広島駅新幹線コンコース リニューアル工事 2019.11(vol.13) 待合室が見えるように

南北自由通路が完成した広島駅では、これまでほぼ手付かずだった新幹線コンコースをリニューアルする工事が行われています。

2019年度末の完了を目指し、
・天井や柱などをリニューアルし在来線部分とデザインを統一
・新幹線改札内の全館空調化
・待合室を3箇所に分け席数を1.5倍に増加

これらを実施することで、のぞみ停車駅にふさわしいグレード確立を図ります。

【JR西日本】:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。広島駅新幹線柵内コンコースのリニューアルについて(PDF形式311キロバイト)

 

前回の状況です。

南北自由通路が完成した広島駅では、これまでほぼ手付かずだった新幹線コンコースをリニューアルする工事が始まりました。 2019年度末の完了を目指し、 ・天井や柱などをリニュー

 

先月下旬、JR西日本は新しい待合室と店舗を11月20日に開業させることを明らかにしました。
メインとなる最も奥の待合室はカフェを併設し、マツダ車の展示やマルニ木工のベンチを設置した「広島のものづくり」を体感できる空間とします。

JR西日本は、リニューアル工事を進めている広島駅新幹線コンコースについて、 2019年11月20日(水)に新しい待合室と店舗を開業させることを明らかにしました。 新しい待合

【JR西日本】:広島駅新幹線柵内コンコースに新たな待合室・店舗が開業

Sponsored Link

 

足場は完全撤去!柱の美装化も

今回も自由通路の新幹線改札口からスタートしていきます。

 

 

このとおり、これまで残されていた足場が完全に撤去されました。
天井の化粧板の設置が終わったということですね。

 

在来線のりかえ口付近から見るコンコース。

右手が先程の新幹線改札口付近です。
ご覧頂いて分かる通り、天井はほぼ全域できれいな化粧パネルで覆われました。
右手(改札側)の柱も最新のパネルで美装化されています。

中央付近には巨大な面発光のLED照明が配置されています。
それに引き換えというか、改札付近の暗さが少し気になります。
まだ床のタイル化が終わっておらず濃い色の床をしているから、というのもあるので最終的な雰囲気はどうなるかわかりませんが、
来広者の最初のゲートとなるだけに、もう少し明るくて目立ってもいいと思います。

 

上の画像にも写っていますが、一部張り出した「梁」の部分の美装化も進みつつあります。

パネルを取り付けるための支持具が設置されています。

 

13・14番のりば階段側にある店舗など。

こちら側の店舗スペースには、反対側にある「おみやげ街道」店舗内から、
テイクアウトの食事や定番みやげ店など8店舗が移転します。(にしき堂、藤い屋、やまだ屋、廣島香月、モーツアルト、楓乃樹、いずの、廣島驛辨當)

こちらの梁も美装化の途中ですね。

 

エスカレーター下に設けられた自販機スペース。

左側の黒いところは広告スペースでしょうか。

 

それでは奥の新しい待合室へ進んでいきます。

 

仮囲い撤去で待合室の全貌明らかに!

コンコースの一番奥に設けられるカフェ+待合室です。

真正面が、これまで仮囲いで覆われ何も見えなかった部分です!
ついにそれらが撤去され、新しい待合室の姿が見えるようになっています!!

 

こうして見ると、周囲の柱とエスカレーターがあることで、かなり奥まったところにあるなという印象が強いです。

 

おおおお!!
奥まってはいますが、コンコース全体の白いモノトーンの色調からは明らかに違う落ち着いた空間で、「あそこになにかある」というのは直感的にもはっきり分かるようにはなっています。

 

待合室内を。

待合室というよりは待合スペースです。以前までは囲いがされて内部だけ空調が効いている状態でしたが、
今回のリニューアルで全館空調化されるため、囲いで「待合室」にする必要はないのですね。

画像では少し分かりにくいですが、照明も暖色系になっている他、床も木目や黒のタイルが組み合わされ非常に落ち着いた空間になりました。
奥のシャッターの奥は、カフェ「ドトールコーヒー」の店舗で、この中にももちろんイスとテーブルが設けられるので、以前と同等のスペースはあります。

 

反対側から振り返ってみます。

 

柱にはきちんと新幹線の発車時刻が分かるよう液晶モニターが埋め込まれています。
JR西日本のリリースによると、この手前にマツダ車(開業時点は新型SUV「CX-30」)がおかれるはずです。
照明もかなり気合が入っています(笑)
天井にはプロジェクターのようなものも確認できます。

 

在来線のりかえ口横に新設された待合室も、あれはあれで広くて快適ですが、
一線を画する空間です。

南北自由通路が完成した広島駅では、これまでほぼ手付かずだった新幹線コンコースをリニューアルする工事が始まりました。 2019年度末の完了を目指し、 ・天井や柱などをリニュー

 

待合スペース横の状況です。

 

左から「モバイルコーナー」と、「キッズスペース」が見えるようになりました!

