来春運行開始!アストラムライン新型車両『7000系』が搬入

広島を走る新交通システム「アストラムライン」に今年度導入される新型車両について、
最初の編成が10月4日に車両基地に搬入されました。

1994年の開業から走る6000系の老朽化が進んでおり、
今後10年程度かけて全ての車両を更新します。

山吹色を継承した新型車両の形式は「7000系」となり、安全性や快適性、省エネ性能などが大きく向上します。

発表時の記事はこちら。

メール、コメントで教えていただきました。ありがとうございます。 新交通システム「アストラムライン」を運行する広島高速交通は、2019年度から新型車両を導入する事を発表しました

Sponsored Link

【NNNニュース】:アストラムラインに新型車両

【NHK】:アストラムライン新車両を公開

開業から25年がたったアストラムラインは、新型車両を導入することになり、最初の車両が広島市の車両基地に運び込まれました。

(中略)

「7000系」と名付けられた新しい車両は、現行の車両と同じやまぶき色を中心にデザインされています。
会社によりますと、現在の車両に比べて幅を広げて車内の空間を広くしたほか、座席も1人あたりの幅を3センチ広げたことが特徴だということです。
新型車両は、およそ127億円かけて、あわせて24編成、144車両を10年あまりかけて、順次更新する計画で、最初の車両は、整備や試運転をした上で来年春にも営業を開始する見通しです。


(NHKより)

 


(NHKより)

最初の報道時から音沙汰がありませんでしたが、しっかり製造されていました!
新しいことも分かったのでまとめます。

  • 形式名:7000系 ←NEW
  • 開業から23年に亘って定着してきたイメージカラーの山吹色を継承
  • ベビーカー・車椅子の専用のスペースを整備
  • セミハイバックバケットシート「G-Fit」の採用
  • 1人あたりの座席幅は3センチ広く ←NEW
  • 挟み込みに対する安全性に配慮した乗降扉
  • アルミ合金のダブルスキン構体「Al-fine」、軽量化台車「T-smover」等の採用による省エネルギー化
  • 1編成あたりの重量は5.5%軽量に ←NEW
  • 1期目は2019年度から2025年度にかけて、66両(6両編成×11本)を納入
  • 2020年春から運行開始 ←NEW
  • 2期目で残る78両(13本)を導入し、全24編成すべてを更新

 

形式名は7000系となりました。
現在の車両は開業時から走る6000系、増備された1000系の2種類で、
どちらも導入度年度が形式名の由来になっています。
(平成6年→6000系、2001年→1000系)
今回は、6000系の次ということで、7にあまり意味はないようですね。

フェイスの31はどういう意味があるんでしょう。(編成数は現状24編成ですが)

 

車体はゆりかもめと同型ながら、未来感があってカッコいいです。

延伸される西風新都線も当然ながら走る事になります。

新型車両7000系は、2020年春営業運行を開始し、
2025年度までに11編成を置き換え。(第1期)

2020年代後半までに残る全ての編成を置き換える予定です。

Sponsored Link

17 comments

  1. かな

    かっこいいデザイン。
    JRも広電も新型が走ってるので、これで揃いますね。

    広電もまだまだフライ車両が多いので、更新して欲しいですね

  2. たか

    31は写真にある先頭車の7131の31ですね。
    6000系、1000系に合わせると編成番号になりますね。(wikiより)
    6000系、1000系の全編成の置き換えのようですから
    編成番号が重ならないように31から編成番号を付与したのではないでしょうか?

  3. タミー

    アストラムラインの新型車両、いいですね!

    三菱重工三原から一両ごとに分割されてトレーラーで運ばれて来たそうですね。

    西広島駅が、7000系アストラムラインとJR山陽本線のレッドウィング&広電宮島(軌道専用)線・本(路面)線のグリーンムーバーシリーズ等とが立体交差する駅となるので、特に鉄道ファンにとってはたまらない空間になりそうで今からワクワクします。

    アストラムラインと交差する 西広島駅は広島都市圏と同規模の都市圏に相応しい軌道交通機関の組み合わせをパッケージとして、国内外に売りこむ為の、軌道及び車両の絶好の展示場としての役割も担えそうです。

    それまでには、まだまだ時間がありそうなので、軌道についても車両についても改良を重ね、高品質のプラントに仕上げて、新たな広島広域都市圏の収益源として開発に努めていただきたいと思います。

    • まつ

      エイペックス、7000系と導入されれば、東京よりも近未来的な鉄道網となります。227系がもっと斬新な車両で10両編成だったらなあ。

  4. チャム

    アストラムライン開業当時で約30年前の技術だと大学教授に教えてもらった記憶があります
    ネーミングの響きは良いですが当時外国のどこかの造語でお尻ラインってのがあり一部賛否両論がありましたね
    なのでようやく新型車両感無量ですね
    開業前は揺れない電車だとアピールしてたので当時は広島のJRは国鉄時代の中古車両ばかりだったので期待して乗った記憶があります
    車両実際には揺れたけど中筋から白島辺りは街の景色が綺麗で感動した思い出があります

    個人的には西広島さらに延長され完全に広島駅まで環状線になってもらいたいですね
    広島駅地下広場は元々はアストラムラインの為に作られた広場ですし地盤が弱いと言われる広島ですが技術の発達で可能です

