カルビー、ダイワなど広島の臨海エリアで相次ぐ企業進出 『広島南道路』が結ぶ

記事にするのが少し遅くなりましたが、この2週間程度の間に広島都市圏の臨海エリアで、
大きな企業進出のニュースが2件ありました。

一つは、かっぱえびせんなどで有名な「カルビー株式会社」。
同社は創業の地でもある広島に最新鋭の工場を新設し、県内2箇所にある工場を移転・集約させることを発表しました。
場所は、佐伯区五日市の新規埋め立てエリア。2024年4月の操業開始を目指します。

もう一つは、「大和ハウス工業株式会社」による大規模マルチテナント型物流施設の建設着手。
広島県が売却していた西区観音の旧広島西飛行場跡地に、延床面積9.6万平方メートルの物流施設を建設します。
2021年11月の竣工を目指します。

現地の写真を交え、紹介してみたいと思います。

Sponsored Link

 

五日市埋立エリアにカルビー最新鋭工場新設へ

【カルビー】:カルビー 最新鋭マザー工場新設に向けて広島県と立地協定締結

【広島県】:広島港五日市地区分譲地の分譲予定者の決定について(港湾振興課) (PDFファイル)(340KB)

(上記資料より)

 

 


埋立エリアの分譲対象地(2017年1月撮影)

 

【新工場の概要】

所在地 広島県広島市佐伯区五日市港一丁目
敷地面積 100,000m²
投資額 土地約37.8億円、建物は未定
着工時期 2023年4月予定
操業開始時期 2024年4月予定(第1期計画:広島西工場移転・拡張)
※2037年以降(第2期計画:広島工場移転集約)
主な製造商品 ポテトチップス、スナック、新規事業における製品等を予定

(公式サイトより)

 

この埋立地は段階的に分譲されており、これまでに大和ハウス工業の物流施設やコベルコの拠点、藤い屋のもみじ饅頭工場などが整備されてきました。
今回の売却により、大部分が分譲されたことになります。

ご存知の通り、かっぱえびせんやポテトチップスなどの製品でおなじみの「カルビー」は広島市発祥の企業です。
今日、本社は東京に移ったもののこうして、地元に投資していただけることに感謝したいですね。

カルビーは廿日市市の「ゆめタウン廿日市」に、ホットスナックが食べられる直営の「myカルビー」を全国で唯一オープンさせました。(現在は閉店してしまいました)
広島限定ではありませんが、広島駅在来線コンコース内の「アントレマルシェ」にも、
「カルビープラス(Calbee+)」として出店しています。

これを期に、「広島コラボ」の製品やプロジェクトが増えるともっと愛着が湧きそうです。

 

ちなみに、五日市の同埋立地内にあるダイワハウスの物流施設。次の話題と関連するので載せておきます。


DPL広島五日市港(2017年5月撮影)

2017年4月に完成・稼働を始めたマルチテナント型物流施設です。
3階建てで延床面積は約4万9,000平方メートルの規模を誇り、すべての区画が契約済みとなっています。

 

 

西飛行場跡地に中四国最大規模の物流施設、大和ハウス工業

【大和ハウス工業】:中国・四国地域最大の物流施設「DPL広島観音」着工

名称 「DPL広島観音」
所在地 広島県広島市西区観音新町4丁目2874番165 他4筆

工業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」内

交通 山陽自動車道路「五日市インターチェンジ」および

「廿日市インターチェンジ」から約10km

敷地面積 39,551.75㎡
延床面積 96,558.52㎡
構造・規模 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 5階建て
設計・施工 株式会社フジタ
着工日 2020年6月1日
竣工日 2021年11月30日(予定)
総事業費 約180億円

(上記サイトより)

 

先週撮影してきた現地、広島西飛行場跡地の状況です。

 

手前のアスファルトの部分は、旧滑走路であり、現在はヘリポートとして発着場になっています。
ダイワハウスが開発するのはその奥です。
産業団地として分譲するため、県による造成が行われました。いま滑走路がどうなっているか、上から俯瞰で見てみたいですね。

 

ここに建設されるのが「DPL広島観音」。


DPL広島観音完成イメージ(上記公式サイトより)

 

大和ハウス工業にとっては、先程紹介した「DPL広島五日市港」に次ぐ、広島で2棟目のプロジェクトとなります。
ただし、規模を見ると、3階建て延約4万9,000平方メートルの「DPL広島五日市港」に対し、
こちら「DPL広島観音」は5階建て延約9万7,000平方メートルと2倍程度の大きさとなるようです

