新広島ビルディング 建て替え工事 2019.08(Vol.9) タワークレーン解体

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。
既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階、延11,500平方メートルのオフィスビルを新築します。
完成は2019年10月の予定で、名称は従来からの「新広島ビルディング」が新しいビルにも引き継がれる予定です。

【三菱地所】:「新広島ビルディング建替計画」着工-広島市中心部の好立地に高機能・環境配慮型オフィスビルを建設- (PDF 559KB)


完成イメージ(上記公式資料より)

 

前回の状況です。

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。 既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階

Sponsored Link

八丁堀交差点から。

 

外観は低層部以外ほぼ露出しています。
同じく三菱地所が手掛けた同規模のオフィスビル「広島鉄砲町ビルディング」と並び、オフィス街の一角をなすようになりました。

 

天満屋ビルの前から。

【新広島ビルディング建替計画】
高さ59.9m、地上14階
敷地面積:1,090.35平方メートル
建築面積:970平方メートル
延床面積:11,500平方メートル
着工予定:2017年12月1日
竣工予定:2019年10月31日

 

最上部では、親のタワークレーンを解体するための「子」クレーンの痕跡が。こちらも解体中です。

 

胡町の歩道橋から。

すぐ東隣には、「ネストホテル広島八丁堀」が2019年5月に開業しました。

【公式】:ネストホテル広島八丁堀

 

賀茂鶴オアシスの横を抜け、西側の路地に入りました。

 

正方形の断面に見えるこのビルですが、背面(北側)はこのように一部欠けたL字型のビルになっています。

新しい「新広島ビルディング」は2019年10月の竣工予定です。

 

 

さて、少し番外編です。
建て替えられている「新広島ビルディング」近く、相生通りと白島通り・中央通りが交わる「八丁堀交差点」に見慣れないインフォメーションサインが登場しました。

片足だけで立つサインはそれだけで結構目立ちます。
広島市が行っている実証実験で設置された「広告付き観光案内サイン」です。

【広島市】:広島市広告付き観光サイン整備に関する実証実験実施事業者の募集

遠目から見た時はデジタルサイネージかと思いましたが、一般的なタイプでした。
この背面は、天満屋ビル付近の歩行者や電車・バスの乗客に向けた大きな広告が配置されています。

情報量がそこそこあるがゆえ、文字が小さく感じましたが、
当然多言語表示は行われており、観光案内サインとしては十分な内容と思います。

民間資金を活用したこうした策は、今後も積極的に行っていってほしいですね。

 

一方で、こちらにも新たなサイネージが設置されていました。

 

液晶画面を用いたデジタルサイネージです。

こちらは完全に民間資本!広島市南区の田中電機工業の子会社が、広島市都心部を中心に設置を進めているとのこと。

【中国新聞】:電子看板、広島で拡大 スマートコムシティひろしま

広告に使える放映枠を販売し流す他、設置した施設の情報、県や市の観光情報をループして放映します。
設置費・運営費は全て田中電機工業の子会社「スマートコムシティひろしま」が負担するとのこと。

ビジネスとして上手く成り立つ事によって、設置会社、広告主、そして観光客全てが恩恵を受ける好循環が生まれることを期待したいです。

Sponsored Link

9 comments

  1. たちまち Reply

    立町にデジタルサイネージがあるのを発見しました

  2. OK Reply

    駅前大橋からこのビルの前あたりまで広電の
    高架を伸ばしてもらうだけで
    劇的な効果があると思いますが・・・
    ムリでしょうね(涙)

    • まさし

      そうですよね。せめて稲荷橋あたりまででも随分違うと思います。

  3. イカ天 Reply

    せめて、高架は稲荷町手前まででしょ。駅前大橋までってどうよ。

  4. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    民間資本によるデジタルサイネージ、いいですね。

    公金に頼らない商業放送(民放)の様に、街の案内が民間で事業化出来れば本当に理想的です。

    民間資本の活用により、観光などで広島都市圏外からの訪問客の満足度高めてリピーターとすることが出来れば、街全体が潤い、更に民間資本の蓄積に繋がります。

    民間資本の蓄積とその民間資本の活用こそが街づくりに於いて、好循環をもたらす原動力だと言えます。

    田中電機工業㈱(南区大洲)は、水素水で育てたイチゴ(安芸こまち)で農業参入の件でも話題になった電子制御で西日本大手の企業です。

    広島の基幹産業である自動車産業の急速な自動運転・電動化の流れの中での技術開発に於いても非常に期待が持てる先で、今後の事業展開が楽しみな企業です。

  5. OORer Reply

    八丁堀のやつ見ました!普通の形じゃないのがまた良いですよね

  6. 社会系 Reply

    相生通りに、15階クラス(60m)オフィスビルが次々に完成しています。
    このようなビルが連続すると、このレベルでも大都会的な雰囲気を出すと思います。

  7. サンフレッチェ大好き Reply

    広島の製造業は世界レベル。県、市は積極的に企業を誘致し広島の体力を付ける努力しないと大変な事になりますよ。広島の場合製造業あっての観光、スポーツ、サービス業でしょ。

  8. Reply

    同感です。
    広島で外資ホテルが好調で2店目が進出を決めたのも、観光だけでなく、ビジネス利用の外国人が多いからだと推察します。
    海外にあるマツダ関係の会社や、最近では、拡張工事を終えた東広島のマイクロン等。
    広島駅北口では、そのようなビジネスマンらしき外国人の姿を本当によく見かけますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。