ホテル建設を予定する平和大通り『東亜地所』の旧本社ビルの状況

広島を地盤として戸建てやマンション販売などを行う総合不動産企業「東亜地所株式会社」は、
平和大通りと鯉城通りが交わる白神社交差点に面した旧本社跡地に、ホテルを建設する意向を元旦の中国新聞に明らかにしました。

その続報です。

【中国新聞】:広島中心部に新ホテル 東亜地所本社跡、3社共同で20年予定

【AreaBiz 広島】:東亜地所本社跡地にホテル建設へ

東亜地所は、同じ不動産業の「いちご」(東京都千代田区)及び、建設業の「ゲンバカンリシステムズ」(広島市)と共同でホテルを建設・賃貸します。
隣接地と合わせて830平方メートルの敷地に、15階建て前後、約220室のホテルを想定しているようです。
東京の企業がホテル運営・開発を行うようですが、具体的なホテル名は明らかにされていません。

東京オリンピック前の、2020年春の開業を目指します。

先日、現地の様子を見に行ってきました。

スポンサードリンク

北の方角から、鯉城通り上で建設予定地を。

 

平和大通りと路面電車が走る鯉城通りが交わる白神社交差点は、最も広島らしい交差点と言ってもいいほどではないかと思います。
交差点にはNHK広島放送センタービルや、ANAクラウンプラザホテルなど大規模なビルが並ぶ中、
この東亜地所の建物だけは失礼ながら立地を最大限活かした建物とは言えない状態にありました。

東亜地所は昨年11月、ここから200mも離れていない「ポレスター広島」に本社を移転しています。

 

平和大通り上から。

 

画像奥は平和記念公園です。
上層階から公園の眺望を楽しめるようなホテルにするとのことです。
広島の平野のど真ん中ですから見晴らしは良さそうですね。

 

すでに移転を済ませた本社ビルには、早速ホテル建設を知らせる案内が掲示されていました。

 

 

西側から撮影しました。

ビルに隣接して駐車場がありますが、この土地も一体的に建てられるものと思われます。
画像右のアールを描いた建物は、フレンチで有名な「巴里食堂 大手町店」です。

 

変わって、鯉城通り南側から撮影しました。

カープの優勝記念の看板がありますが、建物は南北にはこれだけしかありません。
「東亜地所」の大きな看板のイメージが強かったですが、実際には小さい建物です。

先程の駐車場と合わせて開発するなら、L字型の建物になるかもしれません。

 

「東亜地所」本社跡に建設されるホテルは、2020年春の開業予定です。

続報があればまたお知らせします。

10 comments

  1. むーばす Reply

    連日の更新お疲れ様です。
    この角地は以前から建て替えられたら
    良いのにと思っていました。
    どこのホテルチェーンが出店するのか
    気になりますねー。

    ここの様に街を代表する幹線沿いや交差点
    が、立派なビルになるのは、街並みが少し
    でも良くなる助けになると言え、喜ばしい
    限りです。

    京都の町屋の如く、入り口は狭いのに奥行き
    がやたら長いビルが並ぶと、スッキリした
    とは言えません。奥行きがなくても間口が広い
    ビルは存在感もあって、街並みも綺麗に見えるし、
    都市の格を上げていく気がします。
    今後もこの様な開発が続いていくことを祈ります。

  2. 中区民 Reply

    東亜地書のビルって南北は短いんですね。意外でした。

    ところで、はつかいち大橋の4車線化(新しい橋の架橋)が着工したようです。
    http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=403802&comment_sub_id=0&category_id=112
    はつかいち大橋より西の山陽道に接続の計画がありますが、数年後に具体化するのでしょうか。
    ここまできたら、西区観音・中区江波、吉島・南区出島の区間も早く4車線化して欲しいですね。
    もちろん、高架部の高速3号線も然りですが。
    とくに吉島~出島は開通したら需要が高いところなので
    優先的に行ってほしいですね。
    ただ、気がかりな情報も。
    西広島パイパスの延長の再検討されているようです。
    正直、パイパスよりも南道路の方が大事では?
    バイパスは訴訟にもなっているし、
    優先順位を考えてほしいですね

  3. みみずく Reply

    市内中心部にホテル建設と計画が続き喜ばしい限りです。
    ただ、その多くがシングル1万円未満クラスのホテル。確かに、そこが地方都市のボリュームゾーンとは思います。

    しかし、東警察署跡地がコンベンション機能を有する大型ホテルでヒルトン・シェラトンクラス(期待を込めて)であれば、ここは平和公園にも散策に行ける好立地ですし、部屋数少なめでその上のクラスを設けることは無理だったですかね~?