中四国地方で見ても最大規模のセンターとなります。

施設はいわゆるマルチテナント型物流施設という形態の建物で、
特定の企業ではなく、複数のテナントに対して賃貸する物流施設です。テナントの入れ替えにも対応できるように、汎用性のある施設として建設されています。

このようなマルチテナント型物流施設は、eコマース需要が拡大する近年、効率的な物流環境の構築を目指し全国で整備が加速しています。

 

同じ観音地区の、広島三菱病院跡地には、三井グループも昨年マルチテナント型物流施設を完成させました。

【三井不動産ロジスティクスパーク投資法人】:MFLP広島

 

 

4階建て延約6万7,000平方メートルと、こちらも目の前にすると圧倒されるほどの大規模なものでした。

これまでに挙げた施設をまとめると以下のようになります。

延床面積 完成時期
DPL広島五日市港 約4万9,000平方メートル 2017年4月
MFLP広島 約6万7,000平方メートル 2019年8月
DPL広島観音 約9万7,000平方メートル 2021年11月予定

 

この記事の前半で取り上げた、カルビー、シンコーの新工場しかり、
上記のマルチテナント型物流施設しかり、いずれも広島市の臨海エリア、
ひいては広島南道路の沿線への進出となります。

 

 

企業のプレスリリースでも、都市高速道路のICがすぐ近くにあることは一つの強みとして紹介されているとおり、
この道路の整備が大きなプラス要因になっていることが伺えます。

山陽自動車道などに比べると、それこそできたばかりのネットワークであり、
東西方面へのアクセス性、都心(営業拠点)へのアクセス性、従業員の確保の面などで、
広島南道路沿線は企業にとって注目が高まっているエリアと言えそうです。

だからこそ、廿日市ICとの直結や出島~吉島間の一般道部分整備などなど、
まだ不完全である広島南道路のネットワーク化を急いでほしいところですね。

 

大和ハウス工業については、今回の「DPL広島観音」は西飛行場跡地全体の計画の一部に過ぎません。
県が跡地の中の「新たな産業」ゾーンに位置づけた区域を、大和ハウス工業が「広島イノベーション・テクノ・ポート」として、
産業団地の開発に着手しました。

【大和ハウス工業】:産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」を開発します

 

西飛行場跡地はどうしても、自動車でしかアクセスできない場所なので、
一時期槍玉に挙がったMICE等の集客施設ではなく、
こうした産業団地開発による新たな雇用の創出が、都市の成長のためになると思います。

 

Sponsored Link

19 comments

  1. TERRA Reply

    現在、広島は若者の流出によって、人口動態が急激に悪化しています。
    雇用を作るためにも、カルビー新工場とダイワハウスの物流施設は重要ですね。
    この2つがうまく行けば、市の人口の120万人超えが来るでしょう。

  2. むーばす Reply

    今、首都圏や近畿圏の湾岸高速道路に乗ると、周囲の風景は
    こうした倉庫ばかりが建ち並んでいて、圧迫感さえ覚えます。
    ようやく広島にもそうした流れが押し寄せて来たのだなあと
    いう感じですが、広島高速3号線の開通効果はまずこんなと
    ころに現れてきたのですね。

    五日市の埋立地にカルビーの新工場は大変良いニュースです。
    広島ゆかりの企業が発祥の土地に再投資をしていただければ、
    一段とその企業への信頼度や忠誠が高まります。
    西風新都と湾岸エリアがバランス良い工場立地で、産業集積
    が広島でも高まりつつありますね。

    広島イノベーションテクノポートは大和ハウスが請け負って
    いるので、まず全体の四割を使い物流倉庫を配置する。
    では残りの六割にどの程度の最先端企業の工場が出来、
    しっかりとした投資をしてもらえるのか気になります。
    ハイテクロボットを多用する先端工場の登場が待たれる
    ところですね。

  3. ゴンザレス Reply

    江波や
    江波のマンションが映っとる!
    江波駅依頼の江波や!

  4. CCレモン Reply

    ダイワさんもカルビーさんも悪くはないけど・・
    個人的には創業100周年のマツダに工場を作って欲しかった
    電気自動車でも水素車いや次期RX7でもいい、最先端の工場はマツダがふさわしい
    と思っていたんだが

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    ムーバスさんに同感。広島の製造業のレベルはマツダはじめ世界の最先端を走ってますよ!この力を使わない手はありません県や市はもっと積極的に企業誘致政活動をして欲しいですね。広島市ではないですが呉市の日新製鋼が撤退しますが広大な跡地に県は呉市と協力して日本を代表する大企業を誘致して欲しいですね呉市の発展は広島市の発展にも繋がります。広島の強み製造業、スポーツ産業更にリニアの開業により一番特をするのは山陽新幹線で中でも広島はかなりの恩恵が試算であるようですだからこそJR西日本は広島駅新築建て替えに踏み切ったようです。

