広島西飛行場跡地 2021.04 大規模な道路改良とともに進む産業集積

新型コロナウイルス再拡大により、広島県・岡山県にも緊急事態宣言が再度発令されました。
これを受け、当面の現地取材は原則避け、過去の未公開ストックを活用して、ブログ更新を続けていきます。

なお本記事は緊急事態宣言前に取材を行った内容になります。

 

広島県と広島市は、広島西飛行場跡地の有効活用に向け、
導入機能や交通アクセス等の内容を具体化した「広島西飛行場跡地利用計画」を2017年4月に策定しました。
計画では地区内道路等の基盤整備に加え、跡地を広域防災、新たな産業(雇用)、スポーツ・レクリエーション、新たな産業(にぎわい)の4つに分けて、それぞれ開発を行います。

【広島市】:広島西飛行場跡地利用計画[PDFファイル/1.8MB]


(上記資料より)

 

この中で「新たな産業(雇用)」エリアについて広島県が事業予定者を募集し、
産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」として開発を掲げた大和ハウス工業が選定されました。

今回は基盤となる道路整備の状況と、跡地内の開発状況を取材してきたのでご紹介します。

Sponsored Link

 

跡地活用に向け道路アクセスが大幅改善!

まずは基盤となる道路の改善からご紹介していきます。
車載動画にまとめました。

ちなみに今回から撮影車が「MAZDA3」に変わりましたよ。

ご覧いただいてお分かりの通り、西飛行場名物だった、あの直角クランク2つが解消され、
4車線の広々とした緩やかなS字に生まれ変わりました!これは感動です。

 

現場にあった工事の看板です。

左下に概略図があります。ターミナル近くの2箇所のクランクが緩やかなカーブに変わっているのが、まずは図面でお分かりいただけるかと思います。

 

実際に、旧西飛行場のターミナルビル跡地前から、空港通りを進んでいきます。

 

 

三菱重工の入口と別れたあと、改良された道路が伸びていきます。
驚いたのは広々とした4車線道路と、完全に分離された自転車専用道路です。
ここだけで、「メッチャ変わった」と衝撃を受けました。

 

いよいよ、旧クランク区間。

 

 

 

「ザ・旧道」!こういった旧道、残地を見るのは好きですね。
ただ、廃止されるのではなく、何らかの用途として残されるようで、
片方からのみアクセスできるようになっていました。

 

2つのクランクをショートカットするように、緩やかなカーブで右に左に曲がり、マリーナホップ方面に伸びていきます。

 

この区間、上下線両方に、こうして分離された自転車道が整備されています。
後ほど紹介する跡地開発で、将来交通量は飛躍的に増加することが予想されます。
沿線には山陽高校や商業施設のマリーナホップもあることから、かなり安全性に配慮し設計されています。
用地に有り余る程の余裕があることも実現の後押しとなったのでしょうね。

電線・電柱の地中化もお願いしたかったところです…。

 

山陽高校を過ぎ、陸運局の手前で2車線に減少します。

 

 

都市計画上では、この先も4車線化にする予定はあるようです。

 

 

物流施設に研究開発施設など進む跡地開発

ここからは、実際に広島西飛行場跡地内、かつて滑走路だった場所で行われている開発の紹介です。
冒頭にご紹介したように、跡地内の「新たな産業(雇用)」ゾーンは大和ハウス工業による産業団地「広島イノベーションテクノポート」開発が行われています。

【大和ハウス工業】:産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」を開発します

■産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」の概要
 名  称     :「広島イノベーション・テクノ・ポート」
 設置場所     :広島県広島市西区観音新町4丁目2874番165 他4筆
 事業規模     :約200億円を予定(土地と建物)
 事業面積      :約9.8ha(「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島」の約4倍)
 販売予定面積   :約8.1ha

■事業スケジュール
2018年12月   :広島県と広島市との基本協定書締結
2019年3月    :土地売買契約締結
2019年5月    :土地決済、所有権移転
2019年5月24日 :造成工事着工、販売開始
2020年3月    :造成工事完了(予定)
2020年4月    :建物着工開始(予定)
2022年春  :分譲完了(予定)

 

