『ひろでん会館』跡地、当面コミュニティ広場として暫定活用へ

広島電鉄は、広電西広島駅に隣接する「ひろでん会館」の跡地を、
暫定的に人々が集えるコミュニティ機能を持ったオープンスペースとして整備することを明らかにしました。

ひろでん会館は老朽化のため、2018年3月に閉館しており、今年6月までに解体工事も完了しました。
ひろでん会館跡地を含む西広島駅周辺一帯は、タワーマンションなどを取り入れた再開発の計画があり、調整が進められています。
合わせて、JR西広島駅の橋上駅舎・自由通路の整備、そして新交通「アストラムライン」の西広島延伸なども事業が進んでおり、
それらと歩調を合わせるための暫定利用策となります。

コメントで教えていただきました。 遅くなりましたが、ありがとうございます。 広島駅から岩国方面へ3駅、将来アストラムラインの延伸先となるJR西広島駅の周辺で、 市街地再開

今年12月下旬にオープンし、3年間イベントスペースとして活用される予定です。

Sponsored Link

【広島電鉄】:ひろでん会館跡地の暫定活用について


完成イメージ①(広島電鉄公式HPより)

 


ひろでん会館跡地(2019年6月撮影)

  • 最終的な活用方法が決まるまでの間、通勤・通学客が自由にオープンスペースを整備
  • 敷地面積は約1,200平方メートル。敷地構成は以下の通り。
  • 「パブリックスペース」
    • ベンチや緑地でくつろげ、イベントも開催可能な屋外コミュニティースペース
    • 地域交流・サロン機能を備え、ワークショップ会場やギャラリー等としても利用可能な建屋
  • 「小規模店舗」
    • カフェなどテイクアウトを主とする店舗(4~5店舗)、一部にチャレンジショップも検討中
  • 2019年12月下旬のオープンを予定し、3年程度暫定活用する
  • 暫定活用後の開発については、周辺の開発状況を見ながら検討

詳細についてはこちらも参照。

【中国新聞】:西広島駅前に自由広場 ひろでん会館跡地に12月下旬から3年間

 


完成イメージ②
(広島電鉄公式HPより)

 


ひろでん会館跡地
(2019年6月撮影)

 

久々に西広島駅一帯の開発に関する続報が入ってきましたね。
6月に解体が完了した「ひろでん会館」の跡地を、開発内容が決まるまでの間、
オープンスペース・コミュニティスペースとして暫定活用するようです。

「ひろでん会館」は耐震基準を満たさず老朽化もかなり進んでいたと思われ、昨年3月の閉館後すぐに解体されました。
用地は地権者らで進める駅前の再開発区域に含まれており、まだ都市計画決定も行われていない状況ですから、それまで空き地として寝かせておくのは確かにもったいないです。

コメントで教えていただきました。 遅くなりましたが、ありがとうございます。 広島駅から岩国方面へ3駅、将来アストラムラインの延伸先となるJR西広島駅の周辺で、 市街地再開

施設としては、将来の開発の支障とならないよう最低限に済ませ、プレハブのテイクアウト専門の店舗や、地域サロン等で使える小さな建屋が計画されているようです。

イメージ図を見ると、暫定ながら、これはこれで魅力的では?とも思ってしまいました。

JR西広島駅とアストラムラインの駅舎がつながるペデストリアンデッキからこの広場に向かって階段を降ろせば、広電電車・バスと合わせて4つの公共交通機関が繋がる、交流拠点になります。
もう少し大屋根が拡張できれば、その下でコーヒーをテイクアウトして待ち合わせやイベントの空間に・・・

とはいえ敷地は広電の持ち物なので、ビジネスの面では何らかの収益を上げられるものでなければなりません。
今年12月から3年間は広場として運用しますが、その後は西広島駅周辺再開発の状況も見ながら、何らかの計画が持ち上がるものと思われます。
施設を建てるにしても、複数の交通機関の「結節点」であることに変わりはないですから、
供用スペースがしっかり確保された憩いの空間を設けてくれることに期待したいです。

 

大きな変化が待ち受ける西広島駅、今後も注目していきます。

JR西広島駅2022年度末に橋上駅舎と自由通路が全面開業

広島市は、デルタ西の結節点であるJR西広島駅について、 南北自由通路と橋上駅舎を整備する計画を明らかにしました。 1日に中国新聞を通じて公開されたイメージ図などをもとに記事を書

 

2030年頃(計画当時の完成見込み:平成40年代初頭)にはアストラムラインが西広島駅まで延伸開業

中国新聞は今月4日の紙面で、広島市がアストラムラインの西風新都線延伸計画の事業化を固めたと報じました。 【中国新聞】:アストラム延伸を事業化 広島市方針、全線開業へ 【

