JR大竹駅が2023年度に橋上化へ! 自由通路のイメージ図も公開

大竹市とJR西日本は、自由通路の整備と駅舎の橋上化を行う「JR大竹駅」の駅舎のデザインを公表しました。
大竹駅は広島県内で最も西に位置する駅かつ、大竹市の玄関口です。
1日あたり6,000人以上の乗降がある駅ながら、
駅舎のバリアフリー化が行われておらず、国道2号のある西側には駅舎が設けられていないなど利便性は低い状態にありました。

大竹市は2020年度にも整備工事に着手し、2022年度末の自由通路の供用開始を予定しています。
また、合わせて既存の西口広場のリニューアルと東口広場の新設も計画されており、
こちらは2023年度末の供用開始を目指します。

Sponsored Link

大竹駅自由通路・橋上駅舎イメージ

【大竹市】:大竹駅周辺整備事業について

【JR西日本】:大竹駅自由通路・橋上駅舎のデザインについて


西口イメージ図
(上記大竹市HPより)

 


東口イメージ図(上記大竹市HPより)

【大竹駅自由通路】

  • 幅員4.0メートル、延長約127メートルの歩行者専用道路
  • エレベーター2基(東口・西口広場側に各1基)
  • 公衆トイレ1カ所(多機能トイレ含む)

 

【大竹駅橋上駅舎】

  • エレベーター2基(各ホーム1基)
  • 自動改札(3通路)
  • 券売機(2台)

【駅舎コンセプト】
(1)地域拠点として市民アンケートによるコンセプトの絞り込みと、使いたくなり、活気が生まれるように駅舎からの見晴らしも楽しめる機能デザイン
(2)明るく快適な空間づくりに自然換気・自然採光を採用した環境デザイン
(3)駅舎外観は落ち着いた色合いとし、「和紙でできたこいのぼり」をイメージしたデザイン
※注釈:駅舎のデザインについては、大竹のイメージについて実施された大竹市のアンケートで、特に回答の多かった「大竹和紙」「こいのぼり」という市民の意見が反映されています。

(JR西日本HPより)

東西駅前広場の再整備も予定

南北自由通路の整備だけではなく、既存の西口広場はロータリーの再整備や人々の交流広場を整備。
駅の東側にも駅前広場を整備することで、東西の回遊性の向上と、ロータリー整備による交通利便性向上を図ります。

大竹駅周辺整備事業全体平面図(PDF:1.1MB)

 


大竹駅全体イメージ(大竹市HPより)

 

現在手持ちの大竹駅の写真がないので、大竹駅周辺の航空写真です。

少し前に大竹市で仕事をしたことがありますが、現状では東口がないため、
ぐるっと地下道を回り道しなければならず不便な状態でした。

大竹市としても玄関口となる駅ですから、今回の自由通路整備と駅の橋上化は悲願だったでしょう。

 

近く、現地の状況を確認しに行ってきます。
(建設中のレポートをしっぱなしになっている大野浦駅も合わせて…)
可能な範囲のサイクルでこれから定期的なレポートもしてみたいです。

 

大竹駅自由通路は、2022年度末の供用開始、
大竹駅西口広場のリニューアルと東口広場の新設は2023年度末の供用開始予定です。

Sponsored Link

11 comments

  1. bob Reply

    やっと大竹駅まで整備されることになりましたね ここまで長かった
    パースからして恐らく一階にはセブンイレブンあたりがテナントに入りそうですね
    現駅に入ってる居酒屋とか無くなるのはちょっと残念
    まあ多分近くで営業するだろうけど これを機に大竹駅前も活性化してもらいたいです

  2. 元旦 Reply

    カテゴリーが廿日市市になっているのが、ちょい哀しい。

  3. 鯉党α Post authorReply

    皆様
    コメントありがとうございます。
    カテゴリ名を「広島県廿日市市・大竹市」に変更しました。
    失礼致しました。

  4. チャム Reply

    山口の東の玄関口和木駅・岩国駅に次いでやっと広島の西の玄関口大竹駅リニューアル大変嬉しく思います

    広島駅のリニューアルを起点に周辺街作りが進んでいるように大竹駅のリニューアルを起点に街作りが進めば良いと感じてます

    [1]晴海地域もしくは小方学園(団地)に広島大学・修道大学の分校(大竹キャンパス)もしくはお隣り廿日市の看護大学の分校の開設
    高齢者も若者も住める街作りをして頂きたいです(街の活性化には若者のエネルギーが重要)