    • 中四国人

      日新製鋼の広大な跡地には、是非とも航空機関連企業を誘致してほしいですね。
      IHI呉製作所(航空機エンジン)、江波の三菱重工広島製作所と共に、愛知・岐阜に次ぐ、航空機産業クラスターの中核を成せると思います。
      日新製鋼の下請けはもちろんですが、マツダの下請け企業が航空機産業に参画すれば、自動車産業不況時のリスクヘッジにもなり、産業基盤の強化が望めます。

  6. NOVA Reply

    折角、インフラ誘致出来たんだから、早いこと南道路の東西を繋ぐ必要がある!

  7. 社会系 Reply

    インターネット時代は、ネット通販で商品が買えるので、それを支える物流施設需要が高まり、
    それに応えるように、大規模マルチテナント型物流施設という再開発が決まったといえます。

    それは、既存の商業施設から、物流施設という時代の変化であり、商業施設が衰退する。
    三井で言えば、アルパークという商業施設から、MFLP広島という物流施設という流れです。

    不動産といえば、オフィス、ホテル、マンション、商業施設が基本セクターでしたが、
    このように、商業施設が物流施設に代わりつつあります。

    商業施設が物流施設に代われば、全体で影響はなく、普段なら、ここで話は終わるのですが、
    コロナで、オフィス、ホテル、マンション、商業施設が大打撃を受けました。

    今後は、再開発のあり方などについて、何らかの再検討が必要になってくると思います。

  8. OK Reply

    物流施設においても中四国全体の拠点を置くとなると
    どうしても高速道路網の要衝である岡山地区になってしましまいます。
    全農やアマゾンも中四国の拠点となる専用(自社)施設は岡山地区を選びました。
    テナント型でも進出する企業は広島エリアのみを担当するサテライトとして考えていると思います。
    首都圏や関西方面からの荷物を広島に入れて松江や松山へ配送することは考えられません。
    広島の地理的な不運で仕方ないことですが。

    • 中四国人

      これは仕方ないことですね。
      同じような例がいくつかあります。
      四国島内の物流拠点は過去、瀬戸大橋のある香川県坂出市一択でした。しかし、四国の高速道路網が完成した今、その結節点である愛媛県四国中央市寄りに置かれる例が増えてきています。
      また、九州地区の物流拠点も同様に、高速道路の結節点である佐賀県鳥栖に置かれることが多いですね。(ただしこちらは福岡に近いですが。)

  9. サンフレッチェ大好き Reply

    今朝(16日)の中国新聞に広島市環状線道路整備目指すの記事に広島駅(高速5号)から高速3号(観音か江波辺り)への新たな道路計画図がありましたが、まさかの都市高速新設(それなら嬉しい)か既存の道路拡張整備なのか?期待が膨らみます。更に以前から話しのある山陽道と高速4号の接続、西広島バイパスの平野橋への早期延伸工事を国へ促すと書いてあります。何にせよ広島は物事の進まないのが常ですが早く動くといいですね。

    • むーばす

      サンフレッチェ大好きさん
      その記事はこの資料が元になっている
      のかもしれません。

      中国地方の財界の団体の中国経済連合会が
      出した提言の内容でしたら、行政や国は
      あくまでも意見の一つとして政策立案の
      参考にはするとしても、実現性は未知数。
      こうした団体は定期的に提言を出していく
      ことで、影響力を保っています。

      今や政令都市でなくても、中核都市レベルで
      環状道路の整備が佳境に差し掛かっています。
      広島は山がネックになり平地が広がる都市
      とは違いますが、折角の都市高速ならば、
      都心環状線の整備はマストですよねー。

  10. ああ Reply

    物流関係は土地が安いところを選びがちで、雇用も賃金低めの
    事務的なもので、経済成長という点では、あまり寄与しません。
    やはり高技能、高知識産業であるハイテク系の産業集積をめざすことが
    これからの経済成長のためには、重要になっていきます。
    東広島にある米マイクロンの工場みたいなのが、複数できれば
    いいですね。

  11. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    企業の里帰り、本当にありがたいですね。

    カルビーは呉市の海運会社所有の「ポテト丸」で北海道の契約農家が生産するじゃがいもを十勝港から広島、鹿児島の工場に運んでいることが以前話題になりました。

    国内各地に於いても、地域貢献と言う観点からも素晴らしい企業に成長している様で、とても頼もしく思います。

    個人レベルに於いても、日系広島人2世・3世・4世、在京・在阪広島人及び2世・3
    世・4世達の里帰りを地場企業、地方行政等が官民をあげて推進・支援すれば、アフターコロナでは深刻化が増すことが予想される労働力不足の難問を解決してくれることと期待しています。

