スタートラム広島 新築工事 2016.11(Vol.5) タワークレーン登場!

「(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト」は、日本生命と広島電鉄がそれぞれ所有する2棟のビルを取り壊し、
一つのオフィスビルに再開発する共同プロジェクトです。
相生通りの立町電停前に2018年1月、地上16階建て、高さ約80mの複合オフィスビルが竣工します。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト

【広島電鉄】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト新築工事着工 新ビル名称は「スタートラム広島」に決定

201609startram-image
完成イメージ(上記広島電鉄資料より)

前回の状況はこちら。

「(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト」は、日本生命と広島電鉄がそれぞれ所有する2棟のビルを取り壊し、 一つのオフィスビルに再開発する共同プロジェクトです。 相生通りの立町電停前
スポンサードリンク

 

タイトルの通りですが、先週カープ優勝パレードの帰りに通りかかったところ、
現地にタワークレーンが設置されたのを確認しました。

201611startram-2

これから本格的に、地上部の鉄骨工事が始まります。

今回はこれだけですm(_ _)m
竣工は2017年11月末の予定です。

3 comments

  1. 56 Reply

    広島に住んでいると「あれは何ができるのだろう?」と思う事が多々あります。
    管理人さんの情報はありがたいです。これからも情報発信をお願いします。

  2. 安芸の鯉人 Reply

    広島市が大きく飛躍する為には交通網の大改革は
    必要不可欠です。120万人の大都市で路面電車が
    主要な交通機関では利便性が悪いと云わざるをえない。
    利便性が向上すれば民間の投資も期待出来き、
    スタートラムの様なビルがもっと必要になります。
    発想の転換を期待したい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。