『新広島ビルディング』が竣工! 全フロア満室で開業へ

三菱地所が中区八丁堀に建設していた「新広島ビルディング」が竣工し、報道陣に公開されたようです。
「新広島ビルディング」は、広島三越の向かいに位置し、
定期借地契約を結んだ三菱地所が、高さ59.9m、地上14階、延11,500平方メートルのオフィスビルを新築しました。
完成を前に、14階建てのオフィスは13の企業ですべて満室となっていることも明らかとなりました。

 

現地の状況を取材した最新の記事はこちら。

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。 既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階

 

Sponsored Link

【RCC】:柱なしでレイアウト自由 広島市中心部 新ビルを公開


(上記RCC動画より)

 

【TSSテレビ新広島】:広島市中心部のオフィス需要活況 三菱地所が新ビル「全フロア満室」


(上記TSS動画より)

 

2年余このビルの建て替え工事を取材してきましたが、ついに竣工を迎えました。
おめでとうございます。

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。 既存ビルの解体後、三菱地所が地上14階のオフィスビルを

 


(2018年4月撮影)

 


(2018年4月撮影)

 

 


(2019年10月撮影)

 


(2019年10月撮影)

 

全フロア満室での開業となるようです。

こちらの記事にはテナントに関する情報が載っていました。

【最新不動産ニュースサイト「R.E.port」 】:広島中心部に環境配慮型オフィス/三菱地所

 基準階フロアは、有効面積約173坪、天井高2.8m、奥行11m。開放的な無柱空間を確保し、レイアウトの自由度を高めた。ビル内の駐車場には、タイムズ24(株)が提供するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を導入する。

1・2階には、レンタルオフィスを運営する「リージャス」が入居。立地と機能性をテナントから評価を得て、満室稼働となっている。

(上記サイトより一部使用)

1~2階のガラス張りになっている部分は、レンタルオフィスを運営する「リージャス」が入居するようです。
貸会議室等ができそうです。
もとの新広島ビルディングに入居していた「百十四銀行」も、再入居すると思われます。

 

全フロアで賃貸契約済みとのことで広島のオフィス不足を裏付ける材料の一つとなりました。
完成は大変喜ばしいですが、前回の記事でも書いたとおり、
このビルと紙屋町で建設中の「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」を除き、
一定の規模を持った新築オフィスビルの計画がないのは、非常に危惧すべき状況ではないかと思います。

需要に供給が追いついていないということで、放置していると中心部の空洞化を招きます。
同じ相生通りに面したエリアでは、立町の朝日会館跡地・広島市営基町駐車場一帯の再開発があります。

広島商工会議所の深山会頭は、築53年が経ち老朽化している商工会議所ビルについて、 中区基町の「市営基町駐車場・駐輪場」跡地を移転先とし、オフィスやホテルなども併せ持つ複合施設に再

ここに限らず、紙屋町・八丁堀地区にはまだまだ有効活用されていないブロックがいくつもありますよね。
今回の報道公開で、三菱地所の中国支店長が「このビルが起爆剤となり、広島を発展させたい」と語られておりますが、その通りです。

「新広島ビルディング」の全フロア満室という事実が好材料となり、周辺に影響を与えていく事に期待したいです。

Sponsored Link

23 comments

  1. 114 Reply

    大規模なビルでもないのに2年半もかかったんですね
    長かったのはなにか理由があるのでしょうか?