広島湾に面する最も南側の「新たな産業(にぎわい)」は、応募はあったものの事業者選定には至りませんでした。

【広島市公式ホームページ】:広島西飛行場跡地活用に係る事業予定者募集の結果について(2018年4月4日)

 

事業者選定された「新たな産業(雇用)」で核となるのが、ダイワハウスによるマルチテナント型大型物流施設「DPL広島観音」です。

 

 

【大和ハウスグループ 】:中国・四国地域最大の物流施設「DPL広島観音」着工

■建物概要

名称 「DPL広島観音」
所在地 広島県広島市西区観音新町4丁目2874番165 他4筆

工業団地「広島イノベーション・テクノ・ポート」内

交通 山陽自動車道路「五日市インターチェンジ」および

「廿日市インターチェンジ」から約10km

敷地面積 39,551.75㎡
延床面積 96,558.52㎡
構造・規模 鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 5階建て
設計・施工 株式会社フジタ
着工日 2020年6月1日
竣工日 2021年11月30日(予定)
総事業費 約180億円

 

広島のマルチテナント型物流施設は、五日市港の「DPL広島五日市港」や、
同じ西飛行場跡地向かい(三菱重工の北側)、三井不動産による「MFLP広島」などが挙げられますが、
建設中の「DPL広島観音」はそれらを上回り、広島最大どころか中四国地方最大規模を誇ります。

観音地区に2棟もこうした巨大物流施設が進出するのは、やはり道路を軸とした広域なアクセス性の良さがあるからでしょう。
広島南道路、広島高速の恩恵です。

なお「DPL広島観音」は全10区画の内、9区画ですでに契約済みとなっているようです。

 

さて、「DPL広島観音」の北側の区画も分譲先が決まり、開発が始まろうとしていました。

 

 

先日話題になりました、地場企業「モルテン」の本社兼研究施設が新築移転される用地です。

 

【モルテン】:molten [the Box]

【株式会社モルテン テクニカルセンター】

愛称 molten [the Box]
住所 広島市西区観音新町4丁目
延床面積 14,993平方メートル
敷地面積 18,446平方メートル
階数 4階建て
着工予定 2021年7月
竣工予定 2022年8月
業務開始 2022年11月1日(株式会社モルテン 創立記念日)
デザイン監修 サポーズデザインオフィス株式会社
コンストラクション・マネジメント 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
設計・施工 株式会社フジタ

現在横川にある本社を移し、テクニカルセンターとして統合させるようです。
ただの研究施設ではなく、デザイン監修にこちらも広島出身の建築家、谷尻誠氏率いる「サポーズデザインオフィス」が担当。(建替え中の広島駅ビルのデザインも監修します)
更に日建設計もマネジメントに加わるという豪華な布陣です。

 

コンセプトムービーが公開されており、開放的で凝った内装を見ることができます。

 

 

「DPL広島観音」の南側です。

こちらについてはつい先日、同じくダイワハウスにより「広島イノベーションテクノポートⅡ」として開発されることが、プレスリリースされました。

【ダイワハウス】:産業団地「広島イノベーション・テクノ・ポートⅡ」を開発します

(上記HPより)

 

広島ヘリポートに向けて戻っていきます。

 

ヘリポートの敷地に面する北側は、公園として整備されていました。
離発着するヘリコプターが意外と近くから見ることができます。
見物スポットになるかもしれません。子どもも喜ぶのではないでしょうか。

 

こちらは現在のターミナルビル。

 

空港時代の管制塔が解体され、新しい建物に建て替えられました。
ロータリーを潰して何か工事をしています。
駐車場にでもなるのでしょうか。

 

広島南道路・広島高速3号線方面と、三井不動産「MFLP広島Ⅰ」。

かつての広島の空の玄関口が、産業の街に生まれ変わろうとしています。

路線バスがあるとはいえ、やはり車でのアクセスが最も便利な場所です。
ダイワハウスによる産業エリアの本格的な分譲・開発はこれから始まります。
広域アクセスのしやすさを活かし、臨海エリアの産業集積が進むこと、
そして相乗効果的に広島高速3号線の利用促進と早期の4車線化・延伸に期待したいです。

