(仮称)広島平和大通りPJ 2019.06(Vol.4) 『THE KNOT』 鉄骨工事進む

地場不動産業の「東亜地所」は、広島市中区の平和大通りと鯉城通りが交わる「白神社交差点」に面した本社跡の角地に、不動産業の「いちご」(東京都千代田区)及び、建設業の「ゲンバカンリシステムズ」(広島市)と共同でホテルを建設しています。

【AreaBiz 広島】:東亜地所本社跡地にホテル建設へ

ホテルの運営はいちごのデザインホテルブランド「THE KNOT」で、首都圏以外では初めての展開となる予定です。
客室数は約201室設け、東京オリンピック前の2020年の春完成、初夏に開業を目指します。


完成イメージ(現地看板を撮影)

前回の状況です。

地場不動産業の「東亜地所」は、広島市中区の平和大通りと鯉城通りが交わる「白神社交差点」に面した本社跡の角地に、 3社共同でホテルを建設する計画を明らかにしています。 【Ar

Sponsored Link

紙屋町から鯉城通りを下った、袋町電停付近から。

約半年ぶりの取材となりますが、既にタワークレーンが登場し途中まで鉄骨建方が進んでおりました!

 

白神社交差点から。

 

【(仮称)広島平和大通りホテルPJ】(THE KNOT HIROSHIMA(仮))
地上14階、高さ52.95m
客室数:201室
敷地面積:831.13平方メートル
建築面積:608.14平方メートル
延床面積:7,625.77平方メートル
着工予定:2018年8月
竣工予定:2020年4月

鯉城通りと平和大通りが交わる「白神社交差点」の一角が、ようやく立派になります。

 

南東側から。

 

平和大通りは植栽豊かです。

 

西側の平和公園に繋がる、平和大橋と絡めて撮ってみました。

 

平和大通りの一部で平和公園と鯉城通りの通る大手町とを結ぶ「平和大橋」では、 歩道の狭さを解消するため、橋の上流側に歩行者専用橋を新設する工事が2014年度からおよそ4年にわたり行

振り返ればすぐ平和記念公園・平和記念資料館という立地です。
紙屋町交差点にも近く利便性は非常に高いです。

約220室のホテル「THE KNOT HIROSHIMA(仮)」は2020年初夏の開業予定です。

一つ前の更新記事でご紹介した、広島駅前踊り沿いの「(仮称)ユニゾイン広島駅前」とほぼ同じスケジュールですね。

地場の不動産デベロッパー「GAパートナーズ」は、 広島駅から近い南区京橋町の駅前通りが面する土地に、地上14階、250室のホテルを建設しています。 2020年3月末の竣工を予定

 

余談ですが、このホテルが建設されている西側に立地する「ホテルサンルート広島」が、
2019年7月10日から同グループの「相鉄グランドフレッサ」にリブランドされることが分かりました。

【公式】:「相鉄グランドフレッサ 広島」へのリブランドのお知らせ

広島市民にとっては相鉄ブランドのホテルはほとんど馴染みがないですが、観光客が多い地区ですから県外(首都圏)の知名度の方がされるということかもしれないですね。

 

一昨年、ここの15階のレストランで食事しましたが、とても良い眺望でした。

Sponsored Link

19 comments

  1. 元大和市民 Reply

    相鉄がついに広島に!!
    大和(神奈川県)に住んでた時は、通勤で毎日使っていました。
    相鉄は、首都圏の中でも規模が小さく、神奈川県民でさえ、
    あまり使ったことがないって人が多いくらいです。
    ただ、現在、新線を作り、渋谷や、新宿に直通で行けるように
    なる予定です。そうなれば、みなさんが東京に行かれた際に、
    東京で相鉄の車両を見かける機会も増えると思います。

    相鉄には鉄道の他に、この記事のホテル事業や、
    「相鉄ローゼン」もあります。
    広電に広電ストアがあったように、(その後マダムジョイ、マックスバリュへ)
    相鉄のスーパー事業です。
    完全にローカルな鉄道会社というイメージでしたが、
    まさか、広島で相鉄を聞く日が来るとは。。
    驚きでした。

  2. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    東亜地所本社跡地は鯉城通と平和大通りが交差する広島の心臓部の角地です。

