国道2号線バイパス海田高架橋 整備状況 2019.07(Vol.2) 接続する南道路も延伸着工へ!

国土交通省中国地方整備局広島国道事務所では、国道2号「東広島・安芸バイパス」の整備が進められています。
この内、現在開通している区間の西側終点である海田東ICから先へ約1.4km延伸する工事を昨年10月に始めました。
計画される東広島バイパスの西端にあたり、新広島バイパスの海田西ICまでを結ぶ通称「海田高架橋」の建設工事です。

 

 

前回更新したのは2017年8月でした。およそ2年ぶりに現地の様子を見てきました。

国道2号線「東広島バイパス」の終端部である、安芸郡海田町で 「海田東IC」~「海田西IC」間の平面部を結ぶ高架橋の建設が行われています。 長らく現地に行くことができていませ
スポンサードリンク

まずは、国道2号の新広島バイパス方面(広島市中心部方面)からの車両が最初に引っかかる交差点「日の出町交差点」から。
東広島方向を望みます。

 

以前より橋脚の数が圧倒的に増えており、事業の進捗を感じます。
中国新聞によると、全43基の橋脚の内、32基の橋脚(下部工事)が完了しているとのことです。

 

そこから振り返り、広島市街地方面の状況を詳しくご紹介します。

 

 

ここは、既に供用している新広島バイパスの高架橋、ランプ(海田西IC)、そして海田大橋方面への分岐が重なるジャンクションとなるため、複雑に橋脚が立ち並んでいます。

 

以前は来なかった交差部分。

 

 

まさに「建設中」という、今しか見られない光景です。
今建設している「海田高架橋」はこの頭上を通り、右奥の「新広島バイパス」終端部に4車線で接続します。

正面方向には、このジャンクションから「広島南道路」(国・県)となり、約2km先の海田大橋まで高架橋が連続して整備される計画です。
この区間に関して、先日の中国新聞で今年度着工される予定であることが分かりました!

【中国新聞】:東部延伸 年明け着工


(2019年7月12日付 中国新聞朝刊紙面より)

  • 海田高架橋の橋脚整備が本格化していることを受け、年明けから工事に着手
  • 県道矢野海田線と並行し、海田西IC~海田大橋を高架橋で結ぶ
  • 途中の西明神橋付近にICを整備(ハーフランプ)
  • 将来は4車線化を見込むが、暫定2車線での開通
  • 海田大橋までは無料
  • 開通時期は未定

 

国土交通省や広島県のサイトからはこの区間の情報があまり分からなかったので、ほとんど動いていないのかと思っていましたが、
海田高架橋の整備と合わせ、こちらも工事に着手するようですね。

ここが繋がる事によって、東広島・安芸バイパスから平面部分を通らず直接海田大橋や広島高速2号線、3号線に行くことができるようになり、
定時性の確保された移動範囲が大きく広がります。
高速3号線の先では、ボトルネックだったはつかいち大橋の4車線化も進んでおり、
地域高規格道路としての「東広島・廿日市線」の実現に大いに近づくことになります。
(商工センター内は専用道路ではありませんが)

物流面や、昨年の災害のように山陽自動車道が不通となった際の代替路線として非常に重要な路線ですので、早期開通を願いたいです。

 

海田西IC・JCTから見る、広島市街地、海田大橋方面。

既に用地は確保されています。

 

東広島方面を振り返りました。

 

 

 

今回紹介した区間を動画で。2014年春に撮影したものです。

15 comments

  1. 佐伯ック Reply

    西バイ延伸はまだなのか
    出口糞詰まり状態なのはどうなのかと

    • メソ

      放っとけばいいと思いますがね。南道路の完成より優先すべきとは思えません。

      あと20年ほどして完全自動運転前夜の時代になれば、都市中心部へのアクセスは電子的に整理されて渋滞は気にするレベルではなくなると思いますよ。

    • 仕事であの辺りを通る人

      20年後の夢物語じゃなくて今を何とかして欲しいんですけどね!

  2. タミー Reply

    ラジオで、朝の交通情報を聞くと渋滞情報では、今でも海田大正交差点付近は定番の様ですね。

    国道2号線、広島南道路の整備と共に、府中方面から呉方面(国道31号線)の渋滞も酷い様子なので、そちらの対策も必要だと思います。

    広島呉道路(クレアライン)の拡幅4車線化も早急に対応する様に聞いていますので遅滞無く整備していただきたいと思います。

    最近では、安芸区上瀬野1丁目の一貫田交差点付近の渋滞が非常に深刻ですから、一刻も早い東広島・安芸バイパスの西条バイパスとの接続が求められます。

    自動車産業の街の心臓部分と言っても過言ではない地域なので、昨年の西日本豪雨を教訓に、全ての都市機能が長期間寸断されることが無いよう、迂回路の確保にも全力を尽くしていただきたいと思います。

    橋脚が設置されてから長年放置の状態に見慣れている市民としては、開通するまで疑いの眼で見てしまうことが悲しいですね。

  3. しょう Reply

    この区間も大事かもしれないが、広島南道路・広島高速3号線の
    暫定区間を本来の4車線化を整備していただきたい。
    とくに吉島~出島間は広島高速のみとなっており、
    一般道部分が未完成のため、未だに宇品橋周辺の渋滞はひどい状況。

