将来的なPASPY廃止が明言 『QRコード決済』に移行後も他社ICは継続利用を検討

21日の中国新聞の記事で、広島電鉄の椋田社長は
広島都市圏で利用できるIC乗車券PASPY(パスピー)を広電としては将来的に廃止し、代わりにスマートフォンを使ったQRコード決済の導入を目指す考えを改めて明らかにしました。

廃止時期については明言されませんでしたが、ICとQRの併用期間を経ての移行となるようです。
全国で使えるIC乗車券の利用や、スマホを持たない人でも印刷したQRコードで利用できる仕組みも検討するとしています。

私個人としては以前も記事にしたように、利便性だけでなく決済スピードの面でもQRへの移行には疑問を持っておりますが、
社長が明言し、ICカードPASPYが広電で廃止されることが確定的になってしまいました。

広島電鉄は5月13日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を踏まえ見直された、 中期経営計画「広電グループ経営総合3カ年計画2022」を公表しました。 感染対策の基本となる人の移

 

Sponsored Link

 

【中国新聞】:パスピー廃止、QR決済へ 広電社長が明言、併用期を用意 他IC券の利用も

 広島電鉄(広島市中区)の椋田昌夫社長は20日、廃止を検討しているカード型IC乗車券PASPY(パスピー)について、パスピーに参加する他の事業者との協議の結果にかかわらず、広電としては将来的にやめる考えを示した。代わりに、スマートフォンを使ったQRコード決済の導入を目指す。

(中略)

「7、8年ごとに20億円を超えるコストがかかる」と指摘。(中略)パスピーの廃止は、QRコードとの併用期間を経た後との認識も示した。時期は明らかにしなかった。QRコードを多くの人が利用できる仕組みにするため、他のIC乗車券でも使えるように工夫する。スマホを持たない人でも印刷したQRコードで決済できるよう検討する方針も示した。

(中略)

QRコード導入の目的は「地域公共交通として存続するため」とした。小型バスなど新しい車両にも低コストで導入でき、タクシーなど他の交通機関へ導入しやすい利点があるという。同時にバスの利用を増やすため、路線を再編して均一運賃を導入するなど「分かりやすく乗りやすい仕組み」の実現に向け、他の交通事業者と協議を進める考えも述べた。

(上記中国新聞HPより一部使用)

 

 

ついに社長の口から廃止が明言されました。

  • IC乗車券PASPYは、パスピー協議会に参加する他の事業者との協議を行っているが、その結果にかかわらず、広電としては将来的に廃止する。
  • 代わりに、スマートフォンを使ったQRコード決済の導入を目指す。
  • 7~8年ごとに20億円を超える維持管理費が重荷に。
  • PASPYの廃止前には、QRコードとの併用期間を設ける。
  • 廃止時期、導入時期は未公表。
  • Suicaなど他のIC乗車券でも使えるように工夫を検討。
  • スマホを持たない人でも印刷したQRコードで決済できるよう検討。
  • 同時に、バスの利用を増やすため、路線を再編して均一運賃を導入するなど「分かりやすく乗りやすい仕組み」の実現に向け、他の交通事業者と協議を進める考え。
  • バス路線の再編や新しい運賃体系は「駅ビル開業までに完成形に近いものが見られるように」

 

私個人の考えは、以前の記事でも書いているように、
お客さんの利便性、誰にでも使える点、電車やバスの速達性・定時性に直結する決済するスピードの課題から、
PASPYの廃止には大反対です。

”裏表を気にせず、財布やスマホケースに入れたまま高速に通過できるICカード”に比べ、
”取り出してコード画面を開いて必ずその面をかざさなければならないQRコード”は、大量の人を円滑に流していくには不便です。

 

ですが、社長がインタビューでこのように答えているので、
会社としての方針はすでに決まっているのでしょう。

少し救いだったのは、”他のICカードでも使えるように工夫する”ことが分かった点です。
ただ、これもどのような形で利用が維持されるのかはまだ気になるところですね。
「PASPYは使えないICカードリーダーを残す」のなら問題ないのですが、
「ICカードの残高は使えるけど、事前にこれに登録しておいてね」という話であれば不便きわまりないです。

 

スマホを持たない人向けには”印刷したQRコード”で対応を検討するとのことですが、
PayPayを始めとするQR決済は、不正に他人の残高を利用されないようにするために
QRコードに時間制限が設けられています。通常は5分程度で新しいコードが発行されます。
そのため、PASPYやバスカードのように、単なるコードが印刷されたカードを持ち歩くことはできないはずです。(もちろん社長はご存知だと願いたいものですが…)

となれば、電停で現金か何らかの手段を使ってQRコードが印字された切符を買って運賃を支払う、ということに??

