アジア随一の自動車エンターテイメントの聖地に 広島マリホ跡にトヨタ系グループ選定

広島県は、2025年3月に事業用借地権設定契約が満了となる「広島マリーナホップ」について、
次年度以降の事業者を、株式会社トムス(以下TOM’S)を代表法人とするグループを選んだことを明らかにしました。
TOM’Sはトヨタ車のカスタムパーツなどを販売する企業。
公表された事業提案では、マリーナホップ跡に飲食店や室内エンターテインメント施設、グランピングエリアのほか、
フォーミュラスクールや音楽フェスも開催できる多目的サーキット広場を整備し「アジア随一の”モビリティ・エンターテイメントの聖地”」を目指すとしています。

 

広島県は「広島マリーナホップ」等の商業施設として開発されている、西区観音の広島FMP(フェスティバル・マーケット・プレイス)開発事業用地について、
2025年3月に契約期間が満了するため、昨年度から次期事業者の募集を行っていました。

 

 

選定された事業提案の概要 次点はマリーナホップ

【広島県】:現広島FMP開発事業用地の利活用に係る公募結果について

 

事業予定者(代表法人:株式会社トムス、構成員:広島トヨペット)による提案
『ひろしまモビリティゲート(名称仮) アジア随一の”モビリティ・エンターテイメントの聖地”』

 

◆ターゲット顧客 ~年間200 万人超の集客~
 A:海外インバウンド(アジア圏+ 欧米)
 B:国内観光
 C:県内ファミリー層

◆提供価値 ~モビリティを中心とした付加価値の高い体験型コンテンツ~
 a:各顧客層に向けた“ここでしかできない体験” を用意し、エンタメの聖地を作る。
 b:立地を活かし観光名所化し、国内外から観光客を呼び込み、地元経済に寄与する。
 c:観光客、地元住民、同好の士が集い、新たなコミュニティ創出の場とする。
 d:モビリティ、地域社会のあるべき姿を模索する、未来の実験場とする。

 

《モビリティ・エンターテイメントの聖地》アジア圏随一の総合エンターテイメト施設
《豊富な体験型コンテンツ》見る、選ぶ、買う、乗る、食べる、泊まるなど、実体験を凝縮
《新たな観光名所化》国内外から年間200 万人超の来場→広島県経済の活性化にコミット
《地域住民の集いの場》家族、友人、恋人、同好の士が日常的に集い、豊かな時間をシェア
《モビリティの最先端》産官学によるEV、自動運転、空飛ぶ車、MaaS などの最先端研究
《立地の有効活用》公園整備、陸海空を繋げた移動のハブ施設可、VR を使った県内観光連動
《MaaS の実証・実装》交通公共機関との連動、統合型サービスの実証の場

 

 

(上記広島県資料より)

 

 

レースの名門TOM’Sが名乗り! 新たな価値の創出に期待

現広島FMPの事業提案募集には当初からマリーナホップ自信も名乗りを上げていました。
無難に現在の運営者有利と見ていたのですが、これはサプライズでした!

新しい事業者に選定されたのは、まさかまさか、レースの名門「TOM’S」。
広島トヨペットと共同で、およそ100億円の大型開発に乗り出します!!

 

公表された事業者選定結果について、個人的には好印象に捉えています。

下記の西飛行場跡地の開発計画に関する記事で書いたように、
以前から自動車をテーマとした賑わい施設の必要性を訴えてきました。

広島県と広島市が検討を進めてきた、西区観音の広島西飛行場跡地の活用策について、 昨年12月、跡地利用計画(案)が公表されました。 2013年に策定した「広島西飛行場跡地活用

 

当用地は御存知の通り、決して交通アクセスの利便性が高いわけではないです。
広島都心の周りを取り囲むように大型SCが建ち、中途半端な商業施設(他の場所で事足りる施設)では、光るような集客は期待できません。

だからこそ、西飛行場跡地にしても、マリーナホップにしても、
一定のジャンルに特化してでも「そこにしかない」施設が望ましいと考えていました。

 

広島は日本有数の自動車産業の街でありながら、自動車について身近に知ることができ触れ合える施設がこれといってないんですよね。マツダミュージアムは平日のみのオープンで、せいぜい社会科見学の場所に選ばれるくらい。(だからこそ、ここにマツダやマツダ系販売店が名を連ねていてほしかったですが。。)

