広島銀行本店 建て替えプロジェクト 2020.10(Vol.23) 離れて見るビルの姿

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した本店ビルの建て替え工事を進めています。
新本店ビルは紙屋町の現在地での建て替えとなり、地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000平方メートルを誇る、巨大な免震構造のビルを計画しています。

国土交通省が定める、業務・商業を中心とした都市機能の強化を目的とした「民間都市再生事業計画」に認定され、金融・税制の支援措置が適用される事になっています。
(本来1ha以上の大規模開発に対し認定するもの。近接特例を活用し、比較的小規模であっても優良な民間都市開発事業を認定した全国初の案件。)

建物四方に配した風の塔により自然換気効果を高めた「エコボイド」といった環境技術も採用。
2021年1月の竣工予定です。

 

この記事は、外観がかなり完成に近づいてきたことと、
広島銀行グループの持ち株会社化(ホールディングス化)を記念して、
少し歩いていつもとは違う少し離れた場所から見るビルの画像を集めてきたので、
特集記事として公開します!

Sponsored Link

事業の概要と前回のおさらい

【広島銀行】:新本店ビルの建設について

【広島銀行 新本店ビル】

高さ 94.94m
階数 地上19階・地下1階
用途 事務所、駐車場、飲食店
構造 鉄骨造、免震構造
敷地面積 4,452.71平方メートル
建築面積 3,285.00平方メートル
延床面積 47,890.00平方メートル
着工 2019年1月1日
完了予定 2021年1月31日
建築主 株式会社広島銀行
設計者 株式会社日建設計
施工者 広島銀行本店ビル新築工事共同企業体

 

【国土交通省】:民間都市再生事業計画(広島銀行新本店建替えプロジェクト)を認定

 

前回の状況です。

広島銀行は、築50年が経過し老朽化した本店ビルの建て替え工事を進めています。 新本店ビルは紙屋町の現在地での建て替えとなり、地上19階・地下1階、高さ約95m、延約4万8,000

 

 

代表的な観光地、広島城および平和公園から

広島城からの見え方。

 

この通り紙屋町でかなり存在感のある建物になっています。
こうしてみると、紙屋町にトランヴェールや損保ジャパン日本興亜、そして広島銀行のオフィスビルが出現し、
奥には53階のタワーマンション「hitoto 広島 The Tower」がここからも見えるようになり、
かなり立体的な展望になりましたね。

 

広島城はこの記事の一つ前に特集を公開していますので、こちらをご覧ください。

2020年秋 広島城天守閣から眺める広島市街地

 

もちろんこれだけでは終わりません!
続いては、同じく県内外の人が集まる平和記念公園から捉えた画像を中心にご紹介します。

このあたりは、オバマ元米大統領も見た景色でしょう。

 

公園内から。

 

紙屋町方面に目を向けた時に、手前の木々からこの広銀本店ビルだけが頭一つ抜けており、大きさを感じます。

 

元安橋から。

 

 

ここからでも十分感じる存在感はさすが100mクラスです。

 

原爆ドーム付近から。

凝縮されていますね。

原爆ドームはこの写真のちょうど背後にあたります。
次の章で、その原爆ドームを交えた、本川越しの光景をご紹介します。

 

 

目抜き通りと市民の足、本川町から

旧太田川(本川)に架かる相生橋を渡り、本川町方面に移動します。
相生橋から見る大手町方面。

これぞ広島という景色。

 

橋を渡り、本川小学校前から見る基町方面。

 

原爆ドーム、おりづるタワー、そして広銀新本店ビルがそろいます。

あの当時も今も、ここが広島の中心部であることを物語ります。

 

続いて、相生通りを西に進み、本川町にある歩道橋から眺めてみました。

 

またまた広島らしい画です。

 

改築・耐震補強され、三分一氏により外観が一新された「おりづるタワー」もこうしてみると立派です。

街は成長を続ける生き物。

広島銀行本店ビルは、2021年1月末の竣工予定、2021年春の開業予定です。

 