Sponsored Link

11 comments

  1. ぽん Reply

    西飛行場跡地は閉鎖されて以降、長いこと目立った開発もなく懸念されておりましたが、ここにきて立て続けに大型施設の建設ラッシュで嬉しいというよりひとまず安心しました!
    ここが広島空港だったらなあ、と未だに妄想してしまう自分もおりますが。。
    また、まったく話は変わりますが、ようやく広島市の人口が120万人突破しましたね!寸止めの期間が長く非常にヤキモキしました。ひとまずこれで胸を張って120万人都市と名乗れます!
    しかしながら、一方で広島県としては大幅な人口減少。。一極集中が加速していますね。

  2. 宇治金時 Reply

    つい先日マリホに行くとき、改良された道路を車で通り、感激しました。
    このような改良は、どんどん進めてほしいものです。
    話は変わりますが、ひさしぶりにマリホを訪れて、閉まっている空間の多さに
    驚きました、現在のコロナの影響もあるかとは思いますが、話題になった水族館も、休日にもかかわらず数人のお客しかおらず、多くの店もガランとしておりました。
    私案なのですが、マリホもアウトレットモールから、広島市近辺にない遊園地に転換したらどうでしょう、隣の自動車学校跡地も空いているようなので、今のマリホサーカスを発展させ、広島市民がいつでも遊びに行ける場所がほしいものです。
    (私ら世代は、遊園地と言えばナタリーを思い出します。)

  3. むーばす Reply

    産業団地はあの場所ですので引く手あまたのはわかります。
    対して一番南側の「新たな産業(集客ゾーン)」の業者選定
    が一向に進んでいないのが気がかりです。
    広島唯一のウォーターフロントエリアの大規模開発となると
    とても期待をしていたのですが。

    並びのヨットハーバーに似合うようなリゾートホテルと
    レクリエーション施設。広島のイメージを一新するような
    洗練された国際的なニーズに対しても遜色ないレベルの
    シティリゾートエリアになるのではとも考えていました。

    名乗りをあげる企業がいないということは魅力が薄いと
    いうことかと。北側のエリアの完成待ちとなっているの
    ならば、まだまだ数年は掛かりそう。
    本来バブル時の計画では出島地区が担ったであろう機能の
    一端でもここへ投入されるといいのですが気長に待ちたい
    と思います。くれぐれも後悔のないような素晴らしい計画を。

  4. 学生 Reply

    外資IRをマリホを含めた観音海岸沿いに誘致できないでしょうか。

    • むーばす

      コロナで人流やインバウンドの環境が変わってしまったので、
      外資IRはすでに日本への興味は薄らいでしまっているようです。
      広島市観音地区ならコンパクトなIRが造れるとは思いますが、
      立地的には中国や韓国からの交通網が発達していて、観光客や
      ビジネス客が訪れやすい九州のほうに分があるのは揺るぎない。

      宮島のある廿日市市と一体となった売り込みが必要でしょう。
      欧米客が多い広島ならではのIRを欧米の企業が考えてくれる
      といいのですが。昨年1月に県から発表のあった「観音地区に
      おける大規模展示場実現可能性に係る検討」の中ではそのような
      検討をなされた形跡はなく、そのような検討すら難しいとの
      判断があったならば、やはり誘致は夢ということになろうかと。

  5. ひろやん Reply

    空き地のまま放置されるよりこうして色々と建設されるのは大変いいことだと思います。ただいつもここの話題が出ると、台風19号などで高潮被害を経験した身としては対策しっかりされているのかな?改善されてるのかな?と心配になってしまう

  6. ヒラ社員 Reply

    産業開発として割り当てられたゾーンが新たな産業(雇用)地区では抽象的過ぎないでしょうか。例えば神戸のポートアイランドの先端医療特区のように何かに専門的で国際的な産業の集積地にならないでしょうか。大きな面積を利用して人工ふ頭の製造拠点にするとか今後ますます需要の高まるであろうインフラ関連建造物、防災関連建造物に特化するとかどうでしょう。インフラの老朽化、無電柱化などで半永久的に需要があるのではと思います。呉の大製鉄所閉鎖後跡地で劣化インフラを再生させこの場所で新インフラを製造し全国に再設置する、というストーリーは夢でしょうか。