東京・お台場に「MEGA WEB」という同じような自動車エンターテインメント施設がありました。(2021年12月に用地開発計画に伴い閉鎖)
トヨタが出資する施設でしたが、メーカーの垣根を超えたイベントが開かれることも多々。豊田社長の人柄でしょうか。
「ひろしまモビリティゲート(仮称)」も、このような存在になればいいと思います。

 

開発用地はデルタの末端で周辺は工場群と飛行場跡地なので、周辺に住宅はほとんどありません。
騒音対策が課題となる施設とは非常に親和性が高く、過去にもマリーナホップの駐車場でレーシングカーの走行イベントが開かれています。

事業計画では野外音楽フェスでの使用も想定した「多目的サーキット広場」を整備するとしており、
これまで広島に欠けていた機能の導入に非常に期待しています。

地道な集客努力を続けた「広島マリーナホップ」の解体は少し寂しさもありますが、
都市として生き残るには、通販では得られない”体験”という新しい価値も必要です。

続報があればまたまとめます。

 

なお、余談ですが、広島出身の現役トップドライバー、平川亮選手をご存知でしょうか。
国内トップカテゴリのモータースポーツ「SUPER GT」で、昨年までチームTOM’Sでドライバーを務めていました。
広島出身ということで彼のスポンサーには広島トヨペットもついており、平川選手が今回のプロジェクトの橋渡し的存在になったのかもしれません。

平川選手は今年、ル・マン24時間も含む世界耐久選手権のドライバーに抜擢されました。

平川選手がドライブするSUPER GT「KeePer TOM’S RC-F」(2016年撮影、岡山国際サーキット)

 

25 comments

  1. 万次郎 Reply

    当方も自動車ファン、モータースポーツファンでありますが、鯉党さんの記事をまるでうなずきながら読んでいました。マツダという大企業がありながら自動車に楽しみながら触れる施設がほとんどない広島。この施設への期待は本当に大きいです。

  2. みん Reply

    この決定には正直驚きました。

    広島県のホームページ見ましたが
    この採用案については都市型の多目的サーキットというのが前例がなく正直成立するのかは疑問ですが大変興味深いです。古いモータ-スポーツファンからは規模について不満タラタラですが昔と同じにしたのでは成立しない事はわかっています。リスクはあるのですが新しい取り組みに注目したいと思います。
    トヨタの研究施設や先端技術の実証実験施設としての役割もあるようなので集客だけで存続が決まるわけではなさそうなのでトヨタの経営が悪化しない限りある程度存続しそうですね。

    選考2位の既存のマリーナホップの拡張については現在のベクトルのまま規模を拡大しても勝算はほとんどないのではと思います。数年おきに多額の投資をしなければ飽きられるので余程日本が豊かにならないと同じ事だと思います。

    3位の案については正直何を考えているのか分からないです。広島の発展というよりは無駄な空き地を有効活用してやるというという上から目線の意図しか感じられません。
    事業者は非公表で不明ですが、広島をバカにしていると思います。なぜ今回提案してきたのか不思議ですがこの事業者に決まらなくでよかったです。

  3. うおっちゃー Reply

    断るまでも無いとは思いますが、あくまで個人的な意見です。広島発のアウトレットという事で初めて訪れた時、あれこれ店を回って見ましたが何一つ手に取ってみようかと思うものが無かった事を覚えてます。その時かは記憶がありませんが、中央の浅い池に水があることに気づかずドボンと足を踏み入れた中年の男性がいた事は鮮明な記憶なんですけどね。笑
    そのイメージが結局最後まで付き纏いました。先月もスニーカーを探しに七、八年振りに友人に勧められて行きましたがやはり同じ思いをしました。海に面したレストランはそれなりに雰囲気もあって良かったのですが。その意味でこの様にガラリと変わる施設が出来ることは良いですね。イマイチ想像がつかないのですけれど。

  4. Shima@北海道 Reply

    マツダの聖地にトヨタが殴り込みを!益々広島が面白くなりそうな企画で、楽しみです。
    市街地サーキットなんて、これまで絶対に日本には無かったもの、唯一無二の施設として、全国から集客できるかも知れません。
    是非トヨタ以外のメイクスも織り交ぜて様々なイベントを開いて欲しいと思います。

  5. @ Reply

    個人的には商業施設としての雰囲気は唯一無二で、ここに三井系列など大手アウトレットがあればなとよく考えていました。
    開業当初からよく観覧車やゲームセンターに行っていた身からするとなくなるのは残念ではありますが、魅力的な新しい施設になるのを楽しみにしています!