Sponsored Link

14 comments

  1. OORer Reply

    こう見てみると威圧感半端ないですね、路地裏から撮った写真とか。とにかく太いって感じです

  2. kyows Reply

    広島らしい景色が随所に見られます。
    地元を離れて20年になりますが、とても懐かしいです。

  3. モリ Reply

    街の雰囲気を変えるほどの立派な自社ビルはその都市への帰属意識も感じられ、都市の地位を強固にする効果もあるのではないでしょうか。
    ですので、マツダ、中国新聞社辺りが都心にビルを建ててくれればその企業と共に広島の街の存在感にも好影響を与えると思うので、その動きがないのは残念です。
    マツダが県庁舎の敷地に、中国新聞社が基町再開発の複合ビルにと絵空事を並べたくなります(笑)

  4. みかづき Reply

    高さだけでなく、面積もまぁまぁ広いですから、余計に存在感があるんでしょうね

    • サビオ

      平和公園からも見えるんですね!
      こんなに大きくなるとは思いませんでした!感激です!

      ところで、最近身近な人から良く聞かされる事なんですが、今後広島県では重要なものは、東広島市の西条に移転していくとの事です。県庁も建て替えせず耐震工事でしのいでいるのは、そのせいだとか。。。
      いくら調べてもそんな情報どこにも無く、おちょくられてるのかなって思ってますが、、、
      あまり私はそういった事に詳しくないので、もやもやしてます。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >サビオ氏

      それ30年近く前の話だと思いますよ。その頃なら確かに県庁を西条に移してその上で広島市に合併という提案があったのですが、当然のように立ち消えして今ではそういう話すら出ません。
      その身近な人がいつの知識で話をしているかによりますが、今西条に県庁を移すのはあまりにも非現実的で今後も余程のことが起きない限りあり得ないと認識しています。もし郊外移転の話が出てたらここのコメント欄が上を下への大騒ぎになっているはずですから。それ以前に県庁を広大跡地にとか基町の敷地を半分にとかの話題すら出なくなるでしょう。

      これ以上は広銀HDビルの話題からずれるので触れませんが、土地の利用法については一考の余地はあるものの都心から県庁を移転させるべきでないとオイラは思います。

      ※県庁の建て替え議論の話はここでは遠慮願います。あくまでこのコメントは質問に対してお節介しただけなので。

  5. 富士金魚 Reply

    本川町の歩道橋からの写真等、広銀本店の後方に写るひろぎんハイビル21も
    こうしてみると、なかなか迫力がありますね!
    やはり広島の地域経済にとって広銀は大きな存在と再確認しました。
    (本店のテナントにはどんな店が入るのでしょうか?わくわくです!)

  6. うおっちゃー Reply

    府中町に住む私のとこのマンションの駐車場からも見えます^ ^ ちょっと遠いですけど、一際大きなシルエットです。ちなみに船越峠から新幹線の高架下を市内に向けて進むと少しの間、エキマエB、Cブロックとアーバンのグランドタワーの三つのタワマンががほぼ直線状に見えます。

  7. まさし Reply

    広銀の行員さんに聞いたところ、自社グループだけではフロアが埋まらないので、一部フロアはテナントとして貸し出すと言っていました。まあ、確かに延床面積も巨大だからそうするのでしょうね。

    • まさし

      補足ですが、一部フロアのテナント募集は店舗ではなくオフィスフロアのことです。あしからず。

  8. hima Reply

    こうやって見ると、立派なものができましたね。地銀が大変な今日、思い切ったことしましたね。
    テナントはカフェとか入るとかいってましたが、どうなるのでしょうか。規制が緩和されて銀行も最低限の貸出等はできるようになってきてるみたいですが、気になりますね。

    • まさし

      1・2階はテナントで店舗が入るのと、ATMがかなりの数設置されると言っていました。
      上層部のオフィスフロアもセキュリティーを厳しくした上でテナントとして貸し出すそうです。

  9. アホウドリ Reply

    広島駅の改札口の並び
    に対抗してATMも挑戦して欲しいです。まずは、話題。
    東京の外資のIT企業が一部の部署を広島に移転との事。
    県が助成金を一億から二億に増やした所、400弱の問い合わせがあるそうです。
    知事もIT企業の元創始者。
    今日、リモートで会話していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。