    • 社会系

      解体から完成までが2年半であって、ビル工事自体は長くはなかったです。
      ヒルトン広島(22階)でも、ホテル工事自体は約2年で完成する予定です。

  2. 広島発展願 Reply

    新広島ビルディングも損保ジャパンビルも同じ設計者だったと思いますが、全く同じファサードなんか見ますと仕事効率化かしりませんが完全に手抜いてますね…

  3. タミー Reply

    取材レポートお疲れ様です。

    新広島ビルディング、素晴らしいビルに仕上がりましたね。

    「相生通」には百十四銀行(香川県高松市)の他、中国銀行(岡山市)、山陰合同銀行(島根県松江市)、伊予銀行(愛媛県松山市)等の広島支店やもみじ銀行本店(山口銀行傘下)と近隣地域の銀行が集中しています。

    金融再編を機に三大メガバンクは「鯉城通」に集中し、広島銀行本店(建て替え中)、山口銀行・福岡銀行の広島支店も「鯉城通」にあります。

    勿論、三大メガバンクのうちみずほ銀行広島支店は紙屋町交差点角地なので「相生通」に面してもおり、りそな・あおぞら・三菱UFJ信託・西日本シティ銀行等の各広島支店も「相生通」にはあります。

    しかし、「相生通」には天満屋(岡山市)広島ビル建て替えの検討等もあり、近隣地域の経済の中枢を担う金融機関の広島支店が集中する「相生通」は、それらの隣地域からの広島都市圏へ投資意欲が「相生通」再生の鍵を握っている様に思います。

    その為にも、基町市営駐車場・朝日会館跡地の広島商工会議所移転計画に伴う再開発には近隣地域への配慮・連携が非常に重要になってくると思います。

  4. てら Reply

    三菱地所が竣工したのですから、名古屋でいえば「大名古屋ビルヂング」に当たるんですよね?
    めでたく竣工したばかりなのに言ってはいけないのかもしれないけど彼我の差がありすぎて・・・

  5. ちょいと Reply

    見た目や思い込みで、「手抜き」コメントがあるけれど、如何なものか?

    • 人文系

      1階が銀行と貸しオフィスでは週末は閑散としてしまいますね。
      三越対面というせっかくのロケーションなのにもったいない感じを受けます。
      三菱地所さんも借地ということで気合いが入らなかったとは思いますが。

  6. 社会系 Reply

    「大名古屋ビルヂング」は、広島で言えば、JR広島支社跡地再開発に当たります。
    名古屋も、中区は、14階建てビルが中心です。

  7. いぃ Reply

    大名古屋ビルは別格です。
    何せ三菱地所が東京以外で初めて作ったビルですから…
    伊勢丹が中型店舗の実験店として出店しましたが
    上手く行ってないでしょうか?
    広島に2号店が来てくれると嬉しいのですが…

  8. 名古屋の広島人 Reply

    相生通りが60メートル化が進んでいて年末の帰省が楽しみです。鉄は熱いうちに。じゃないですがオフィス需要を見越して、今のうちに紙屋町~広島駅までにあと何棟かオフィスビルができることを期待したいです。

    個人的には三越あたりが面白いことをしてくれたらなと思います。
    名古屋でも栄の三越が180メートル級の超高層ビルに建て替える構想がでてきています(実現するか不明ですが)。
    百貨店は単独では厳しい時代になり、オフィスや高級ホテルなどとの複合施設も良いかもしれませんね。

  9. hima Reply

    先日、札仙広福のオフィス空室率が過去最低であり、再開発が目白押しというニュースを目にしました。今回のビルがそのいい例かもしれないですね。
    しかし一方で、これから地方の開発はは一時調整に入るのではという記事も目にします。今景気がよくても、ビルが建った時には必要くなるってことも想像できるので、控え目になっているところもあるのではないでしょうか。これだけ世界経済が不安定で予測不可能な中、入り組んだ地権者の関係等で時間がかかることが予想される市内中心部では、今からは開発しにくいのかもしれません。
    先行きが不安な中、先日までに羽田空港の国際線の大体の新規就航路線が発表されました。来年春から1日50便の大幅な増便が行われます。直接広島に関係なさそうな話題ではありますが、意外にも大きな観光経済等の発展の起爆剤になるのではと勝手に思っています。成田に1日2本しか広島空港から飛んでおらず国際線への乗り継ぎが不便だったのが、羽田空港経由で一気に便利になります。特に欧米路線の増加が予定されており、欧米の観光客が多い広島には少なからずプラスの影響があると踏んでいます。
    世の中段々と暗い方向に進んではいますが、広島の景気は当面明るそうで嬉しいですね。