 

「モバイルコーナー」の内部。

かっこいい(笑)
公衆無線LANや電源コンセントを8席分確保したスペースです。
こちらにもLCD発車標が完備されています。
「モバイルコーナー」は首都圏や京阪神の大きな駅にはすでに設置されているようですが、広島駅では初登場となりますね。

 

続いて「キッズスペース」。

みんな大好き500系をモチーフとしてデザインされているそうです。
手前のカバーが掛けられているものは500系のイラストが描かれたパネルですね。

こちらにも当然のようにLCD発車標が設けられています。

 

表側から見るキッズスペース。

このように完全にエスカレーターの影になっているんですよね。
しっかり使ってもらえると良いのですが。

 

飛び出した梁の美装化状況が見られました。

先程少し触れたものです。天井と同じようなグレーのパネルが取り付けられていくようです。

 

トイレがある11・12番のりば側の階段付近から見てみました。

やはり壁がなくなったので雰囲気が一変します。

新しい待合室と店舗は2019年11月20日開業する予定です。

柱や床の美装化や全館空調化など工事は引き続き行われ、2019年度末にはすべての工事が完了する予定です。

 

可動式ホーム柵が設置される新幹線ホーム

先月のプレスリリースで、待合室の開業とともに、広島駅新幹線ホームへの「可動式ホーム柵」の設置についても発表されました。

発着本数の多い、11番のりば(博多方面)と14番のりば(東京方面)を対象に、
2021年度までに設置され運用を開始します。

 

14番のりばの現状です。

 

2020年度に11番のりばへ、
2021年度に14番のりばへ可動式ホーム柵が設置され、使用を開始する予定です。

Sponsored Link

9 comments

  1. 張さん Reply

    先日とある書店で読んだ書物に書かれていたのですが、広島は山陽新幹線内で新大阪に次いで2番目に乗降客数が多いそうです。
    その割には今までの扱いがちょっと不憫じゃないかと思いますが、これからどんどん変わってくれるのであればそれに期待するしかありません。

    • @

      実は駅の売上高もJR西日本のなかで2番目に大きいのが広島駅です。
      関西圏ではない地域にたいして投資しなくてもそれだけたくさんの人が利用しますから逆に後回しにされたのかなと思います。
      ※ちなみに売上高1位は大阪駅です。

    • わでぃ

      張さんへ
      書物に示されていたという数字は、在来線を含めてのものでしたか?
      実際、在来線を含めると新幹線停車駅では新大阪に次いで2位に位置していますが、新幹線単体での乗降客数統計はなかなか目にかかることができません……

  2. 社会系 Reply

    新幹線口再開発に続いて、コンコースも高級感が出てきたように思えます。

    ここ数年で、建築の技術が飛躍的に向上していて、
    全国的にも、斬新的で高級感があるデザインが急増してるようです。
    その意味で、広島駅も再開発が遅れた分、より優れたものになったと言えます。

    広島駅は、山陽新幹線内で新大阪駅に次いで2番目に乗降客数が多いことや、
    JR西日本管内では、大阪駅に次いで2番目に売上が多い駅です。
    近年の再開発によって、それにふさわしい駅になってきたのではないでしょうか。

  3. 神楽坂 Reply

    いよいよ次はホームの改修工事に移って欲しいですね。
    ホーム端の線路上空の青空部分を屋根で蓋してくれたら、雨に濡れにくくなるのに。。と思ってしまいます。

  4. ああ Reply

    もうしばらくすると、リニアが開業するので、乗り換え時間を含めても
    東京(品川)から3時間ちょっとで、広島に来ることができ、新幹線が
    さらに利用しやすくなります。だからこそ、支社ビル跡地には、
    超高層ビルの低層階にMICE施設がほしい。周辺にはホテルも
    多くあるし。大規模な展示場は、土地がたっぷりある商工センターが
    ふさわしいと思いますが。

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    新幹線コンコース内に食事出来るのは待合室にある喫茶店だけですが今後もそうなのかな?東京、大阪などから帰り広島駅に着くとやっぱり広島は地方都市だと実感しますよね大都会には無い何かが広島に欲しいですが?

    • 山中ルンペン

      地方都市の雄・広島市 
      人口は多いのに地方都市が大きくなっただけの感じ。
      インフラや交通機関の充実した仙台は、国内最小の大都市で、
      言わばミニ東京という感じ。

      自分はちょっと田舎っぽい広島が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。