JR広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2021.12(Vol.37)

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。
従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。
建て替えられる新ビルは地上20階建てで、ホテルや商業施設、シネマコンプレックスを備える複合ビルになる予定です。

また、路面電車が現在の猿猴橋町を経由するルートから駅前大橋線を経由するルートに変更されるとともに、新駅ビルの2階に高架で乗り入れることで、JRとの乗り換えの利便性が向上するなど
賑わい創出と都心同士(紙屋町・八丁堀地区)のアクセス性向上に大きく貢献する存在になります。
2025年春の開業を目指します。

前回の状況です。

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者は、広島駅南口広場の再整備を進めています。従来の駅ビル「ASSE」は建て替えのため、2020年3月に閉館しました。建て替えられる新ビルは地上20階

 

 

事業概要

駅ビル建て替えの概要はこちらから御覧ください。

凄すぎる!新広島駅ビルのデザインが発表!巨大吹き抜けや多層に繋がる屋上広場など

 

東側で躯体の鉄骨工事がついに始まる!

全景です。

 

敷地の東側、かつて地下1階にあったユアーズのあたりで、鉄骨工事が始まっているのを確認しました!
いよいよ目に見える工事が始まります。

 

EKI CITY HIROSHIMAから。

 

既存の地下空間を残して基礎を作り、そのスペースに鉄骨を組んでいるようです。
地下部分の躯体になります。

 

中央部分の状況。

地下広場への階段東側は、機材や重機などが居なくなり鉄板が敷かれてすっきりしましたね。
基礎工事がある程度一段落したのでしょうか。

 

西側。

山留め壁に囲まれた部分で、掘削が行われています。
基礎工事はこれからですね。

 

駅構内の現場事務所に掲示されている電光掲示板に施工ステップが表示されています。

今はこのイラストの一歩手前の状態でしょうかね。
東側で鉄骨工事が始まりましたが、地上部の鉄骨建方が先行するのは20階タワー部分のある西側になります。

 

詳しくはこちら。

広島駅南口再整備・駅ビル建替工事 2021.01(Vol.23) 駅ビルの施工ステップ判明!

 

広場の中央部分に移動しました。

 

広電の広島駅から続く上屋の解体が始まっています。
先程のステップイメージを見ていただくと分かるように、今後ここの南北通路は閉鎖され、西側のバスのりば側にずれて取り付くような通路に変わることが伺えます。

 

そのためでもあるのでしょうか、バスのりばが2021年12月5日に再び変更となりました。

 

歩行者の「交差点」となる場所とバス待ち列が交錯しないよう、
自由通路に近い方のバス停が軒並み廃止されています。
画像に写っているのりば案内も近く撤去されるのではないでしょうか。

再び訪れる通路変更の準備が進みますね。

 

もう一つ案内されていた、バスのりばB・Cホームのエレベーターの廃止。

JPビル側の階段と同様に、こちらもまもなく解体されるのではないかと思います。
新レイアウトの駅前広場では使用されず、そのまま閉鎖となります。

 

詳しくはこちら。

改良される広島駅南口広場のレイアウトが公開!2020.09 周辺ビル4棟とデッキで接続へ

 

こちらは自由通路の南端。

 

前回、閉鎖区画が少し拡大したことをお伝えしました。
その中に設置された足場の上部で、化粧板が撤去されています。

ここもついに姿を変えますね。完成時は駅ビルに取り込まれ一体化する箇所になります。

 

 

広電駅前大橋線整備の準備工事

今度は広島駅から駅前通りを南下し、路面電車駅前大橋線の状況を確認します。

 

 

こちらでも驚くような変化が。
駅前大橋の歩道上が一部閉鎖され、軌道敷設のための準備工事が始まりました!

道路橋の中央部分の床版と桁を撤去して、駅ビル2階へ登っていく鉄道橋をつくる
という大胆な工事です。

1年後、2年後はどんな景色になっているんだろう…。

 

稲荷町交差点まで南下してきました。

現在は東西に軌道が横切るだけですが、ルートが変わる比治山線が合流して駅前通りを北上する軌道が新設されます。
環状運転用に画像右側の的場町方面の軌道も残るので、広島では唯一、路面電車が十字に交差する箇所となります。

以前から書いておりますが、系統が増えると運用が複雑になり1度の青時間で捌ける本数が限られてしまうので、
短絡線を活かす円滑な運行上、環状線は大きな懸念点です。

 

交差点近くのコインパークだった場所に、
駅前大橋線整備のための現場事務所が設けられていました。

 

広電広島駅JV工事事務所。凄い…本当にできるんですね。

 

余談ですが、ここはかつての県警東警察署跡地。
一時、中川学園が取得しましたがその後切り売りされ、2011年頃に3つの事業者の手に渡りました。
三菱地所レジデンスと中国労働金庫がそれぞれマンションと自社オフィスを建てましたが、
長府製作所が取得した北側はマンションのショールームとして利用された後はずっとコインパークになっていました。

まさか後に駅前大橋線の事務所として使われることになるとは…。

事業完了後、有効活用されることを願いたいですね。

 

路面電車「駅前大橋線」のターミナルと一体となった新広島駅ビルは2025年春の開業予定です。

以上、360度工事が進む現場より。

5 comments

  1. 環状線 Reply

    正直、環状線は要らない…
    沿線の保証の意味もあるんでしょうけど、
    比治山線の的場町~皆実町六丁目の区間は現状の
    比治山線の運行(5号線・広島駅広島港)のみでいいと思います。
    せっかく広島駅から紙屋町・八丁堀までの短絡ルートとして、
    駅前大橋線に切り替わるのに、
    環状線があることで、電車がここで渋滞し、
    結局、現状のルートと所要時間が変わらないようでは
    意味が無いです。
    この点は非常に残念です。

  2. NOVA Reply

    ついでに、駅前大橋南詰交差点も、高架で稲荷町まで繋げて欲しかった。

  3. kent0525 Reply

    環状線ですが、本線側の「的場町」電停は広島駅と己斐、宮島、江波方面が乗り換えなしで利用できなくなります。さらに比治山線側の「的場町」と「段原一丁目」電停は、広島駅、宇品方面も乗り換えなしでは行けなくなります。八丁堀、紙屋町へは行けるようになりますが。はたして、利用者が居るのか疑問ですね。駅前大橋線もう工事が始まったんですね。まだまだ先かと、思ってましたがびっくりです。

  4. KT Reply

    横から失礼致します。
    環状線は稲荷町交差点の的場町側にポイントを追加して広島駅経由にできないものか...
    あとは6・7・8号線と統合すれば、より利便性が向上するのではないかと思いますが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。