    [2]晴海地域のゆめタウン大竹店周辺に映画館やラウンドワンやカラオケなど屋内で楽しめるスポットが欲しいです(岩国・廿日市・大野からの人が集まるスポット)

    [3]亀い城跡地や大竹港からでてる船がでてる島の観光化(島の反対側のビーチ整備やキャンプ場整備など)

    [4]大竹駅から出てる各コミュニティーバスの活性化

    (1)大竹駅から錦帯橋経由岩国錦帯空港線の新路線
    (2)大竹駅から小方学園 への新路線
    (3)現存の晴海地域への増便

    [5]廿日市まで延びてるバイバスを大竹駅前までの延長

    [6]JRが天候などで運休になった場合や防災も含め広電宮島線の大竹駅経由岩国駅までの延長

    など駅を起点に街作りをして頂きたいと願います

  5. MT Reply

    現状だと東側に住んでる人は遠回りしなくてはならないので、自由通路が出来たら便利になりますね。同時に分断されている東西の行き来も便利になります。
    広島地区のJR駅は、国鉄時代には地上駅舎だった事もあって大半の駅が一方向からのアクセスのみ可能になっていました。
    海田市・向洋・西広島・五日市・廿日市・宮島口・大野浦・玖波・大竹。
    この内、西広島・向洋・玖波には簡易的な出入り口が設けられて便利になりました。
    海田市・五日市・廿日市・大野浦は橋上駅舎に建て替えられた結果自由通路が造られ便利になりました。
    西広島は現在建て替え工事が行われています。
    玖波はこれ以上の改良工事は行われない気がします。
    向洋・海田市は東部地区連続立体交差事業により高架駅に造り替えられる予定です(未定?)
    残るは宮島口と大竹ですが、やっと大竹が便利になりますね。
    宮島口は瑞風対応工事は完了してますが、自由通路などは予定してないんでしょうか。

  6. タミー Reply

    ブログの改善、迅速な対応に感謝致します。ありがとうございます。

    大竹駅の東側の方々の利便性が大幅に向上される様ですね。

    駅がすぐそこにありながら、大回りを強いられていた方々は、これまでの不満から、駅東口周辺の整備計画には、大きな期待へと一気に好転したことと思います。

    JR山陽本線は広島広域都市圏の中で唯一電化複線により、定時性・速達性を確保出来、更に大量輸送が可能な鉄道です。

    この、今すぐに使えるJR山陽本線は広島広域都市圏の生命線とも言える路線です。

    ここ数年、多数の駅の新設、全車両新型への更新、従来の駅の改良により、山陽本線の利便性が急速に高まり活性化を図られています。

    迅速な対応を行っているJR西日本様には大変感謝しています。

    願わくは、JRの広島シティネットワークの地域を広島広域都市圏協議会に加盟している柳井・田布施あたりまで広げ、本格的な快速電車の導入による利便性の向上を検討して頂きたいと思います。

  7. 京都人 Reply

    遠恋してた元カノが大竹の子で、高校生の時に新幹線乗り継いで行ってたなぁ。
    駅から見える工場が覚えている光景。

  8. OORer Reply

    山陽本線の橋上化が凄いですね。西広島、廿日市、大野浦、大竹。向洋も高架化されるし山陽本線は生まれ変わってます。

  9. むーばす Reply

    広島駅は県庁所在地の中央駅において唯一、
    特急列車の発着がない駅と以前どこかで見た
    ことがあります。本当なのか?とびっくり
    しましたが、それはさておきよくここまで
    整備に本腰を入れてもらい、JR西日本の
    広島都市圏の活性化策の本気度が伺えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。