    • 社会系

      確かに、広島は欧米からの観光客が多いですが、
      それは比率であって、人数では中国を中心にアジアが圧倒的です。
      空路に限らず、海路でも中国からの豪華客船が広島には多数来港します。

      また、航空経路ですが、アジアは当然のことながら、
      欧米においても、特に欧州は、東京まで行って、広島に引き返すと無駄になり、
      アジア主要空港経路で広島に来る方が時間面など多くの点で効率的です。

      近年は、中国などアジア新興国経済力によって、日本は支えられているとも言え、
      アジアに近いという地理的有利な位置にいる広島が今後発展すると見込み、
      三菱は、hitoto広島(53階)など、広島で事業を拡大したいということだと思います。

    • hima

      社会系さん、
      「それは比率であって、人数では中国を中心にアジアが圧倒的です。」というのは日本全体でのお話しでしょうか。広島県の統計によりますと、東南アジアと中国からの観光客よりも、2倍の数の欧米人観光客の方が広島市を訪れています。県で見ても、1.5倍です。中国単体(台湾、香港を除く)で見ても、アメリカからの観光客の半分程度です。
      https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/356744.pdf

    • 社会系

      統計で調査のやり方が異なるのではないでしょうか。

      広島県を訪れる観光客は、国内外合わせて、
      1300万人と言う統計と、6700万人という統計があります。
      前者は、1年間で、何泊しようが、何回来ようが1回のカウントです。
      後者は、2泊すれば、2人、2回来れば2人というカウントです。

      欧米人は、広島直行便がなく、日帰りも多く、2回来る人は少ないです。

      ご提供していただいた統計は前者であって、
      観光客の効果という観点からは、後者の統計が重要で、
      実際にも、中国人が長く滞在して消費額も米国人の倍以上となっています。

    • hima

      そういう統計があるのであれば、見てみたいですね。滞在数に関してはカウントの仕方は納得できますが、2日目から2人と数えるものを見たことがないので、何を根拠にしているのか気になります。
      確かにアジアからの直行便が多いのと、支出額がアジア人の方が多いのはこれまでのニュース等で何となくわかりますが、公式の数字がないとただの偏見と思い込みですので。
      いずれにしても、直行便のない欧米からの便がよくなって観光客がさらに増えれば、広島には非常にプラスだと思います。

    • 地元民

      himaさん
      その2日目を2人にカウントする統計方法は述べ宿泊者数って統計だと思いますよ
      もちろん実際の宿泊者数に宿泊日数を掛けた数字なので多目に出ます
      主に日帰り困難地域や温泉地などで高めの数字になる傾向があります
      傾向として中国人系の来訪者は宿泊日数が多いので今後広島もさらなるインバウンドの掘り出しの為にもここを取り込んでゆく必要性があるのかも知れません

    • hima

      地元民さん
      コメントにフォローをいただき、ありがとうございます。「延べ宿泊者数」だと、そういう計算になることがわかりました。観光客の人数(訪問者数)ではなく、あくまでも宿泊者数だけをカウントするものなんですね。
      話題が逸れてしまっていて不快に思われる方がいらっしゃる方がいると思いますのでこれで最後にしますが、「延べ宿泊者数」であっても、実は広島だけに関しては、アジアからの観光客が圧倒的なんてことはないんです。むしろ、欧米とオセアニアからの宿泊客だけで40%以上を占めています。あまりにも専門的な話になるので概要だけ載せておきますが、観光庁の白書(昨年度)の時点でも欧州からの「延べ宿泊者数」が一番多く、次にアメリカが来ています。この人数は県の出している訪問者数の割合と似通っており、つまり、広島に宿泊しているのは結局欧米人ばっかりであり、またアジア人が長く宿泊しているわけでもないことを表しています。
      https://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/content/001312884.pdf
      もちろん日本全体でみると確かに中国からの旅行客が多く、また消費額が比較的多いことは様々なところで証明されているので、広島の観光産業にはまだ余白があるとは言えるかもしれないですね。
      ただし、あくまで広島に限り、「中国を中心にアジアが圧倒的」だったり「中国人が長く滞在して消費額も米国人の倍以上となって」と言い切ることには無理があると思います。

