祝暫定開業!JR西広島駅自由通路等整備 橋上化工事 2021.12(Vol.18)<JR改札内編>

広島市とJR西日本が改良工事を行っていた山陽本線の西広島駅が一部完成し、
2021年12月19日(日)に暫定開業しました。

長さ約110mの自由通路により、駅の南北をいつでも往来できるようになるほか、
駅機能が橋上駅舎に集約され、バリアフリー化が実現しました。

今後もまだ工事は残しますが、記念すべき暫定開業のその日に現地を訪れた様子を紹介します。
<自由通路編>と<JR改札内編>の2編に分けて更新します。

<自由通路編>はこちらです。

広島市とJR西日本が改良工事を行っていた山陽本線の西広島駅が一部完成し、 2021年12月19日(日)に暫定開業しました。 長さ約110mの自由通路により、駅の南北をいつで

 

整備が決まった時のリリースと、着工前の西広島駅はこちらの記事で振り返ることができます。

広島市は、バリアフリー化されていないJR西広島駅について、 南北自由通路を設け、橋上駅舎を建設する計画を進めています。 1日、中国新聞を通じてその完成イメージと大まかな仕様が明

 

開業直前の外観を夜間に撮影した記事はこちら。

広島市とJR西日本が改良工事を行っていた山陽本線の西広島駅が一部完成し、 2021年12月19日(日)に暫定開業します。 長さ約110mの自由通路により、駅の南北をいつでも

 

 

橋上に移設した改札ゲート

自由通路からJR改札内に入っていきます。

改札口付近の様子です。
右手にはタッチ対応のインフォメーションパネルが設置されました。

改札上部の天井は、木材の装飾の向きが水平方向となっており、「ゲート」であることが直感的にもすぐ分かります。

 

ゲート感を強調して。

 

 

非常に立体的です。

 

自動改札は全部で5レーン用意されています。

常に外の景色が見えるのが新鮮ですね。

 

 

広々とした改札内コンコース

改札内に入りました。

 

広い!
広島市の図面は確認していましたが、実際に足を踏み入れると改めて実感します。

 

北側を望みます。

暫定開業の今は、向かって右側に降りる階段・エスカレーターが未整備となっています。
両階段に挟まれた部分は開口になっており、明かりを取り込みます。

 

窓から外を見てみます。

 

旧跨線橋が並行するこの光景は今しか見られません。
そして将来的には、跨線橋とほぼ同じ位置にアストラムラインの高架橋が建設され、南口広場内にアストラムライン西広島駅が完成します。

 

改札付近を振り返ります。

 

1番のりばへの階段。

 

2・3番のりば方面。

改札内にもトイレがあります。

 

2・3番のりばへの階段・エスカレーター。

エスカレーターとスペースを共有しているため、階段は狭いですね。

 

ホームに降りてきました。

 

西広島でこのような景色を見られるとは。

 

ホームから橋上駅舎を見上げます。

左手背後に旧跨線橋があり、橋上駅舎の焦げ茶のパネルの箇所から旧跨線橋の階段に向けて、
新しい階段・エスカレーターが整備されます。

 

 

閉鎖された旧仮設改札など

これまでの設備を巡ってみます。
仮駅舎に設けられていた旧改札口です。

 

2020年の5月から供用していました。
当時の着工間もない頃の様子を振り返ると変貌ぶりがよく分かります。

 

JR西広島駅橋上化工事 2020.05(Vol.6) 仮駅舎稼働始める

 

旧跨線橋。

 

レールを骨組みに使った国鉄時代からの跨線橋が閉鎖されました。後は解体を待つのみですね。

 

シティネットワーク内でも大型な方に分類される橋上駅舎が誕生しました。

暫定開業を迎えましたが、先程より書いているように
横川方の階段新設が残ります。

すべての完成は2022年度末の予定です。
引き続き全面開業までこのブログでは西広島駅の改良を追いかけていきます。

 

おまけ。
かつて南口改札があった場所には公衆トイレとエレベーターが整備されました。

(2019年11月撮影)

 

 

当然ここからホームに入ることはできませんが、窓ガラスで中の様子が見えるようになっています。
電車が見えているのに2階の中央改札に行かなければならずもどかしい、というのは橋上化した駅の性ですね。
管理の効率性を考えると致し方ありません。

3 comments

  1. トム猫 Reply

    このJR駅舎が西広島駅前再開発の第1弾ということで、
    やっとスタート地点にたった漢字ですが、
    これから高層ビル計画やアストラムライン延伸で
    大きく変わるのはもちろんのこと、
    今回はまだ着手されていないペデストリアンデッキが
    駅の回遊性の鍵を握ると感じています。

    今回の駅舎の当初の予定では広電西広島駅付近に抜ける
    ペデストリアンデッキと階段が整備されるはずでした。
    さらに今後はこのペデストリアンデッキが、
    再開発ビルまで延伸したりすれば利便性は一気に向上しそうですね。
    およそ20年前にリニューアルしたとなりの横川駅と違う点として、
    西広島駅は地上駅(1階部分にホーム)、横川駅は高架駅(盛土上・2階部分にホーム)。
    高架駅の場合、一度1階に降りないといけないので、
    ペデストリアンデッキとの相性があまり良くないのですが、
    西広島駅の場合、改札を出てそのままペデストリアンデッキを
    行き来できるので、回遊性が高まる構造なんですね。

    今後どうなるか目が離せないですね。

  2. くろだ Reply

    アストラムラインの駅舎はこの駅舎と一体感があるデザインになるといいですね

  3. Shima@北海道 Reply

    西広島が己斐と合わせて西の拠点として発展するのが楽しみです。
    ここから紙屋町方麺への、広電の所要時間が短くなるような方策も講じてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。