前回も書きましたが、この機会にいっそのこと、
車内での現金精算も廃止して、事前に切符を買う方式にするというのであれば、速達化に繋がる手法はいくつか思い浮かんできます。
QRコードは印字できるので、それこそレシートさえどこかで発行されれば電車・バスに乗れるわけです。

電停だけでなく、横断歩道の近くの電柱や例えば歩道上の時間貸し駐輪場の精算機のような機械で広電の乗車券が買えれば、
完全切符制(現金禁止)でも多少は利便性向上に繋がります。

 

 

前回の記事で皆様からいただいたコメントを読み、確かに公共交通を担う企業として存続していくための手段として、
あらゆる交通手段と連携したMaaS実現への道のりとして、
QRへの移行もデメリットばかりではないことは理解しようとしているつもりです。

 

利用者に大きな変革を促すのであれば、広電自身もこれまでにはなかった大胆なアプローチで、
公共交通としての利便性、速達性の向上に挑戦するタイミングになればなと思います。

 

Sponsored Link

29 comments

  1. TOM Reply

    他所住みなんでPASPYは知らないけど、もしICOCAが使えなくなるなら不便だな。
    小銭なんて持ち歩いてないし、QR決済もイマイチ面倒な…。
    広島の顔である交通網が不便になるのは残念

  2. メソ Reply

    私は賛成です。
    乗り降り時間の短縮なんていくらでもやりようがあるでしょうが、IC乗車券システムの維持管理のコストは企業努力ではどうにもならないでしょう。

  3. Pishy Reply

    三井住友カードのStellaを活用して、iC、交通系、visaのタッチ決済など南海電鉄の事例を参考にPASPYのみの廃止なら利便性を低下することなく移行できるのかと思います。
    ただ何にしてもタッチ機能は交通費精算の中でも重要な物だと思うので、QRだけはやめて欲しいですね…

  4. @ Reply

    たしかにMaaSのことや、欧州の一部の路面電車で採用されているような歩道の空いたスペースにQRの券売機を作って事前精算を行えるようにするなどのことを考えるとQRコード決済は悪くないなと感じます
    できるかわかりませんが、PayPayなども決済として使えるなら便利になるでしょう
    QRに移行するにしても当面はPASPYや全国のICは使えるでしょうから、その間により良いものにするための議論が展開できれば良いですね

  5. TARO Reply

    利便性は明らかにただ落ちるけど、だいたい6億ぐらいの純利益の会社が、7年毎に20億円の投資をするってのも無茶な話で。
    それでなくてもコロナ禍で28億円の純損失を出している現状では抜けたくなるの分からないでも無いよね…。

  6. hima Reply

    カードの発行数や利便性から考えると、地方のカードはこれからどんどん減っていくかもしれないですね。鯉党さんは使われたことがないようなのであまり実感がわかないかもしれないですが、スマホかざすだけなのでカードと大して時間も変わらないですし、利便性に関してQRで不便に感じたことはないですね。むしろ先にネットでチャージ支払いできるアプリのほうが便利だったりします。加えて、コロナでこれから先どうなるかわからないですが、外国人観光客なんかには二度と使わないカードよりもアプリとQRだけで決済できるようになると断然便利でいいですね。
    強いて言えば、印刷したQR?って方が気になりますね。コスパ悪そうというかQRに変える意味がないような。どうしてもカード派のひとはICOCAにすればいいのではと思ってしまいました。

  7. 郊外住民 Reply

    ウチは5人家族でPASPY5枚ありますが1枚しか使ってません。使ってる家族に聞いてみましたが、
    ICOCAがあればPASPY はいらないそうです。
    なんでも建設中の広島駅構内広電直接乗り入れが始まると、乗り換えからの歩く距離も少なくなるそうで、
    ICOCA一枚の方がますます楽になるそうです。ICOCAは買い物もできるようです。

    それと広電社長はシステム更新料が負担と言ってましたが、
    それだけではなくPASPY 割引が負担なのではないでしょうか?
    2025年頃からはインバウンド対応はQR決済。
    通勤通学はICOCAで決まりかと。