    将来的には現在のアストラムラインを西部線とし広島駅を起点に海田方面へ伸ばし安芸郡や一部安芸区周辺をカバーし宇品方面に南下して広島駅に戻る東部線を作り西部線と東部線が八の字に交差し広域的に発展してもらいたい願いです

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >チャム氏

      実現不可能と国から言われてるものをどうにかできないかと言われても、「無理です」しか言えませんが。

    • 広島環状線

      広島駅や宇品への延伸計画は ありました。
      又、構想・提案レベル止まりでしたが
      八の字線化案(広島駅~宇品 は 段原 経由)も あったと記憶します。

      後に 宇品への延伸案は 採算性が見込めないと判断され、
      広大跡地までに計画が縮小されました。
      しかし、結局、広島駅 延伸案、広大跡地 延伸案 共々、
      国土交通省が 建設を許可しませんでした。

      昔、新聞で、以下のような文言を目にした記憶があります。

      「地下鉄を作る時は 路面電車は廃止なんですよ。
      そうしなければ 共倒れに なってしまう。
      広島市は それが分かってない。」

      内容から見て この文言は、
      国土交通省サイドからの 回答 と 受け取れます。
      そして これは、国土交通省は〝地下鉄と路面電車の併存は認めない〟
      方針である事が理解できます。

      従って、広電から 並行路面電車 区間の廃止が とりつけられない限り、
      広島駅や宇品のような、路面電車と重複するようなルート案は、
      認められないということです。

  5. チャム

    追伸
    東部線の起点駅ですが本通駅の方が南下して宇品方面へ向かい宇品方面から一部の安芸区から安芸郡海田方面から広島駅に到着するルートの方が良いかも知れないですね

  6. チャム

    追伸2
    今では何でもない事かも知れませんが広島で初めての地下鉄(一部) と広島初の自動改札は若かった頃感動しました

  7. 社会系

    新交通システムは、地下鉄の短所を克服する目的で作られた経緯があります。

    アストラムライン(広島)以外には、ゆりかもめ(東京)、シーサイドライン(横浜)、
    ニュートラム(大阪)、ポートライナー(神戸)と大都会だけ存在します。

    この意味では、大都会の象徴ですが、アストラムラインが低く評価されているようです。

    • ウシジマ

      そうですかね?
      ほとんど都心を走ってないですが?

    • 社会系

      全路線を見れば、どれも、ほとんど都心を走っていませんが、
      アストラムライン(広島)は、本通りが終着駅、
      ゆりかもめ(東京)は、新橋が終着駅、
      ポートライナー(神戸)は、三ノ宮が終着駅であるように、
      都心を走っていることは確かです。

      存在自体が大都会の象徴ではないでしょうか。

      また、アストラムラインは、
      日本で、東京に次いで2番目に広島がアジア大会開催都市となった時、
      会場アクセスとして建設された経緯もあります。

  8. 広島環状線

    三大都市圏と広島とでは、新交通システムに対する位置付けが違ってきます。

    三大都市圏では 新交通システムは〝フィーダー輸送〟であり、
    広島で云うところの 広電“白島線”や“スカイレール”に相当します。

    それに対し、広島においての 新交通システム(アストラムライン)は〝基幹路線〟であり、
    東京で云うところの“山手線”や“中央線”“総武線”“武蔵野線”等に相当します。

    広島では“山陽線”と 広電“本線”“アストラムライン”が 三大基幹路線であり、
    東京で云うところの〝JR線〟にあたり、
    “可部線”“芸備線”や 郊外線バスが、東京で云うところの 京王や西武、東武などの〝私鉄〟
    そして“白島線”“本線”以外の 路面電車や 市内バスが、
    東京で云うところの〝地下鉄〟に 相当しています。

    ピンとくる人と 何を言っているか理解できない人と分かれるでしょうが・・・

    • サンデーモーニング

      理解出来ないことは無いが、そもそも地形から何まで全てが違う東京と比べた所でどうしようもない。

  9. ラグビーはまった

    今盛り上がり中のラグビーですが、
    プロ化構想が出ておりますね。
    広島は残念ながら開催都市ではないですが、
    アストラムも延伸されるし、サンプレも新拠点に移転するし、
    ビックアーチを拠点として、立候補したらいいのにと思います。
    そしたら、アストラムの経営の一助になるのではと思いますし、
    スポーツに熱心の広島の人たちにも良いのではと思います。

  10. チャム

    追記3
    社会系さんの文面に補足になればと思い書かせて頂きます
    昔大学教授に教えて頂いたのは車両の適正として海岸沿いなど比較的暖かい地域に適した車両だそうです
    広島の場合当時は地盤が緩いので地下鉄は難しいという風潮が前面に出てた記憶があります

    現在は技術の進歩で可能になりました(掘りながら地盤に特殊な液体を注入し混ぜて固めていく方式など)

    当時はアジア大会に間に合わせる為に時間とコストがかかる地下鉄より高架式で早期に完成するアストラムラインが選ばれました

    元々は海岸沿いに適した車両でしたので冬は上安以降が雪で登れないなど不具合がありましたが視界をよくするワイパーやタイヤが雪で滑らないようにヒーターなどで雪を溶かすなど改良され現在に至ります

Comments are closed.