  10. うおっちゃー Reply

    八丁堀交差点を南北に渡りながら西側を見ると、スタートラム広島がすごく存在感を放ってます。この相生通りはこの後もビルの建て替えは続くでしょうが、この新広島ビルもそうですが高さ60メートル程度に統一すれば、都市的な美しさを持った通りになるでしょう。朝日会館跡地のビルも、通りに面したところは公開空地にしてセットバックするよりも、この程度の高さにしてファサードを揃え、後(市営駐車場)の方を高層化すれば良いと思います。

  11. のーてんき Reply

    スレ違いですが、
    鷹野橋商店街にあったこうせつ市場の建物が取り壊され広大な空き地が発生しました。
    ここはこんなに広かったのか?とびっくりするぐらいの広さです。
    マンションにするにしても、オフィスビルにするとしても、
    複数棟を平気で建てられるぐらいのスペースがあります。
    一等地なので、有効利用されるべき土地ですが、
    ここは再開発の動きが無かったように思いますが、どうなんでしょうかね?

    すぐ近くに手狭なおかず市場(フレスタ)があったので、
    この空地に駐車場付きスーパーを建てて、空いたところに、
    オフィスビルなりマンションなりを建ててもも良いような気もします

  12. ああ Reply

    大規模な超高層ビルの建設には、広い敷地がないといけませんが、朝日会館と基町駐車場の
    一体再開発の土地は、広島では数少ない超高層複合ビルが建設可能な場所といえるので、
    高さ150mかそれ以上を望みたいです。個人的には大阪の本町ガーデンシティをちょっと
    大きくしたようなビルで、相生通りに面したところは、2階くらいまでは商業施設にして
    賑わいをつくり、隣のスタートラムと高さを揃え、奥の基町駐車場のところに、
    外資系ラグジュアリーホテルをのっけて高さを出してほしいですね。

  13. CCレモン Reply

    向いの三越と天満屋ですが、どちらも赤字店舗
    やっぱり店舗の老朽化は客離れに拍車をかけてると思います
    今後アマゾンなどの通販が主流となり対面販売は衰退していく未来しかない
    ここは利益率の高いデパ地下+専門店+オフィスビルにしてもらいたい
    RCCや中国新聞はここに入居すると一番ええと思うんですがね

    • Kei

      三越の方が以前、各地で続いてる撤退に関連して「広島はフロアを縮小して存続したい(今のままは難しい)」とおっしゃってました。
      今のekieには広島三越経営のイセタンミラーが入っていますが、新しい駅ビルは大阪ルクアの凝縮版になると思われるので、伊勢丹のショップも数店入るのではと思います。
      その流れで、三越伊勢丹が1フロア程度に出店という可能性もあるのかな?と思います。
      (大阪駅の三越伊勢丹の大失敗があるので1棟三越は無いと思います)

      元々今の広島三越は中国新聞の建物で、天満屋も耐震問題が解決しないというのもあるので、将来的にはCCレモンさんのおっしゃる様なビルに建替え、と言うのもあるかもしれませんね。
      地下を三越+数フロア専門店+中国新聞&RCCのオフィスビル、といった感じで。
      各地に分散している中国新聞&RCCの施設を集約して、跡地を売却すれば財源になるでしょうし、新しいビルならテナントにも困らないと思います。

  14. NM Reply

    三菱商事の支社がこちらに入居すると中国新聞にありましたが、
    鯉城通りの明治安田生命ビル(現在地)からの移転なんですかね?
    そうなると、あちらのビルの建替も・・・なんて妄想につながってしまいますねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。