  4. ひろやん Reply

    海田大橋までつながれば、東方面から宇品や吉島を経由して市内中心部へのアクセスも格段に良くなりますね。その頃には東広島・安芸バイパスも開通しているでしょうから、山陽道が不通になった時の代替ルートとして少しは使えるようになるのではと期待します。あとは完成まで何年かかるかですねえ。

  5. hima Reply

    ゆっくりではありますが、2号線のバイパスが着々と完成しつつありますね。海田の部分が開通すると、非常に便利になるのでしょうね。広島の道路網は日に日に改善されつつあるのを感じます。
    一方で並行して走っている山陽本線の方が私は非常に気になります。バイパスのように、線形をどうにかできないものかと。道路は支持を得やすいですが、鉄道はやはり難しいのでしょうか。

  6. とまと Reply

    暫定二車線での開通はいい加減やめてもらいたいですね。
    道路工事を優先的に行って現在暫定二車線の区間の四車線への拡幅工事も早急に行ってもらいたいです。

    • 地元民

      言いたいことは分かるがこればかりは予算の都合があるしね
      仮に一部だけフルの4車線で開通させてしまって他の区間が暫定2車線ではボトルネックを作ってしまうだけだし難しいところ
      まず全線開通を目指してとりあえず暫定2車線からと言うやり方はまあ予算の縛りがキツイ地方都市ではまだ合理的なやり方ではあると思うよ
      とりあえず暫定でも構わないから早期広島東区間のバイパスの全線開通の方が大事だよ
      もちろん出来た後の交通量の実態に合わせて引き続き順次4車線化に励んで貰いたいけどね
      それにしても今大深度地下トンネル施工してる東京外郭環状道路の予算って異常だよね 1.6兆円ってw
      東京五輪終わったら少しでも地方に分配して欲しいものだ
      地方が終われば東京も終わる

  7. ひろ Reply

    西条の2号線バイパスはいつ4車線化するのでしょうか?ヒドイ渋滞が慢性化してます。広島県内の2号線バイパスは早急に全4車線化して頂きたいです。

  8. むーばす Reply

    東広島廿日市道路は本来であれば20世紀中に、
    完成していなければいけなかった“広島バイパス”。

    お隣の岡山バイパスは約40kmで、東広島廿日市
    道路の約50kmに比べて10km短いだけですが、
    20世紀中には全線開通していて、その後は岡山
    市の政令指定都市に移行による人口増に対応して、
    6車線化と高架道路により立体交差にする事で、
    最高速度も70kmまで上がり、走りやすくなって
    いるようです。広島県内は福山市内のバイパス整備
    も遅れに遅れ、だいぶん前に開通した尾道バイパス
    以降の整備が進まない。

    昼間に一般道を福山市から大竹市まで走破する
    選択肢は時間が読めず取りづらいのです。7年前に
    山陽道渋滞で東広島呉道から西条バイパス、東広島
    バイパス、海田大橋を通って広島市内に入った時に
    見聞きした風景や時間感覚とそんなに変化を感じません。

    東広島バイパスと西条バイパスの間の未開通区間も
    山の中なのに何故時間がそんなにかかるのか?
    公共工事の予算が少なすぎるのか、予算配分を変え
    その気になればもっと早く開通してもいいと思って
    しまいます。

    「広島地下鉄」の珍しい記事がありましたので貼らせて
    もらいます。もしこの計画が実現できていたなら今頃、
    広島都市圏の交通事情は大きく前進していたのか?
    https://trafficnews.jp/post/86851/2

    • ASCEN

      むーばすさんのご意見にはいつもながら共感させられます。かつ、客観的で冷静なご意見。
      私も何故こんなにも時間がかかるのか、おそらく予算の問題だとは思いますが、それにしてもかかり過ぎです。極端な話、一つのインフラが完成するのに一世代過ぎてしまう感覚です。
      むーばすさんが張ってくださった地下鉄案のほかにも、山陽線などとの相互乗り入れをする案もありました。あれなどが実現していれば効率的で市街地の発展も望める交通体系ができていたのではないかと残念でなりません。
      もちろん地下鉄にこだわっているわけではないですが、地下鉄の場合、駅周辺が開発‣発展していくケースが他の都市を見ても感じとれます。
      僕が言いたいのは、道路整備にしろ軌道系の交通網の整備にしろ、もう少しスピード感があってもいいのではないかと思います。
      広電のせいだとは思いたくありませんが、否定もできないと思います。

  9. サンフレッチェ大好き Reply

    広島は何かと難しい土地柄なんです。

  10. メソ Reply

    今回の参院選で岸田-溝手-湯崎のラインが敗北し、河井夫婦-檜山のラインが勝利しました。
    今後は旧市内の事業は縮小し、安佐南区と安佐北区の開発、具体的には平成26年豪雨の復興事業が最優先になるでしょう。

    南道路も今回の開発を最後に事実上の凍結になる可能性が高いと思われます。

  11. よしもと Reply

    サンフレッチェ大好きさんに共感です。ごねると得するみたいな県民性なのか、交通インフラに関しては協力的な方が少ないように思います。それも中々進捗しない一因ではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。