    しかし、長年低層での利用のままとなっていたので非常に勿体ないなと思いながら見ていました。

    今回の記事で、漸く立地に相応しいホテルが建設されている写真を拝見すると、広島の街づくりの底上げが進んでいるなと実感します。

    鯉城通は北から、県庁・広島銀行本店(現在建替中)・中国電力本社・市役所等が建ち並ぶまさに広島のCBD(中心業務地区)です。

    平和大通りは防災目的で造られた市民にとっては無駄に広い裏通り的存在でした。

    しかし、かつては中国駅伝(広島ー福山)ではゴールの平和公園へ向かうコースとなり、現在の天皇杯都道府県対抗ひろしまな男子駅伝に切り替わった後も市街地周回のメインコースとなっています。

    昭和50年広島東洋カープ初優勝のパレード、その後に始まったフラワーフェスティバルのメイン会場となったりしているので、特に外国人観光客から見ると、パリのシャンゼリゼ通りを彷彿させる広島のメインストリートに見えるのではないでしょうか。

    またその可能性を平和大通りは秘めている様に思え、交差点の角地が高層化されホテルに生まれ変わることは非常に喜ばしく思います。

    しかも、それが地元で主に宅地開発を長年行っている不動産会社で、自社の本社跡地に首都圏のホテルを誘致して広島の中心部の街づくりに貢献していただくことに感謝します。

    今後、巨大規模開発の春日野が成功を修め、企業が更に成長・発展し、郊外の宅地開発に加えて広島の中心部での街づくりにおいても活躍されることを期待しています。

  3. Shima@北海道 Reply

    相鉄が広島でなんて。
    ↑の方も書かれていますが、びっくりです。私の相方の実家が相鉄沿線で、学生時代に付き合い始めるまで当方都内在住でしたが、相鉄という名前は認知しておりませんでした。
    そんな神奈川県の、ごく一部地域だけの人のためのローカル通勤電車というイメージしかない相鉄の名を広島で目にするなんて、本当にびっくりです。そんな相鉄も今や混雑率(輸送密度)では全国トップクラスなんですけど、如何せん知名度が低いですね。東京都内乗り入れで全国的に少し有名になれるかもしれませんね。
    それにしても広島の再開発は、勢いありますね。
    今後も更新楽しみにしてます。

  4. NOVA Reply

    どうせなら、相鉄さん、市内から広島空港まで走って欲しい!

    • blk

      おそらく採算が取れません。
      それで採算が取れるくらいなら、空港リニア計画もとっくに実施されているでしょうから。

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    日本は自由で資本主義の国ですからどこに家電量販店を作ろうが問題ないですが東京や大阪ならいざ知らず広島にこれ以上必要でしょうか?勿論市場調査はしてるはずでしょうが、今の広島にあればいいと考え思いつくのはテレビ東京、ヒルトンに続く高級ホテル、音響効果などが世界レベルのホールですかね。家電量販店同士が安売り合戦にならないか心配ですね。適正価格での販売こそが日本の未来に繋がります。

  6. ああ Reply

    広島の空港問題は、需要的に広島東京間のアクセス問題ということになりますが、
    もうしばらくすると名古屋までリニアが開通します。そうなると乗換時間を含めて
    3時間10分か15分。これは空港が観音にあったときの、待ち時間、中心部までの
    移動時間を含めたトータルの所要時間と比べて、同じかやや短くなります。
    つまり、特に支店経済におけるビジネス面で、空港問題は解消されるというわけです。
    広島駅周辺のオフィス需要は、さらに高まるだろうし、首都圏からの観光客も
    増加すると思われるので、この記事のようなホテルの需要もあるでしょう。

    • 山中ルンペン

      観音にあったときだって、中心部からはバス便だったし、今は最も長距離のバス輸送。どうにかならんのかと思いますよ。JRにしてみれば、新幹線需要安定して見込めるのでウハウハでしょう。

  7. みみずく Reply

    袋町の電停で降りて平和公園を目指す海外からの観光客をよく見かけますので、その動線上にオープンカフェのあるスポットがあればと思います。
    ホテルの1Fで朝は宿泊客の朝食を出し、昼以降はオープンカフェとして営業。平和大通りだと建物前のスペースにゆとりがあるし。