  7. ああ Reply

    新たな産業(にぎわい)ゾーンは景色はいいものの、末端で
    アクセスが悪く、目的を持っていく場所だと思います。
    ファミリープールが閉鎖されそうなので、ここに移転するとか、
    イケアを持ってくるとか。
    大型展示場は、JRが使えて集客がしやすい商工センター地区の
    サンプラザと西部第5公園の土地がふさわしいと思います。

  8. 広島の新たな産業=倉庫 Reply

    広島では、新たな産業という言葉は倉庫を指すんですね
    やれ飛行機だ、やれロケットだと三菱絡みで多くの妄想がここのコメント欄では飛び交っていたように思いましたが、彼らは今何を思っているのでしょうか
    地場のモルテン以外では、こちら観音の新エリアは倉庫で肉体を磨り減らす派遣労働者の集積地になってしまうということなんですね。

  9. タミー Reply

    西飛行場跡地のすぐ隣にある三菱重工業グループの民間旅客機開発部門の大幅な縮小のニュースは非常に残念でしたね。

    今後は戦闘機の開発が中心となる様なので広島市内では地域性を考えると、やはり民間機に拘ってしまうのでその点では苦しいところです。

    造船部門の縮小・撤退もそうでしたが、景気が良い時はとても頼もしい存在であっただけに落胆も激しく、好景気時の恩も忘れて私を含めて市民の心は勝手ものです。

    どの企業に限った話ではなく、緊急事態となると、本拠地(将棋の王将)を護る為には飛車・角も捨て駒にせざるを得なくなりますから、支店(ブランチ)経済から、本社・本店(ヘッドオフィス・ホームオフィス)経済への移行が急務だと改めて痛感します。

    その中でのモルテンの動きは非常に勇気づけられますね。

    自動車産業から航空機産業への派生発展的な動きは、国内では中京地区、北関東地区が非常に顕著で瀬戸内地区がその補完的役割を担っています。

    今後は地場自動車関連企業からの派生やスバル(旧中島飛行機)の様なマニアックな企業による開発に期待したいところです。

    戦闘機開発についてはポスト日鉄(旧日新製鋼)呉に期待です。

    シャープの経営危機以降、なりを潜めいましたが、今年3月マイクロンメモリジャパンの東京から東広島市への本社移転でエレクトロニクス部門の集積も本格的になってきた印象を強く受けます。

    船舶→自動車→航空機の流れは新素材(ニューマテリアル)・電子(エレクトロニクス)部門の開発拠点として今後の集積が期待できそうです。

    医療・生物(バイオテクノロジー)については、特に移植医療に定評がある岡山大学医学部関連や広島大学を中心とした放射能研究等世界最先端レベルでの産学連携に期待して瀬戸内地域を牽引して欲しいと期待しています。

    湧永製薬の研究施設やカルビーの研究開発拠点、あじかんやオタフクソース、アンデルセン・パン生活文化研究所等の地場食品加工業界にも期待しています。

    岡山では色々紆余曲折もありましたが旧林原グループのDNAを持つ各企業の復活にも注目しています。

    また、広島県は取壊しを示唆していた旧陸被服支廠2棟を含め3棟全て保存の方向となった様でその活用についても議論が必要です。

    今後も、西飛行場跡だけに拘ることなく、広島広域都市圏、更には瀬戸内地域、中国・四国地区全域の適材適所の開発を推し進めて欲しいと願っています。

  10. タミー Reply

    中国新聞のサイトによると 、7月1日民営化する広島空港に 3店とあります。

    広島高速5号線、東広島・安芸バイパスの開通が見通せる段階にまでなり、漸く民営の広島国際空港としてその機能を果たしてくれそうな希望が持てるレベルになりそうですね。

    広島空港が移転して以降、アクセス等の問題がネックとなり、移転して良かったという声は殆ど聞かれませんでした。

    それだけに、元の空港であるここ西飛行場跡地の広大な敷地の利用については最大限の有効利用が求められます。

    個人的には、現在の広島広域都市圏内で特に不足しているファミリー層向けのレジャー施設をマリホの充実といった現実的な規模からでも是非お願いしたいと思います。

    過ぎた事を悔やんでも仕方がないので、未来志向で頑張りましょう。

    世の中、何が幸いするのか、思わぬ展開もあり、落とし穴ばかりではないと思いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。