宝町JT(日本たばこ産業)跡地周辺 開発状況 2021.05 ヒルトン北に20階マンション建設へ

新型コロナウイルス再拡大により、広島県・岡山県にも緊急事態宣言が再度発令されました。
これを受け、当面の現地取材は原則避け、過去の未公開ストックを活用して、ブログ更新を続けていきます。

なお本記事は緊急事態宣言前に取材を行った内容になります。

 

広島市中区宝町の「日本たばこ産業広島支店」跡地に、60m級・20階クラスの建物の建設が集中して行われています。

地場マンション供給会社である株式会社スペースウィングの、19階建て賃貸マンション2棟が2018年3月に竣工、
OI.CAPITAL株式会社(福岡市)の、20階建て賃貸マンション2019年に竣工しました。

さらに、スペースウィングによる20階建て分譲マンション19階建てホテルの建設を進めています。

前回の状況です。

広島市中区宝町の「日本たばこ産業広島支店」跡地に、60m級・20階クラスの建物の建設が集中して行われています。 地場マンション供給会社である株式会社スペースウィングの、19階

Sponsored Link

 

ちょうど、駅前通りを挟んで「ヒルトン広島」とは真向かいに位置するのが、旧「JT(日本たばこ産業)跡地」です。

 

 

(2,3枚目は4月撮影)

敷地の端となる一番北側で建設中だった20階建て分譲マンションと19階建てホテルはほぼ完成した状態でした。(3枚目の画像では一番手前、路地に面した建物がホテル、その隣が分譲マンション。)

ホテルはやはり昨今の状況からか、オープンはまだ見送られており、内装の仕上げを行っていました。

 

広島県や地元財界などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」は、中区富士見町の県警東署跡地一帯で「ヒルトン広島」となるホテル建設を進めています。 ホテル誘致のため設立した特別

 

 

60m級が5棟、100m級が1棟と、すでに高層ビルの密度が高まっているこのエリアですが、
さらにもう1棟60m級が加わる事がわかりました!

 

 

JT跡地の宝町ではなく、ヒルトン広島を建てている富士見町で、駅前通りに沿って南側にヒルトンという立地です。

 

【(仮称)広島市中区富士見町計画】

高さ 60.00m
59.50m(軒の高さ)
階数 地上20階
用途 共同住宅・駐車場・駐輪場
住戸数 76戸
構造 鉄筋コンクリート造
敷地面積 818.27平方メートル
建築面積 540.88平方メートル
延床面積 8,044.77平方メートル
着工 2022年1月5日
完了予定 2024年2月29日
建築主 広島電鉄株式会社
三菱地所レジデンス株式会社
JR西日本プロパティーズ株式会社
設計者 株式会社U建築設計事務所
施工者 株式会社鴻池組

 

 

ヒルトンのレポートでも写っている自転車のカナガキの北側の狭い敷地になります。

 

ここにに60mのビルが建つの!?と疑いたくなるほど狭いです。数字を見ても建築面積540平方メートルはかなり小さい部類ですね。

 

目の前の交差点の向こうには「フジグラン広島」が位置します。

フジグラン広島に5月14日、ヤマダ電機「テックランドフジグラン広島店」がオープンしました。
都心に近いこの店舗への出店。背景には皆様ご想像の通りかもしれませんが、「LABI広島」が閉店を余儀なくされることがあると考えられます。

「LABI広島」の入る「八丁堀の天満屋広島八丁堀ビル」は老朽化が進んでおり耐震基準も満たしていないことから、建て替えが予定されています。
本来は昨年夏にも解体着手される予定でしたが、検討に時間を要しているとの理由から、2021年9月に延期されていました。

天満屋八丁堀ビルの解体が1年延期へ 跡地活用検討

この記事ではここまでに留めておきますが、都心一等地のビルの建て替え。詳細が明らかにされるのを待ちたいですね。

Sponsored Link

3 comments

  1. 宝町は三角形 Reply

    60m級が当たり前になってきましたね。
    駅前通りが厚みをましてきました。

  2. タミー Reply

    広島電鉄の不動産部門、好調との話は耳にしていましたが、頑張っていますね!

    三菱地所レジデンスはフジタ(広島発祥の準大手ゼネコンで現在は大和ハウス工業の完全子会社)の不動産部門であった藤和不動産を吸収合併した企業です。

    以前、広島電鉄本社敷地の再開発計画案について、マンションを中心にしたものとなる的な報道がありました。
    私の様な無責任な一庶民からすると同社が所有する貴重な被爆建物や路面電車の歴史的価値を生かしたテーマパークを中心とした再開発も検討していただき魅力ある街づくりをして欲しいと願っています。

    広島電鉄は楽々園、フジタはナタリーとアミューズメント施設では、煮え湯を飲まされてきた両社ですが、「羹に懲りて膾を吹く」状態となっている広島広域都市圏内でのアミューズメント関連施設を中心とした再開発事業をマンション開発等と平行して牽引し、若い世代の方々からも選らばれる街づくりをお願いしたいと切望しています。

    居酒屋等で飲んだくれながら街づくりを熱く語るレベルの私の様な世間では鬱陶しがられる一庶民の声も平等に拾っていただきブログ主様にはいつも感謝しています。

    岡山に行かれて忙しい中とは思いますが、無理をなさらない程度で結構ですから、広島や瀬戸内地域の再開発レポートを引き続き宜しくお願い致します。

  3. els Reply

    スペースウィングの新築マンションは分譲ではなく
    ウイング宝町ファイブという賃貸マンションです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。