、オリエンタルホテル(23階)と、
    これだけ20階クラスのビルが並ぶ都市は、日本でも数少ないと言われており、
    この高層ビル群を、窓から見れることが、このホテルの魅力と考えられます。

  3. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    南北に走る鯉城通はビジネス・オフィス街、東西に走る平和大通りはホテル・マンション街が交差する角の超一等地に建ち上がるビルのデザインとしてみると最高・完璧で素晴らしいですね。

    東亜地所さんは、郊外での住宅地開発を中心にマンション供給等不動産を取扱われる企業さんなので都心部に関しては無頓着なのかと思う位、お世辞にも立派とは言えない本社社屋だったので、どんなホテルが建つのかと期待半分で内心非常に心配していました(大変失礼致しました)。

    広島広域都市圏を主な営業エリアとしている企業さん達は都市圏の発展が自社の業績に直結するので、如何にしてそのパイを増やすかを真剣に検討し実践されているのかがこのビルから強く伝わって来ます。

    東亜地所さんは、カープの西川選手・床田投手をCMに起用されている様ですね。
    エース大瀬良投手・4番鈴木選手を起用のカープ大好き企業、創建ホーム(竹原市)さんは東広島市西条インター付近に建設する社屋に本社機能の移転を検討されているそうです。
    選手会長の田中選手は地場食品スーパーのフレスタ(西区横川)が、同じく田中選手を西川選手と共にもみじ銀行(山口フィナンシャルG・中区胡町)が起用するなど地域色豊かで、本当に各企業さんに頑張って欲しいと思います。

  4. hima Reply

    ここ一角はずっとこじんまりとした古いビルだったので、印象がガラッと変わりましたね。思いっきり奇抜な感じもなく、大きすぎないからか、非常に馴染んでますね。しかし、オープンは大丈夫なのか、不安ではありますね。
    ところで、鯉党さんはブログ以外に本業があると思うので、撮影等よりもお身体にお気をつけ下さい。都心はここ一週間で感染者が増え、周囲の状況がガラッと変わりました。また、広島でも感染者が増えつつありますので、いつ何が起こるかわかりません。なので、撮影等よりも、ご自身の健康を優先してください。

  5. shihorian Reply

    ヤフートラベルさんにも、情報が上がっていました。
    開業する頃には世の中が落ち着いていますように。

  6. CCレモン Reply

    広島でもコロナ感染者が徐々にでてきて、いつ我が身に感染してもおかしくない状況です
    鯉党さんがおっしゃられましたように、最大限の警戒が必要です。
    インバンド需要を見込んで新築したホテルや飲食店の事業主は、突然のコロナ不況で
    顔面蒼白状態でしょう
    本当にいい材料が無さ過ぎて不安しかない・・
    これが長引けば、広島の再開発は白紙撤回もあるのではないかと危惧しています。

  7. 早稻田の文士 Reply

    本當に細かい事ですが、記事のタイトルの件、「あはら」ではなく、「あらは(顕)」だと思ひますよ。

    • 鯉党α Post author

      ご指摘ありがとうございます。修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。