    ここでいう広島人とは広島広域都市圏内及び広島県内出身者に加えて、広島を第二の故郷と思っている人々も含めた広範囲に定義して差し支えないと私は考えています。

    但し、若い世代の人々を集める必要性の高いことは承知していますが、特に外国(含日系)人については、如何に良質な労働力に育てて行くことが重要で、順番や方向性を間違えれば、低い労働意欲がもたらす貧困やそれに伴う犯罪といった社会病理がもとで、スラム街形成の温床となるリスクを合わせ持っています。

    広島だけでなく、地方に於いては、大学・専門学校等の高等教育機関が非常に貧弱なので、早急の課題として対応して欲しいと思います。

  12. はっちゃん Reply

    アマゾンの物流センターが出来たのはご存知ですか?

  13. タミー Reply

    中国地方の高速道路網については、今日では鳥取県東部へも山陰自動車道が整備されつつあり、広島から中国地方のほぼ全域への直結を網羅しつつあります。

    広島の地場企業が営業拠点を広島に置いて、成長するに従って営業地域を広島の近隣地域から中国地方全域へ、更には四国・九州地方へと広げて行くことは当然の話です。

    中央大手企業の営業拠点については業種にもよりますが、常識で考えると中国四国地方最大の市場である広島都市圏内に置き広島での営業展開を柱とし、中国地方全域の統括も兼任するというのがベストだと思います。四国地区については、広島から最寄りの地域を便宜的に広島の支店や営業所が管轄とする程度にとどめ、明石海峡大橋から直線距離で結べる京阪神(関西)地区の拠点が統括するか、四国地区が独立して営業展開することが望ましいと考えます。

    広島は大阪・名古屋に次いで(規模では比較になりませんが)地場企業が強い地域なので、出先としての広島支店や広島営業所は営業活動では苦戦を強いられる貧乏くじコースとなっている企業も少なからずあるように聞いています。

    中には、敢えて広島を避ける営業戦略もある様に見えますが、広範囲を営業管轄とするのはあまり効率的とは言えません。

    但し、スケールメリットを追及するべきか、狭域高密度政策で行くべきなのかは、今後の生活様式の変化がどう展開するのかにより、選択のあり方が大きく異なる様に思います。

    中国・四国・九州地方の殆どの地域では公共交通機関が未発達である為、自動車での移動が頼りで、各地域から広島の営業拠点までダイレクトに移動が出来る様に都市高速道路や主要道路の充実をより迅速に図っていただきたいと思います。

  14. タミー Reply

    カルビーと共に佐伯区五日市の埋め立て地に新工場を建設するシンコー(南区大州)は船舶機器関連のポンプ・タービンで世界のトップ企業で、中国塗料(大竹市)や船舶用軸受・スポーツ用品のミカサ(安佐北区)等、造船王国広島時代の遺産的な地場企業も頑張っていることが嬉しいですね。

    このコロナ渦の中、西飛行場跡地の横にある三菱重工業が航空機開発事業を大幅に縮小するとの発表があり、かつて造船事業に於いて広島県内は三菱重工業・IHI・日立造船といった超巨大企業の景気に振り回された苦い過去を思い出しました。

    個人な考えで失礼しますが、航空機関連の開発についても、スバル(中島飛行機→富士重工業)の様なマニアックな企業が呉市の旧日新製鋼工場の撤退後には進出して欲しいと願っています。

    航空機開発にはゼネラリストよりも、スペシャリストの養成が必要だと感じます。
    船舶や自動車の部品開発で培われた技術が航空機に生かすことが出来れば広島広域都市圏の明るい未来も展望出来る様に思えます。

    広島南道路の整備に加えてクレアライン(広島呉道路)の上下4車線化拡幅にも期待します。

  15. ヒラ社員 Reply

    臨海エリアへの企業進出、広島都市圏の将来を牽引してくれることを期待します。広島は1拠点で九州、山陰、山陽、四国、関西を活動エリアにできる地の利があります(九州新幹線は格好の手段)。また各エリアから一同に集合しやすい地点でもあります。このことを充分にアピールすれば物流企業を始め多くの企業を誘致できるのではないでしょうか。この一環ですが岡村島で止まっているとびしま海道をしまなみ海道に繋げる(愛媛県の管轄ですが)ことで四国地域と広島都市圏の緊密な関係を築くことに即刻着手してもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。