    しかし、The KNOTも相鉄も平和大通りの南側なのでちょっと動線から外れますかね。

  8. 社会系 Reply

    3階建てが、14階建てに大幅アップで再開発されることになり、
    相生通りなどに続いて、平和大通りも高層化します。

    先日、神奈川を車で移動中、FMヨコハマを聞いていると、
    神奈川県知事が、
    日本の産業は、1位が自動車、2位が化学、3位が観光になったと言っていた。
    だから、自動車(日産のことだろう)だけでなく、観光にも力を入れているらしい。
    広島もここ数年は、観光客が多くなっており、ホテルが必要です。
    特に、平和公園を訪れる欧米観光客が多く宿泊するホテルになりそうです。

    • のーてんき

      広島県の負債削減のため、クリスタルビルが売却される可能性が
      高くなってきましたが、
      場所はいいと思うんですが、最低25年は経過してる古いビルの買い手ってあるんでしょうか?

      自分が広島に来たときには、
      クリスタルビルはすでに存在していましたが、
      なんて多額の負債をかかえる状態に
      なったのか、よくわかりません

    • hima

      のーてんきさん、

      25年くらいなら、リッチ等を考えると、ディスカウントで買い手があると思いますね。地方都市でも今はオフィス等が不足しているので、少しでも安定した利回りを狙ったところから、買手があるかもしれないです。
      多額の負債の理由は、建設された時期を見ればなんとなく想像がつきます。バブルの絶頂期に建設が始まり、施工したのはバブル崩壊後。いくら場所がよくて空室率が低い状態でも、全く利益にならなかったのでしょう。県としては、信託期間を終えるのを期に満期償還してしまって、ビルごと売って完全に清算したいのでしょうね。今後利益が見込めたとしても、最初の費用を到底取り返せるものではなく、予算が降りないことが目に見えていますので、少しでも利益を出しておきたいのではないでしょうか。

  9. hima Reply

    こんなにホテル乱立して大丈夫?って思ってCBREのデータを見ていたのですが、やはり数年後には日本中で過剰供給になるみたいですね。比較的空室率はましな方みたいですが、土地が空けばホテルかマンションっといった流れを止めるべく、そろそろ行政が入って計画的な開発をした方がいいのではと感じました。

    • hima

      非常に面白く、画期的な開発の動きですね。あの三宮がこんな感じに変わると思うと、ワクワクしますね。慢性的な大赤字の海岸線にも朗報ですね。特に印象的なのは、「駅前の交通を集約し、公共交通の利便性を高めつつ混雑の解消につなげるのは、高齢化社会を見据えたこれからの流れです」という、時代の流れにそった開発であるところでしょうか。
      写真を見る限りでは、まるで欧米の都市のようですね。この前用事ががあってヨーロッパとアメリカの都市の一部に行ってきたのですが、路面電車とバス専用道の隣はすぐ歩道が走っている都市が多く、歩行者に非常に優しい印象がありました。車道ははどうなっているのかというと、もちろん一部の中心部は走れるのですが、メインは中心部の少し外側に作られた大通りをメインに走っているという感じでした。まさに神戸が目指しているところに近かったです。広島にとっても、全てを真似ることはないとは思いますが、将来を見据えた都市開発の参考にななるのではないかと思います。

    • hima

      ちなみに三ノ宮周辺のタワマン建設規制の条例が施行されます。要は中心地をきちんと商業区にするためです。広島も、初めは都会っぽくなってきた風に見えましたが、趣のない建設が増えて残念なので、高さ制限や住宅と商業の地区の区分けなど、もっと積極的に行って欲しいですね。

  10. むーばす Reply

    THE KNOT ホテルは横浜と新宿の2店舗共に老朽化した
    ホテルのリモデルでした。今回の広島は初めての新築。
    どの様な機能やデザインが取り入れられるのか興味大
    です。

    当地に昨年末に出来たWeBase高松もワシントン
    ホテルをコンバージョン。上階のレストランエリアは
    ホステルにした上で、ロビーと朝食会場はかなりカジュ
    アルな出で立ちに大変身。昼間から夜はワーキング
    スペースやセミナー、ワークショップなども行える
    フリーなスペースとして活用されています。

    外国人や若い人が圧倒的になっておりましたので、
    THE KNOT ホテルも同様の客層になって行くのでは。
    あと相鉄ホテルはグランドが新たに冠に入るため、
    よりアッパーなグレードに進化して行くのかと。
    たしかにホームページを見ると、スィートルームまで
    フルラインを備えていましたのはビックリしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。