  8. 広島育ちの東京人 Reply

    まだ情報が少なくてなんとも言えませんが、個人的にはややプラスに考えています(ペイペイなど外部の決済機能が使える様になることを前提として)。もちろんICカードにも様々なメリットはありますが、維持費などのデメリットもあります。それに、料金収集を交通事業者が直接行う必要もないので、限られたリソースを輸送サービスの提供に集中し、決済はベイペイなど外部の決済機能を使うというのもありなのではないでしょうか?また、公共交通の利用促進を考えても、他のサービスとの連携が取りやすい外部の決済利用の活用はメリットだと思います。スマホを待たない人や高齢者の問題はあるにしても、時が経てばデジタル機器を使い慣れた人が高齢者になっていくので、このような問題は年々低下していくと思います。

    まだまだ色々な展開がありそうな案件なので、今後も推移を見守りたいと思います。

  9. Reply

    QRしか使えない、みたいなことになるとスマホを持っていないお年寄りや幼い子供にはかなりしんどいのでは?

  10. みみずく Reply

    ICOCAが利用可能なら、残念ながらPASPY廃止はやむを得ないのでしょうかね。

    むしろ、社長さんの「バスの利用を増やすため、路線を再編して均一運賃を導入する」という点に注目したいですね。
    電車とバスの乗り継ぎのケースも含めてゾーン性料金とする。
    一定時間内ならば同一ゾーン内での再乗車を認める。
    など、公共交通機関の利用率を高める方策を、ぜひ検討・推進して頂きたいです。
    それが高齢化社会に対応し、かつ、環境に優しい社会にも資するものと思います。

  11. 廃止反対 Reply

    QRコード決済はどうしても直前になってから準備する人が出てくるので
    朝夕の混雑時の降車状況を想像するだけでクラッときます・・・

  12. メソ Reply

    PASPY廃止後のICOCA利用ですが、記事からはQRコード決済を介してマネーを利用できると読めますので、カードリーダーは廃されICカードの直接利用は出来なくなると考えられます。

    乗り降り時間についてはどうにでもなります。例えば、
    1.停留所で「乗車日時場所」の証明を取得(QRコード)
    2.停留所で上限運賃を前払い(スマホから)
    3.車掌か運転士がいる扉から乗車し、運賃支払済の証明(QRコード)
    4.降車は全扉から
    5.停留所で「降車日時場所」の証明を取得(QRコード)
    6.サーバー上で自動で前払い運賃と区間運賃の差額をペイバック

    こうすれば乗り降り時間は現在と大差なくなると思います。あくまで例えですので、他にも幾らでもやりようはあると思います。

  13. はっちゃん Reply

    分かりやすく乗りやすい事業会社を目指すのも結構ですが
    社員教育にもお金と時間をかけて欲しいと思います。先日、故意とは
    思いませんが電車の車掌さんに
    鞄を壊されてしまいましたが
    本人からのお詫びの一言を言えない会社かと知ってガッカリしました。

  14. 女学院前 Reply

    200万人レベルの都市圏の公共交通で利益を
    出すのは大変 市営だったら大赤字
    市と県が多少補助するべきだろ

  15. とど Reply

    費用が負担なら電子マネーWAONを採用するのはいかがでしょうか。
    実際に他県の路線バスで実用化されています。

    QRはやっぱり実用的でないです。
    路面電車で下車する時、上手く読み取れなかったり、
    起動を忘れててアプリが立ち上がるまで時間かかるパターンが多そう

    ただでさえ降車時の精算に時間かかっているのに、
    これではさらに遅くなり、客→減少で廃止の可能性も出てくると思います。

  16. NOVA Reply

    西鉄や福岡市交通局ですら全国対応ICカードを発行しているにもかかわらず、広島の交通事業者が発行しないとは、広島全体のことを考えているとは思えない!

    • 名無し

      >西鉄や福岡市交通局ですら

      福岡は広島より都市圏が大きいですし、西鉄は広電の10倍の売上があるんですが・・・

  17. のーてんき Reply

    QRコードの紙タイプは
    近場だと瀬野のスカイレールが、鉄道だと沖縄のゆいレールが採用してますね。
    パスピー廃止で気になるのは、アストラムラインの対応ですね。
    ICOCAに移行するのか、ゆいレールみたくQRコードの紙切符に変更するのか、独自のICカードを発行するのかどうなるんでしょうね。
    広島市等での公共交通期間の会合では、将来的にはバスはゾーン制運賃にする計画があったと思いますが、
    QRコードとの関係はいいんですかね?