    遠く海外からHIROSHIMAに来る旅行客やコンベンションセンターでの催しに出席する人々の一部にはそのようなニーズもあるのではないか?というか、地場の企業にそのようなニーズを引き出してもらえたらと期待するのですが。

  4. がたり Reply

    楽しみですね。
    少し西にあるホテルサンルートくらいの大きさのものができるのでしょうか。

  5. 二河川 Reply

    楽しみです。
    アメリカの陰謀により、ポシャらないことを祈ります(笑)。
    東亜地所の取引銀行調べますか(笑)

  6. タミー Reply

    >隣接地と合わせて830平方メートルの敷地に、15階建て前後、約220室のホテルを想定しているようです。

    見た目以上に南北の幅が薄いのに驚きましたが、予想以上の規模のホテルを想定していることもるまた驚きです。

    むーばす様
    >奥行きがなくても間口が広いビルは存在感もあって、街並みも綺麗に見えるし、都市の格を上げていく気がします。

     確かに、視覚での印象は強烈なので、好感度を上げるお化粧は、観光産業を振興させるためには効果がありそうですね。

     戦後、なりふりかまわず、がむしゃらに経済復興へと突進し続けてきた広島の街も、漸くこうした街の美化などを地元の民間人・民間企業が、率先して改善に乗り出す動きをみると、街づくりも新しい段階に移行しつつあるように思えます。

    >今後もこの様な開発が続いていくことを祈ります。

    同感です。

    裏通りのイメージが強かった平和大通りがどんどん変化して行く様子を今後も期待したいと思います。

  7. 名無し Reply

    広島の外国人観光客は急増しており、ホテル不足が深刻化していますね。
    ヒルトンの進出の話もありますが、個人的には観光客向けの高級ホテルが
    もう少し必要ではないかと思います。

    インターコンチ系のホテルがないので、その系列か、
    広島にはまだない最上級ホテル(リッツカールトン/フォーシーズンズ)も
    一つくらいはあって欲しいと思います。
    金銭的に豊かな観光客の呼び込みに繋がると思います。

  8. 社会系 Reply

    2015年に、JRとアストラムラインが新白島接続された効果だと思われます。

    以前から、広島都心部に、オフィス、ホテル、マンションの需要はありましたが、
    各交通機関には定員があり、人びとを都心部に移動できる人数に限りがあったことから、
    都心部で、建設するという供給が制限させられていたと考えられます。

    新白島接続が完成すると、人びとを移動できる定員も増加することで、
    おりづるタワー(14階)、スタートラム広島(16階)、広銀本店ビル(19階)、
    紙屋町再開発プロジェクト(50階前後)などと同様に、
    このホテル(15階前後)についても、再開発が進んだと言えるでしょう。

    さらに、接続された効果で、容積率緩和ができ、実際にも検討され始めたことから、
    今後は、同じ再開発でも、規模を拡大するパターンが多く見られると予想されます。

  9. タミー Reply

    >東亜地所は昨年11月、ここから200mも離れていない「ポレスター広島」に本社を移転しています。

    ポレスターと言えば、地場大手デベロッパー「マリモ(西区庚午北)」のマンションシリーズですよね。同じ中区中町には「日本アイコム」「章栄不動産」「アイレストホーム」の本社が続々と集まっており、また、この中区中町から広島テレビ本社が今年広島駅北口へ移転するのでその跡地がどうなるのかも非常に気になります。

    元旦の中国新聞にはトータテ(中区国泰寺町)社長の「昨年М&Aで岡山の地場企業をグループに加え、広島・九州に続き新たに岡山を拠点に加える」という内容のコメントもありました。

    トータテは信和不動産(西区・横川)のベルディーマンションの販売も岡山でされているようで、私の岡山在任時に市内中心部柳川筋の中鉄バス本社跡地に章栄不動産がかなり大規模なフローレンスマンションを建設して以降鎮静化していた広島の企業による岡山でのマンション建設も再び活発化された様子で、両備による広島でのグレース幟町タワー(中区)建設など広島・岡山両地区での不動産の動きが活発化している様です。

    日本アイコムは松山駅近くに松山最高層のクラースマンションを販売されている様で、他都市でも活発に活動している広島のデベロッパー各社の中で、マリモ・GAパートナーズ(中区八丁堀)に続き東亜地所が市内でのホテル建設に動いてくれるのは本当にありがたいとことだと思います。

    東亜地所が手掛けている「東亜祇園ニュータウン春日野」(安佐南区)は、規模と言いその内容と言い、広電が開発している「グリーンフォートそらの」(佐伯区石内)に匹敵するかそれ以上の開発の様に思われその力量は高く評価すべきだと感じます。

  10. 神宮寺龍之介 Reply

    東亜地所の本社、ホテルに建て替えるんですね。
    完成すれば白神社交差点の印象も大きく変わりそうです。

    白神社交差点周辺で気になるのは、広島クリスタルプラザをどうするのかと言う所ですね。
    元々県水道局庁舎跡地を三菱・みずほの両信託銀行に土地信託事業で建設させた複合ビルでしたが、
    2022年に信託契約の満了を迎えるにも拘らず、入居率の不振が響いて未だ70億円近い借入金が残っている「地雷」です。
    県がどう対応するのか気になる所ではあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。