JR西広島駅自由通路等整備 橋上化工事 2021.09(Vol.14)

広島市西部の交通結節点である西広島駅では、
アストラムラインが延伸されるのに合わせ、一気に駅本体と周辺のブラッシュアップが一気に動き出しています。
・JR西広島駅の南北自由通路の整備・橋上駅舎の整備(2022年度末開業予定)
・駅南口の約1.8haに、商業・教育・交流施設や100m級タワーマンションを建設する再開発(当初2022年度開業予定)
・アストラムライン西広島駅までの延伸整備と、北口一帯区画整理(2030年前後接続予定)

広島市は、デルタ西の結節点であるJR西広島駅について、 南北自由通路と橋上駅舎を整備する計画を明らかにしました。 1日に中国新聞を通じて公開されたイメージ図などをもとに記事を書
コメントで教えていただきました。 遅くなりましたが、ありがとうございます。 広島駅から岩国方面へ3駅、将来アストラムラインの延伸先となるJR西広島駅の周辺で、 市街地再開

 

前回の状況です。

広島市西部の交通結節点である西広島駅では、 アストラムラインが延伸されるのに合わせ、一気に駅本体と周辺のブラッシュアップが一気に動き出しています。 ・JR西広島駅の南北自由通路

 

Sponsored Link

 

事業概要

【広島市】:西広島駅自由通路等の整備について

南口イメージ(広島市)

 

施設配置図(広島市)

 

【西広島駅自由通路等の整備】

自由通路等の概要 ・延長:約110m(うちJR山陽本線横断部 約40m)
・幅員:8m(一般部)、2.5~3.0m(階段部)
・昇降設備(自由通路):エレベーター2基、エスカレーター4基
・昇降設備(橋上駅舎):エレベーター2基、エスカレーター4基
デザインほか ・内装には天井や壁の一部に木材を多様し、木漏れ日のように太陽光が差し込む
・外観は地名「己斐」の由来となった黒い鯉の言い伝えをもとに、黒に近い灰色を基調に
・自由通路に面した西側にはJRが店舗を誘致
着工予定 2019年度
開業予定 暫定開業:2022年3月(橋上駅舎など)
全面開業:2022年度末(自由通路など)
事業費 約59億円

 

 

駅舎外観の大部分が見えるように!

イメージ図とほぼ同じ角度から。

工事が続けられているJR西広島駅の橋上駅舎。
ついに足場やシートなどが外され、外観が見えるようになりました!

これは感激です。イメージ図の再現度がかなり高いです。

 

「コイ・プレイス」からも。

 

 

近づいて見てみます。

 

 

手前の「ガラスの箱」とも呼べるような空間は、自由通路から地上に降りる階段部分にあたります。
自由通路から直角に折れて1階に降りる構造は、岩国駅や西条駅などを始め多くの広島都市圏の新しい橋上駅舎で見られます。

上部には木材があしらわれています。夜間に間接照明でライトアップされると綺麗でしょうね。

 

階段を登った、自由通路部分。

本当にガラスの面積が大きく、開放的です。
一番左端に足場が設けられていますが、計画ではここから広電西広島駅の方に向けてペデストリアンデッキが広島市によって整備されます。
駅舎開業と時期はずれそうですが、西広島駅前の再開発にも関連してくるはずなので、
それとタイミングを合わせる事も考えられます。

 

上屋は東側に開けたハイサイドの明り取りが設けられているのですが、変わった構造をしています。

膜?ビニールシート?弧を描いた枠に取り付けられていました。

 

自由通路の突き当り。

木材が使われた高い天井までガラス張りで採光します。
通路に沿って店舗も設けられます。

 

別の角度から、明るい通路を。

これは早く通ってみたい。

 

 

現状とは比べられない立派な北口

北口に移動しました。
こちらも南口と同様に、外観があらわになっています!

