渋谷スクランブルスクエア 2022.04 都心の空に手が届く『SHIBUYA SKY』

2022年4月の東京旅行記です。
これまでに、主な目的だった関東マツダ様の板橋本店や、
大手私鉄の2駅をご紹介してきました。
下にリンクをまとめておきます。

どこか高いビルに登らないわけには帰れま10ということで、
渋谷の新しいランドマーク、「渋谷スクランブルスクエア」に設けられた展望施設、「SHIBUYA SKY」に行ってきました。
簡単に画像中心でご紹介します。

 

2022東京レポートのまとめ。

マツダは全国の販売店で、今後のブランド戦略にふさわしい「新世代店舗」へのリニューアルを進めています。 東京都を中心に首都圏に販売店を持つ関東マツダでは、 同社の本社を兼ねた「板
2022年4月、東京に行ってきました。 日本の都市開発の先頭に立つ首都東京の視察取材です。 取材地選定は管理人の趣味ですが(笑)、見応えはあると思うのでお付き合いいただければと
先日このブログで、JR山陽本線の高架化を行う広島市東部地区連続立体交差事業を取り上げました。 この事業により、山陽本線と呉線が分岐する海田市駅は2階に山陽本線、3階に呉線が入る鉄

 

 

渋谷エリア最高峰 スクランブルスクエアの概要

渋谷といえば東急、東急といえば渋谷ということで、
スクランブルスクエアについても東急電鉄(ほか、JR東日本、東京メトロと共同)で行われた開発です。

「渋谷スクランブルスクエア」は渋谷駅の直上を含む広い範囲の開発プロジェクトの名称です。
このうち、第Ⅰ期にあたる超高層ビルの東棟が2019年に開業しました。
第Ⅱ期にあたる中央棟、西棟については2027年度の完成・開業を予定しています。

(東急株式会社『渋谷再開発情報サイト』より)

 

以下、東棟のみの概要です。

 

名称 渋谷スクランブルスクエア(東棟)
高さ 〔最高高さ〕229.706m
階数 地上47階・地下7階
用途 物販店舗、飲食店舗、事務所、展望施設、駐車場
構造 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 15,275.55平方メートル
建築面積 18,216.49平方メートル
延床面積 181,000平方メートル
着工 2014年6月
竣工 2019年8月
建築主 東急株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
東京地下鉄株式会社
設計者
(主体のみ)
渋谷駅周辺整備計画共同企業体
・株式会社日建設計(全体統括・建築・基本設計・実施設計・変更設計・監理・オフィスB設計)
・株式会社東急設計コンサルタント(建築・設備・監理・土木)
・株式会社JR東日本建築設計(建築・監理)
・メトロ開発株式会社(建築・土木)
・隈研吾建築都市設計事務所(低層部デザインアーキテクト)
施工者
(主体のみ)
渋谷駅街区東棟新築工事共同企業体
・東急建設株式会社
・大成建設株式会社

Wikipediaより)

高さは渋谷エリアで最高となる約230m。
延床面積も含めとんでもない規模です。

 

通りを挟んで「渋谷ヒカリエ」と向かい合います。

東棟の外観は非常に変化に富んでいて、下半分は斜めに切り取られたようなルーバー状のファサードが組み合わされ、変則的な逆三角形の大型ビジョンが設けられているのが大きな特徴です。

 

こちらは2017年11月、建設中の渋谷スクランブルスクエアを写した画像です。

 

何気なくシャッターを切った写真ですが、撮っておいて良かったです。

 

 

東京随一の開放感 屋上展望施設「渋谷スカイ」へ

渋谷スクランブルスクエア東棟の最上階47階には、屋上展望施設が設けられています。
「SHIBUYA SKY」と名付けられた、渋谷で一番高いビルから街並みを見下ろすことができるということで、これを目当てに行ってみました。

 

展望スペースは完全にビルの最高部で、ヘリポートを兼ねた屋外に設置されています。
手荷物はカメラかポケットに入るものだけ。バッグなどは地上からのエレベーター到着階でロッカーに預ける必要があります。
そこから屋上へ上がっていきます。

 