  6. 高回転ストレート Reply

    マリーナホップ継続かとずっと思っていたので驚きました。しかし解体されるのも納得だと思います。アウトレットは石内はできましたし後はイオンモール府中、アルパーク、レクトなど大型ショッピングモールが乱立していたのでアウトレットである意味がなくなりましたよね。遊園地、水族館が廃止され子供の遊び場がなくなりますので新たにできる体験型施設は子供たちでも楽しめる場所であってほしいですね。

  7. hima Reply

    思い切った選択で驚きですが、また周辺が賑わえばいいですね。アルパーク天満屋の跡地も驚きの展開になったので、まだまだ目が離せないことがたくさんですね。

  8. 桜エビ Reply

    期待しすぎたらあれだけどプラスに捉えたらアウトレット+おまけのような遊園地より最先端のエンターテイメント施設の方がワクワクしますね。多目的サーキット場は野外フェス音楽フェスもできて敷地もかなりあるように感じます。広島の新たな観光名所になればいいなと思います

  9. NOVA Reply

    アンパンマンミュージアムとか、キッザニアを作って欲しかった!

  10. スラサン Reply

    確かにメーカーの垣根を超えた施設にしないと苦しいかもしれません。車好きってやたら敵対し合ってますから。トヨタ乗りじゃないし興味ないってなりかねないですね。男性には好印象かもしれませんが女性はどうでしょうね。

    ちょっとゆがんだ見方をすると今後のEV競争にマツダもどうなるか分かりませんし、トヨタが広島地盤を強固にって意図もあるのでしょうか。あくまでトムスであってトヨタ自体がガッツリ絡んでるわけではないってのが逆にリアルなんですよね

  11. 世界のNK Reply

    確かに3番目の案は、ちょっと…。地元企業が限られた財源で精一杯やれることをやったんだろうけど、車の展示場&ドッグランでは全く心が躍らない。
    トヨタほどお金もない以上、金銭的裏付けのある発想にも限界があるのだろうけど、地元企業にはもう少し意地を見せて欲しかったなぁ。

  12. アホウドリ Reply

    「広島トヨタは、昔からガッツリ地元を固めている」と評価されて今日にあります。
    昔、広島トヨタの長が長い間
    、全国のトヨタのディーラーの会長でした。だから広島トヨペットも評価するべきです。(バルコムの称号も凄いのです。)マリーナホップも良く頑張ったと拍手送りたいと思います。確かに、マツダは、規模の割には、地元への施設の貢献は、低すぎます。
    しかし、企業努力は、地方企業の為大変努力してきました。しかし、大企業に後出しジャンケンと言う結果が多い。挑戦する車と後から様子見して欠点を補い80点主義の車。後に性能が良くなっても大手に在らぬ噂で中古車が安くなる。車と言う商品性と地方。モータースポーツで車の技術開発すると言う文化がない日本。大半の技術は、モーターレースから生まれています。ヨーロッパの車は、モータースポーツで切磋琢磨して技術開発して、最初は、壊れやすくても市民は、大変評価します。開発者、レーサーが命がけで手にいれたものです。だから二番煎じの企業など絶対認めません。ヨーロッパの大企業は、レースで認められて大きくなりました。
    レーサーは、命をかけた国のヒーローです。
    静岡県もヤマハのエンジンが最近トヨタのエンジンの元と言ってもいい。だからモビリティの街も気兼ねする事は、無いと思います。

  13. オレンジ Reply

    気になる点が2つ。
    完成イメージの中に、マリーナホップのアウトレット棟から
    空港通りを渡った所の現在フットサルがある場所が
    モビリティ棟になっている
    フットサル場は廃止?

    現在マリーナホップバス停の所がバス駐車場になっている。
    バス停は無くなるのか?
    サーキットメインだから車で行く人を想定しているのでしょうけど、
    車以外の足が無いのはハードルになりそうですね。

  14. ともゆき Reply

    いつも楽しく拝見しています.
    千葉県木更津にあるポルシェ エキスペリエンスセンター(PEC)を訪れたことがあります.好みのポルシェを90分借りて,インストラクターが1対1でドライビングを教えてくれるのですが,羽田空港からのアクセスもよく,日本全国から集客されており,現地のタクシー運転手が喜んでいました.トヨタも最近はスポーツカーを積極的に販売しており,安全にスポーツカーを楽しむことができる施設として,求めやすい価格で利用できれば勝算があるのではないかと思います.期待しています.