 

これは凄い・・・。駅名看板がなければ西広島駅とは思えないですね。
現状は簡易的な改札があるのみの北口ですが、周辺の区画整理およびアストラムライン西風新都線の整備に合わせた都市計画道路の整備に伴い、
JR西広島駅の北口駅前広場が広島市により整備されます。

ここが己斐の顔になるのですね。

 

現在の改札付近から。

 

階段の上屋にも木材が使用されています。ちなみにこの自由通路階段にもエスカレーターが設けられる予定です。

 

 

ホーム上から見上げる橋上駅舎

改札内に入りました。ホーム上からの様子です。

 

現在はこのように、従来の古い跨線橋やホーム上屋と真新しい橋上駅舎が同居する状態。

 

跨線橋から。

2022年に駅舎が暫定開業した後、現在の跨線橋を解体し画像手前向きに降りる階段・エスカレーターを設置します。
外壁の色が変わっている場所が階段が取り付くところです。

 

反対側の階段。

 

 

エスカレーターも設置されます。

 

2・3番のりばから。

岩国方の端が供用開始に向け綺麗になってきました。
上屋は新設されたものです。

 

先程見た、北口の階段。

 

JR西広島駅の自由通路整備・橋上化工事は、
2022年3月に橋上駅舎などが暫定開業、2022年度末に自由通路などが全面開業する予定です。

Sponsored Link

10 comments

  1. カリン様 Reply

    西広島駅綺麗になりましたね、ガラスがたくさん使われているので駅内が大変明るそうです。西広島駅はあまり利用しませんが、開業したらぜひ利用したいです

  2. BJ Reply

    南口の商店街はいつになったら開発するの?あと北口のあのごちゃごちゃした住宅街はほんまに立ち退いてくれるの?またお得意の20年30年後くらいやろ 
    ついでに広島駅前の西口の飲み屋街はどう見ても汚すぎる
    周りは開発されてあそこだけ完全に浮いてる なんであそこだけそのままかおかしい エリアで見たら開発の重点地区に入ってるはずやけど またゴネ得か

    • ASCEN

      メディアやネットにあまり出てこないんでご存じないかと思いますが、北口の住宅街は本格的な整備に備えてかなり立ち退きも進んでいていますよ。
      それと広島駅前の西口の飲み屋街、通称エキニシのことをおっしゃっているのかと思われますが、あれはあれで最近では昭和の風情があるってことで注目を浴びていますよ。もちろん今はコロナ禍で大変でしょうが…
      建物も老朽化がかなり進んでいて将来的には再開発の対象になるものと思われます。

    • うわのそら

      立ち退き当事者です 黙っていられなくて投稿します 区画整理話が始まって数十年どうなるかわからない不安な毎日
      当事者たちは独居の女性超高齢者ばかり 仮住まい?見つからないです 引っ越し二回?体力もつでしょうか 今から住居をこわして建築しなくてはなりません 固定資産税上がります 一種から商業地になります でも百年近く住み慣れた土地で暮らし続けたいのです 当事者たちの苦悩は計りしれません スマホもパソコンも出来ない人ばかりです 苦悩をぶつける術はないのです 少しでも分かっていただきたく投稿しました

  3. もみまん Reply

    やはりアストラムは新井口駅に通すべきでしょう。広電と重複するので完全に環状線化は無くなったな。
    新井口〜広島サンプラザ〜商工センター〜LECT〜観音〜江波〜光南〜吉島〜鷹野橋〜中電前〜本通り

  4. いのっち Reply

    これ程の素晴らしい駅が出来て羨ましいです。副都心的な拠点になりそうですね。
    朝の通勤限定で、混雑全国4位の 可部線下祇園駅の整備も始まり
    もうすぐホームの工事が行われる模様です。自由通路も。
    (北部は皆さん興味無いと思いますが)

  5. 己斐 Reply

    何も知らないで自分本位に勝手されては迷惑です。貴方のようなバカなコメンテーターが全てを誇張しているのを普通の人は辟易しています。

  6. いのっち Reply

    己斐さんへ
    この場は、鯉党さんの素晴らしい情報を基に、自分の想いをしっかり皆さんで共有するところだと思います。街の移り変わりに関する論評でもないしかも、誰に対して誹謗中傷的なことを言われているのかよくわかりません。そんなに失礼な内容は見受けられませんが。いつも楽しみにしている私にはショックでとても残念なコメントに心を痛めています。

  7. 駅舎 Reply

    隣の横川駅がリニューアルされて、早いもので約20年。
    このJR西広島駅は、長くそのまま残り、
    「THE 山陽鉄道」という感じのどこかノスタルジックな駅舎でしたが、
    あまりにも近代的な新駅舎に驚いています。
    ノスタルジックな駅舎と言えば向洋駅ですが、こちらも建て替えられますね(高架化に伴い)。
    向洋駅によく似た可部線の下祇園駅も建て替えられます。
    広島近郊の歴史ある駅舎も減りつつありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。