このエスカレーターですでに大興奮。
200m以上の高さでビルの縁を上がっていく感覚は非日常感にあふれていますよね。
高所恐怖症の人は辛いかもしれません。階段かエレベーターで上がりましょう。

 

渋谷で一番高い場所に到着。

 

 

視界を遮るものが何もない!
高いビルだらけの東京だからこそ、ここは空が非常に近く感じます。
寝そべりたくなる気持ちがよくわかりますね。

 

帰りも同様にエスカレーターを降りていくことになります。

注:ここは高さ200m以上、47階建てのビルの屋上ですw

 

「空」の文字をかたどったモニュメント。

 

 

景色も少し見てみましょう。

南側に位置する「渋谷ストリーム」。Googleの日本法人が入ることでも知られています。

 

南東の品川方面。

 

東側、六本木・東京タワー方面。

 

超高層ビルに囲まれつつある東京タワー(333m)と、この距離からでもひと目でわかる東京スカイツリー(634m)。

東京タワーの左側に見える建設中のビルは、森ビルによる「虎ノ門・麻布台プロジェクト」のA街区。
高さは330mと日本で最も高いビル(地上64階)で、世界で通用する人や企業をターゲットにしたオフィス・住宅・商業施設・広場などを整備します。

プロジェクト全体の総事業費は5,800億円、総延床面積は約86万4,000平方メートルに上ります。

 

 

屋内でも過ごせる「スカイギャラリー」

屋上展望台を後にして、46階の「スカイギャラリー」へ。
屋内から景色とともにデジタルアート作品などが鑑賞できます。
軽飲食も楽しめます。

 

 

 

これだけのビルですから屋内の展望スペースも広く、ほぼ360°景色を眺めることができます。

以上、「SHIBUYA SKY」のレポートでした。
大人1人2,000円(Webチケットは1,800円)と安くない料金ですが、
渋谷という日本で最も先鋭的な街にあって、最初から最後まで非日常感を味わうことができるこの施設の満足度は非常に高かったですね。

 

【公式】:展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」

窓口で購入するより公式サイトで購入できるWebチケットの方がお得です。

・Webチケット
大人1,800円、幼児500円

・窓口チケット(当日券)
大人2,000円、幼児600円

 

最後に、渋谷で非常に興味深いもの。

「アーバンコア」と呼ばれる、人々の垂直移動の動線軸です。
複数箇所ありますが、基本的には地下鉄駅から再開発ビル内まで繋がっており、
各種交通機関の乗り継ぎを分かりやすくする目的の他、スムーズに施設内の商業施設等へ誘導することも狙い整備されました。

谷地形かつ様々な鉄道が重層的に乗り入れる渋谷で、非常に有効に機能していると感じます。

11 comments

  1. 広島リボーン

    広島も基町駐車場再開発ビルに展望台欲しいですよね。ここで出来なければ当分超高層ビルの計画無いので市内一望するには山しかないです。

  2. いのっち

    東京の情報には新鮮味もないので、できるだけ広島の情報をお願いします。
    片寄った話題ばかりでなく、ツネニ均等に広島の情報を期待していますよ。

    • ファッツ

      管理人氏は既に岡山在住なんですからそう都合よく広島ばかりに出来ない時も有るでしょうに。そもそもこういう再開発を趣味で紹介するサイトって絶対数少ないですし他の街との比較って意味でも悪く無いのでは?閲覧させて貰ってる身として管理人氏の都合と趣味には此方が合わせないとイカンでしょう。

  3. 20代

    基町駐車場の再開発ビルの屋上にもこのような展望施設つくってほしいですねー
    瀬戸内海が見れてスゴイ綺麗だと思うんですけどね!

