【建設中】日本郵政 広島駅南口計画(仮称)

広島駅南口広場に隣接する旧「広島東郵便局」の建て替えプロジェクト。

日本郵政不動産による「広島駅南口計画(仮称)」として、オフィスの他、店舗・駐車場を備える地上19階建て・延約4万4,000平方メートルの大規模な再開発ビルを建設する。

広島駅南口では同時に広島市・JR西日本・広島電鉄の3者による、駅ビルの建替えを含めた南口再整備も行われている。
日本郵政によるオフィスビルには、新しい駅ビルの2階から伸びるペデストリアンデッキが接続される予定である。

 

 

概要

【日本郵政】:広島駅南口における開発計画について

広島駅南口における開発計画について

日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 横山 邦男)は、広島駅南口に所有する広島東郵便局の敷地において、下記のとおり「広島駅南口計画(仮称)」としてビルを開発することを決定しました。

広島駅周辺は、近年、大きく発展し、今後とも更なる発展が期待されることから、当社としても周辺施設とともに街区の利便性とにぎわいを創出し、まちづくりに貢献していきます。
なお、本開発のプロジェクトマネジメントは、日本郵政不動産株式会社が実施します。

(上記資料より)

 

【広島駅南口計画(仮称)】

高さ 90.83m
階数 地上19階
用途 事務所、物品販売業を営む店舗、飲食店、
自走式駐車場、駐輪場
構造 鉄骨造
敷地面積 4,204.19平方メートル
建築面積 3,276.13平方メートル
延床面積 44,270平方メートル
基準階面積 約1,500平方メートル
着工 2020年6月1日
完了予定 2022年8月31日
開業予定 2022年秋頃
建築主 日本郵便株式会社
設計者 日本郵便株式会社一級建築士事務所, 久米設計ほか
施工者 鹿島建設株式会社
施工費 約169億

 

 

 

対象地

 

再開発に関する沿革

2018年7月、公式に建て替え計画を公表。

変貌を遂げる広島駅周辺でも特に再開発が期待されていた、「広島東郵便局」について、 ついに当事者である日本郵政グループから建て替えの計画が明らかにされました! 中国新聞の取材

 

2019年9月、「広島東郵便局」がエールエールA館に移転し、現在地での営業を終了。

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を、2019年5月に明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備

 

2020年6月、着工。

日本郵政不動産は、広島駅南口に隣接する「広島東郵便局」を再開発する「広島駅南口計画(仮称)」の概要を、2019年5月に明らかにしました。 再開発ビルは、オフィスや店舗、駐車場を備

 

2020年9月、建て替えられる新しい広島駅ビルとの接続が公表。(ペデストリアンデッキ)

広島市とJR西日本、広島電鉄の3者が進めている、広島駅南口広場の再整備について、 9月3日、広島市は南口広場のレイアウト案を公開しました。 これにより、路面電車の高架化によ

(現地看板より)

Sponsored Link