2022年7月に供用開始へ!移設中の『広電宮島口駅』

広島電鉄が進めている「広電宮島口駅」の移設工事について、
2022年7月にも開業させる予定であることが元旦の中国新聞により明らかになりました。
一昨年の決算資料の時点で、2022年度末の供用開始を見込んでいたので、大幅に早められたことになります。

 

世界遺産の島「宮島」の玄関口となる対岸の宮島口地区では、広島県・廿日市市・広島電鉄が共同で「厳島港宮島口地区港湾整備事業」を進めています。
港湾を新たに埋め立て、2020年2月に新しいフェリーターミナルと商業施設「etto(エット)」がオープンしました。

広電宮島口駅の移設はこの事業の一環として行われているもので、
新フェリーターミナル近くに広電の駅舎を移設することで、観光客の利便性を向上させるとともに、宮島街道から駐車場にアクセスする踏切を解消します。

 

2021年11月の工事の状況。

広島県は廿日市市・広島電鉄と共同で「厳島港宮島口地区港湾整備事業」を進めています。 手狭かつ、JRと宮島松大汽船で分散し不便だった既存のターミナルに代わる新しい共同ターミナルが完

 

 

【中国新聞】:宮島口変貌、脱「旅の通過点」 広電新駅7月開業

”2年前に完成したフェリー旅客ターミナルそばに、広島電鉄宮島線の新しい宮島口駅が7月に開業する予定。約300台収容の立体駐車場の建設も進む。”

(上記中国新聞HPより抜粋)

 

広島電鉄は5月14日、2020年3月期の決算を発表しました。 合わせて、本年から3年間の新たな中期経営計画及び広島電鉄サービス向上計画の更新版も公表され、 移設が計画されている

広電宮島口完成イメージ電車サービス向上計画の実施状況

 

今年7月の開業が決まりました!
予定よりかなり早いので、段階的に供用開始させていくのかもしれません。

現地の状況を見ると、確かに駅舎の上屋や軌道も姿を現しており、完成時の姿を想像できるまでになっていました。

(2021年11月撮影)

 

広島電鉄は駅舎と合わせて、周辺の駐車場不足を解消するため、自走式の立体駐車場も建設しています。

(2021年11月撮影)

300台収容。
記事に特別記載もないので、こちらも同時に開業となると思われます。

 

”廃線”となる現広電宮島口駅の跡地も、今後どう活用されるか注目ですね。

 

新しい広電宮島口駅は、2022年7月の開業予定です。

4 comments

  1. Shima@北海道 Reply

    新しい広電駅の完成が楽しみな、元宮島口駅ユーザーです。
    この新しい駅とettoの間の車道(駐車やフェリーのアクセス)は、どのようになるのでしょうか?

    歩行者とクルマがクロスする環境は出来れば無いほうが良いと思うのですが。

  2. 名無し Reply

    立体駐車場では大型バス等の駐車ができないので、駅移転の跡地は大型バス駐車場になるのでしょうか?

  3. はっちゃん Reply

    これでやっと広島電鉄社はハード面のみ
    ならずソフト面の充実にも時間と人材
    そして資金を使って欲しい。僕は過日
    電車を利用時に誤って自身の鞄を車掌さん
    に壊されてしまいました。ある程度の情報は会社内で承知して頂けているかと思いましたら第一声は「聞いていない」との事。
    その後社内の組織内にて敢えて報告していなかった様子が露呈。更に鞄の修理ができないことや示談書を書いてくれとかやってることが会社としての対応かと疑いたくなってしまいました。尚、この件は未だに解決していません。地元の誇り高き企業と思っていたので凄くガッカリしました。
    それでも、ガンバレ!広電!

  4. 神奈川の人 Reply

    広島出身で現在は神奈川在住ですが、広島で起きている変化は大変興味深くいつも楽しく拝見しています。この記事とは関係ありませんが、向洋周辺で立体交差事業が進められているとの新聞記事を最近見ました。広島駅再開発と合わせて、こちらもぜひ取り上げて頂ければと思い、コメント残させて頂きます。ぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。