Sponsored Link

13 comments

  1. むーばす

    なるべく広範囲を巻き込んで再開発を進めて欲しい
    ので、しっかりと計画を煮詰めて良いものを作って
    下さいと思います。出来ればJR西広島駅の改築に
    揃えて欲しいと思っていたのですが、今回は土地
    利用も大改造の再開発ですので、取りまとめが時間
    かかりますので、暫定利用で人が滞留したくなる空間
    になるのは良かったです。

  2. エィ

    広島得意の暫定が恒久になる
    に10000ペリカ

  3. hima

    私も、「これいいじゃん」と思いました。下手に建物を作るよりも、よりコミュニティ重視で、なおかつスペースがあって洗練された都市の雰囲気を醸し出しています。なんでも土地があけば作ればいいという時代でもなくなったので、こういった活用方法も視野に入れて欲しいですね。

  4. ミラ

    広電はここから中心部までの所要時間がかかりすぎるから
    このままアストラムラインが市中心部まで延長なら完璧なんだけどね

  5. タミー

    今、すぐに使える施設を最大限に活用して街の活性化を継続させようと努力する姿勢に好感が持てます。

    己斐周辺にお住まいの方々の中からは、長年再開発の順番を待たされ続けてきた思いが強い様で、アストラムラインの延伸計画についても、その実現について未だに疑問視する声も多い様子です。

    しかし、JR西広島駅の橋上化や駅裏地区の整備等も具体的に進み始めており、己斐地区の再開発が漸く動き出した様です。

    最終的な己斐地区全体の再開発についての青写真を迅速かつ丁寧にまとめて、無理の無いタイムスケジュールを決めて、粛々と再開発を進めていただきたいと思います。

  6. yareyare

    アストラムラインに己斐から乗って、本通りに行く人なんていないに同然。
    延伸する順序がおかしいですね・・・。
    逆に本通りから百メートル道路まで南進して、そこから百メートル道路を西進して西広島まで、アストラムラインを延伸する方が先だと思いますがね。
    距離にしてたったの3キロしかないわけで、百メートル道路の地下は工事もとてもやり易いし、短期間で完成できていたのにね。
    こちらを先に完成させておいて、広域公園から西広島までの延伸を行えば、環状線になって、どこからでも利用者がたくさん見込めるのにね・・・。
    誰が考えてもそういう順番だと思うがね・・・。
    でも現実は、いろんな鉄道会社や交通会社の利害関係が絡んでできなかったんだろうね。
    こういう公共の交通機関は公のことだから、行政がしっかりリードして、利害関係のことを言わさないようにさすべきだね。
    アストラムラインとJRの白島駅ができるまで、もめんさん返して、長い年月を失った教訓を生かしてほしいものだ!
    市民が被った迷惑は計りしれない、と言っても過言ではないと思う。
    市民へのサービスをいの一番に考える電鉄会社・交通会社が、市民からも大事にされ、大きく伸びていくのである。

    • 己斐T

      おそらく伴〜広域公園前の人が西広島駅に出るのに利用すると思われますよ。わざわざ新白島駅まで行くのは遠いですからね。

    • 宮城在住広島人

      百メートル道路の下を西広島まで、というと、川の下なので、地盤が軟弱で、工期もかかり、費用も相当になる気がします。

    • ボンボンボン

      アストラムは西広島駅が高架なので、
      太田川放水路の地下をアストラムが走るのはないんじゃないかな?
      地下に潜らせるならその先の天満川越えた辺りからじゃないかと思う。

  7. とし

    アストラムライン西広島駅、
    いつかは本通りに向けて延伸できるような
    駅を作るんではないでしょうか。

    既得権益、利権が都市の発展を阻むことが無いよう願うばかりです。

  8. NOVA

    アストラムラインは、本通から広島港に南進するのが先!

  9. ひろやん

    また「俺の考えた最強の交通機関の発表会」になり始めてますねw
    墓参りの時に時々よりますが、己斐はは本当に昭和のまま取り残された寂れた街の印象ですね。
    暫定とはいえ広場が整備されるとそこに人が集まってイベントもして、ボロボロのひろでん会館があったころよりは垢抜けた感じになると思います。変わり始めた己斐の町を活気づける広場になってほしいです。

  10. むーばす

    都心間の移動にかかわるアクセスの定員の少なさ、定時性や
    高速性への不満から、皆さんがアストラムの都心区間に言及
    するお気持ちは良くわかります。
    少なくとも西広島から白神社までは100m道路の敷地を活用
    すれば、地下を掘らなくても高架のまま建設が出来そうですし。

    しかしながら国が本通りから南を認めない以上は限りなく
    難しそうな計画達成。それよりは広電の平和大通り線と己斐
    駅でのアストラムやJR、バスとの乗り換えをいかにスムーズ
    にシームレスに実現出来るか考えるのがいま成すべき課題です。

    そして西広島駅周辺がもっと魅力的な副都心化が出来れば、
    決してアストラムの延伸も無駄ではなかったと言えるのでは
    ないでしょうか?ぜひここを駅前開発を起爆剤にして、広範囲
    にまちづくりがつながって欲しいと思います。

Comments are closed.