  4. スラサン

    これくらいの外観、デザインでも広島だと反対されるのでしょうかね…

  5. タミー

    遠方での取材・レポートお疲れ様です。

    でも非常に楽しそうで羨ましい限りです。

    「渋谷といえば東急、東急といえば渋谷」の言葉通り、時代の最先端を走る澁谷の街も田園調布をはじめとする東急沿線の宅地開発等の長い歴史の積み重ねの上に成り立っています。

    私の思い込みかも知れませんが、漫画の世界では己斐・西広島地区が広島の中で、一昔前の東京の中での渋谷の街の立ち位置的存在で描かれている様に思えます。メジャー大谷選手の例の様に漫画でもあり得ないことが実現するのがこの世の面白さでもあります。地下鉄銀座線がJR山手線が十字に交わるのと同様にアストラムライン西風新都線がJR西山陽線と交わることになる己斐・西広島地区の超高層ビルを含む再開発事業にも少しばかり夢を見ることが可能かも知れません?????かつては「己斐といえば広電、広電といえば己斐」でしたからね。

    西風新都ではジ・アウトレット広島があるグリーンフォートそらの他、広島高速4号線出口で広島市立大学入口付近の大規模宅地開発事業の工事現場の看板にも広電建設とありましたので、アストラムライン沿線での宅地開発で広電が活発に街づくりに励んでいる様です。

  6. かずお

    コロナ前にこちらの近くのヒカリエに行きました。
    前日泊ったホテルで見たテレビ番組で「まるで高級ホテルの様なラグジュアリーな女性用トイレ」をレポートしていたのですが、店舗を確保して、女性用トイレを豪華にすると、縮小されるのは男性用トイレです。
    男性用トイレは2フロアに1つだけ、個室は2つだけで、渋谷らしいオシャレ男子が顔を真っ青にして並んでいました。更に2フロア下から駆け上がってきたであろう汗だくオシャレ男子が列を見て愕然としたり。(私は小の方だったので大丈夫だったのですが)
    こちらのビルも人気エリアになりそうな割に男性トイレは2フロアに1つ。
    男性の方がお腹が緩くなりがちな人が多いと思うのですが、そういう人は覚悟して行った方が良いかも・・・

  7. このさきれむ

    職場(リモートで滅多に行かない。。)がこのビルの至近にあるのですが、屋上に上がった事は未だないですね
    仕事帰りだと疲れてどこかに寄る気力も残ってない現実です。。

    広島でも、おりづるタワーに登った事がある人は意外と少なかったりするんでしょうか。
    瀬戸内の素晴らしい景色があるので、高層展望施設のニーズはあると思ってます。

  8. いのっち

    人のコメントにいんねんを付けたり、批判する場ではないのですから、それぞれの想いを書いている以上、このような投稿には管理人さん掲載する必要はないのではないですか?私は片寄らない話題を管理人さんに要望しただけです。
    正直に言います。
    例えば、あの画期的な安佐市民病院の話題など一回も無かったし、可部線の下祇園駅の話題も殆んどないままでした。
    その割には、西広島駅の話題や、宮島口の話題など何回も進捗状況を載せておられます。この事にもっと均等に載せて頂けないのかと要望しているのですが。
    広島の開発全体をもう少し見て発信してほしいものです。
    私はもうこれをもって、管理人さんの情報は拝見しません。
    これまでは色々為になりありがたく思いました。繰り返しになりますが、広島市はあらゆる開発を行っているのですから、岡山から発信しようが、幅広く広島を見た方が良いと思います。

    • 鯉党α Post author

      期待に添えられなかったのは残念です。
      ただ、岡山に住んでいる以前に私一人でやっていますので、取材には限界があります。
      あちこちで大小様々な改良や開発が行われており、全て取り上げるのは不可能です。
      であるなら、都市の心臓たる都心部や多くの人が訪れる観光地など、都市の求心力に直結するような事業に絞って取材を続け、移り変わりを記録していくのがこのブログの方針です。
      そこに対しての偏重は確かに認めますが、ここからは管理人の趣向によるものになりますので、納得頂けないようであればご覧いただかなくて結構です。

  9. いのっち

    管理人さんの趣旨、コンセプトを十分理解せずに要望を行ったことに申し訳ございませんでした。
    私は市北部の出身で、今は離れているため市北部の情報がとても新鮮で嬉しいものでした。ところが何処を拝見しましても、なかなか情報がありません。建設までの過程が一番知りたいことでした。
    今回の事から、お気を悪くされたと思います。これからのご活躍をお祈りいたします。これまでありがとうございました。

Comments are closed.