  15. 広島リボーン Reply

    今更ですがこの場所にしろ宇品方面に市内各所にしろ軌道系の環状線があれば広島市はもっと発展したんだろうに残念ですね。

  16. ああ Reply

    これで西側の空港跡地は、どうなるのでしょうかね?
    ファミリープール移転は妥当だと思いますが、マリホのミニ遊園地、
    マリーナサーカス?も移転により存続させてほしいです。
    アウトレットは正直な話、体を成してなかったですが、ミニ遊園地は
    子供の遊び場として好評だったと思います。
    広島都市圏は、ここ以外遊園地はないし、都市の生き残りのためには
    できるだけ多様な娯楽環境が必要です。
    浅草の花やしきみたいに、時代が経っても愛されるような施設に
    なれば、人口減少少子化の厳しい時代でも、広島に愛着を持つ人を
    増やせると思います。

  17. あか Reply

    本当にそう思う。軌道系の環状線、例えばアストラムが走ってればなあ。やっぱり遠いよ。 

  18. BJ Reply

    プール作るにしても今までみたいな普通の夏場しか使えない屋外プール作るだけではダメ。一年中使える屋内の多目的なプールで温浴施設(サウナなど)併設した複合施設でないとまた失敗する。

  19. ちゃーりー Reply

    通年の屋内プールは湯来にある。都市部につくらなくてもあのへんで十分だと思う。

    環状線は自分もかつて夢見たが、広島の都市規模で環状線を作っても意味がないと思う。
    大阪ですら環状線の一部の駅は寂しい。広島に環状線を作っても大コケする。
    バスも路面電車も紙屋町八丁堀広島駅を中心とした路線の構成となっており、
    人を分散させるよりむしろ商業地に集約させる路線をつくるほうが賑わいを生み出すと思う。

  20. OORer Reply

    皆さんの意見を読んで、ファミリープールを移転させて、遊園地も残せたら残して、広島の娯楽の一大拠点に出来たら面白いなと思いました。あくまで予測ですが年間200万人もの集客を見込んでいるとあるので、県外から訪れた人達がついでに寄ってみるってのもあると思います。

  21. 宇治金時 Reply

    軌道系の確保ということで、広電宮島線を五日市あたりで分岐させ、海老園、なぎさ小、中学あたりを通り、商工センター、南道路と並行させ、江波山に
    トンネルを掘り、広電江波車庫に通じるような路線はどうでしょうか?

    • KT

      面白いですね!
      私も妄想で、
      五日市→商工センター→観音新町→吉島→市役所前→紙屋町→祇園新道→緑井
      という似たような地下鉄路線を考えたことがあります!

  22. エヴァ Reply

    江波線は元々、舟入南からそのまま真っ直ぐ江波三菱まで
    の延伸計画がかつてあったんですよ。
    おさん通り(江波の真ん中の大通り)が江波三菱まで
    計画された際に用地買収に手間取り、
    その間に江波の三菱が造船所の閉鎖を発表し、
    江波線の延伸は立ち消えに。
    結局おさん通りは江波三菱まで開通しましたが、
    広電電車は伸びませんでした。
    三菱重工は造船業から業態転換し、現在も広島製作所として
    存続しています。

  23. KT Reply

    ブログ更新お疲れ様です。
    私も県のホームページを見ました。
    トムスの案はコンセプトが明確で、地場産業との関連性もあるので、選ばれたのは当然かなと思います。全国の車ファンのみならず、海外の車ファンが訪れるような場所になれば最高ですね!!

    一方で他の2案はいずれもコンセプトが明確でない上に、インパクトに欠ける気がしました。
    いかにも「新たなコンセプトの導入」という冒険を避けて無難な策を取った感が否めず、正直面白みやワクワク感がありません。
    特に次点のマリホ案が採用されたら結局今と変わらないものになるかも・・・と考えると、正直恐ろしい気分になります。特に今はジ・アウトレットがあるので、マリーナ・ホップはもうお役御免でしょう。

  24. NoName Reply

    ヘリポート、空港の跡地と併せて、
    貨物ドローン、小型VTOLの特区などに適しているのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。