  18. ロマン Reply

    > IC乗車券PASPYは、パスピー協議会に参加する他の事業者との協議を行っているが、その結果にかかわらず、広電としては将来的に廃止する。

    → もしも、PASPY存続会社と廃止会社が混在すると、乗り継ぎのとき頭が混乱して、使いづらくなりそうですね…汗。

  19. KS725 Reply

    協議の結果関係無く廃止って、最早前社長以上にワンマン体質になってるように感じますね。

    とにかく、せっかくsuicaやmanaca等使えるようになったのだから高額な維持費負担してでもICカード存続させてほしいです!

  20. チチカカ Reply

    広電の社長は買い物でQR決済使ったことあるのかな。
    レジ前でのろのろ用意してレジ渋滞、あらかじめ用意してる人はずっとスマホにかかりっきり&店内でうろうろ歩きスマホ。
    これがあの狭い電停や込み合っている車両内で行われると思うとぞっとします。
    広島の街中がますますスマホゾンビばかりになっちゃう。
    まだスマホをもたせたくない子供たちがに通学や習い事で広電使うのに必要だからとスマホねだられたらどうしようという親御さんや、目の不自由な方など、心配の声が周りでも多いです。

    せっかくバスや電車、アストラムの乗り継ぎがパスピーで便利になったのに、これからどうなるんだろう。
    サーバー維持費のコストをいうのならもう回数券で良かったのでは。
    パスピー割引少なくてもいいから存続させてほしいし、無理ならもういっそICOCAで統一してほしいです。
    https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14774.html

  21. KS725 Reply

    今の広電社長は一刻も早く辞任してもらいたいですね。PASPY廃止して地元の方のみならず他府県からの観光客にまで不便を強いるとは言語道断も甚だしい!

    時代に逆行する方策は経営者として失格だと思います!

  22. 匿名 Reply

    パスピーを交通機関だけでなく、商用施設でも使えるように地域ぐるみで取り組む努力をしないと、県東部のおのみちバス 因島バスの事業者も全然キャッシュレス決済に関して何の努力もしない、もう来年から銀行も小銭の取り扱いに対して手数料をどんどんとるような方向で検討されている。もうちょっと経済に関して事業者は勉強しないと世界各国から取り残されますよ。

  23. CCレモン Reply

    本音はPASPY残すかわりに、運賃値上げと補助金を出せってことでしょう
    もう、広島1強の弊害でしかない 
    地下鉄や依存のアウトラムが採算に乗せられないことなど足元をみて強気に
    なってるのだと思います。 
    個人的に、対抗手段としてJR沿線の開発とアストラムの終点である紙屋町の開発を
    推し進めるしかないと思います。

  24. まーくん Reply

    7-8年毎に20億円の維持費とは、想像以上に高コストですね・・・。
    ICライセンス費と各事業者の接続料が高いのでしょう。
    国交省がSONY等に圧力をかけない限り、QR移行はどうにもならないですね。運賃を大幅に上げるわけにもいかないし。
    QRによるスピード問題は、香港地下鉄の改札がQR決済ですので、参考にしたら良いのではないでしょうか。

  25. ルカ Reply

    他県民としてはパスピーは使ったことすらないのでSuicaやICOCAで十分。
    広島に来た外国人観光客も二度と使わないパスピーを発行するメリットもないので、やめて問題なしかと。

  26. ちくわ Reply

    全体的にICOCAに移行なら別に問題ないし良いんですけどね
    ICカード全般使えなくするなら暴挙だし、定期がQRしか使えないのなら困るなぁ。
    広電に問い合わせた人によると、うちがQR決済進めてるのは事実だけどほかの事業者に強制してるわけじゃないしー、って感じらしい。でも広電抜けたら成り立たないんでしょ?
    みんなで広電に思いを届けましょうよ

  27. やめる勇気 Reply

    ここのコメント欄
    広電に反対する人ばかり
    現状を基準とし、変化を受け入れず固執する心理傾向の人ばかり

    永遠につづくものはありません

    伝統や慣習を破壊する勇気も必要だと思う。

    鉄道事業が赤字事業だったらICカードを続けるのは暴挙

  28. nobu Reply

    尾道市の9月議会へ、おのみちバスへのICカード導入補助予算案が上程されていて、来年4月にICOCAを導入する様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。