東広島・安芸バイパス整備状況 <海田&明神地区 詳細編> 2021.06(Vol.5) 海田西ICの橋桁架設など

国土交通省中国地方整備局は、広島市と東広島市を結ぶ国道2号「東広島・安芸バイパス」の整備を続けています。

「東広島・安芸バイパス」は現在、瀬野西IC~海田東IC間のみ供用している状態で、前後の区間で整備工事が続けられています。

海田東ICから広島市側では、海田東ICから先へ高架橋を約1.4km延伸し、新広島バイパスに直結させる「海田高架橋」を整備します。
2022年度に八本松IC~瀬野西IC間と合わせての開通を目指しており、完成すれば東広島バイパスと広島都心部に乗り入れる新広島バイパスが一本の自動車専用道路で繋がる予定です。

さらに、海田西ICを直進し広島南道路に直結させる「明神高架橋」の整備も始まっており、
広島市東部の道路ネットワークの整備が加速しています。

Sponsored Link

 

事業の概要と前回の状況

【中国地方整備局】:中国地方整備局管内の道路事業の開通見通しについて(PDF)


(資料をもとに管理人作成)

 

前回の状況はこちら。

国土交通省中国地方整備局は、広島市と東広島市を結ぶ国道2号「東広島・安芸バイパス」の整備を続けています。 2019年に整備中の事業の開通時期を公表し、 2022年度に海田西IC

 

橋桁架設でジャンクション化が進む海田西IC

今回は建設中の海田高架橋の西側を中心にご紹介していきます。
新広島バイパスの終点でもある海田西IC付近を、日の出町交差点から振り返りました。

 

背後が東広島方面で、海田東ICから延伸される高架橋が頭上を通り、眼前の海田西ICに繋がる予定です。
非常に幅の広い門型の橋脚の奥に、新しい橋桁が伸びてきています!

 

別角度から。

 

最も手前まで伸びている橋桁は、新広島バイパス→東広島バイパスに接続する連絡路のランプウェイです。
後ほどご紹介しますが、海田大橋方面に接続し”本線”扱いとなる「明神高架橋」はここを分岐して直進していくので、
海田西ICは新たなジャンクションにもなります。

 

近づいていく前に、振り返って東広島方面の高架橋を。

建設中の「海田高架橋」は前後区間と合わせるため暫定2車線での開通となるようですが、
分岐路になることと、将来の拡幅を見据えているため、とてつもなく広い橋桁となっています。

 

高架橋の北側から、接続部分を目指します。

 

都心方面から続いてきた新広島バイパスの終点のランプウェイのちょうど真上に、橋桁が伸びていきます。
現在はここで明神方面からの交通と合流するため、いつも流れが悪くなっています。
完成すれば大半の交通は高架橋のまま東広島バイパスに抜けていくことになると思われます。

 

新広島バイパス方面へ。

ちょうど呉線が通っているところでシャッターを押しました。
ここは呉線上空部分の架設を残すのみとなっています。

 

東広島方面を振り返ります。

 

 

ここは言葉で表せないほどダイナミック!
前回の更新では向かって右側、下りの新広島バイパス方面(都心方面)の橋桁が登場し始めた状態でしたが、
先程から写している上りの東広島バイパス方面(東広島方面)の橋桁が加わりました。

2本の橋桁の高さが違うのがお分かりいただけるでしょうか。
上りのランプウェイはそのまま”本線”の高架橋に繋がるのですが、
下りのランプウェイは、その”本線”が頭上を広島南道路方面(海田大橋方面)に伸びていくため、最低限の高さに抑えられています。
JRのアンダーパス・地上・ランプウェイ・本線の4層で構成される、複雑な構造となります。

 

 

海田大橋まで繋ぐ明神高架橋は下部工工事が本格化

これまで紹介してきた海田西ICから西へ直進し、海田大橋(広島南道路)までを繋ぐ「明神高架橋」も下部工の工事が本格化しています。

もう一度概要を載せておきます。


(資料をもとに管理人作成)

画像下側の「広島南道路延伸区間(高架)」と書いている部分です。

 

海田西ICをそのまま真っすぐ進み、JRの線路の手前から振り返りました。

画像奥の東広島方面から大きくカーブする海田西IC部分。
海田大橋に繋がる高架橋は”本線”扱いとなり直進していきます。

 

橋脚ができるであろう箇所は、この通り基礎工事が始まっていました。

 

記事の構成上、明神高架橋に分類しましたが、
看板をご覧いただいて分かるようにここはまだ海田高架橋の関連工事となるようです。

 

そこから呉線のアンダーパスを抜け、国道31号と交わる東部流通団地北口交差点にやってきました。

奥に海田西ICの高架橋が見えています。
目の前を横切る高架橋は、新広島バイパスから呉方面に立体的に接続させるための連絡路です。
ここもまた高架橋のさらに上をパスする立体構造となりますね。

 

振り返り、道路用地が続く海田大橋方面です。

 

 

はっきりと「明神高架橋」という名称の入った看板を確認することができました。
令和3年11月30日までとなっていますが、当然これだけの長い区間があるので、工区をいくつも分割した内の一つの工期です。
3枚目の画像で側溝が確認できます。
現在は対面通行の平面部分ですが、高架橋を上下で挟む形に変更されます。

 

すでに橋脚が姿を表しているところも確認しました。

 

この日撮影した車載動画の一部から、切り出したものをご紹介します。

 

東から西へ、海田大橋→東広島バイパス方面に進んでいる所です。
矢野地区とを結ぶ橋梁付近とそこから200m程度東へ進んだ場所で、計4基の橋脚を確認しました。

車載動画は後日公開しますのでお待ちください。

 

今回の取材記事は以上です。
行くたびにダイナミックな変化のある海田西IC付近と、いよいよ動き出した明神高架橋の下部工事。

東広島・安芸バイパスも広島南道路も、ともに地域高規格道路「東広島廿日市線」の一部で、
広島県西部の都市圏を横断する非常に重要なバイパス路線です。
長きに渡りミッシングリンクだった広島市東部の路線がこうして接続されようとしていることに感動すら覚えます。

東広島・安芸バイパスの「八本松IC~瀬野西IC」間および「海田東IC~海田西IC」間は、
2022年度の開通予定です。

(明神高架橋「海田西IC~海田大橋」間の開通時期は未公表。)

※IC名称はいずれも仮称です。

 


(資料をもとに管理人作成)

 

Sponsored Link

17 comments

  1. NOVA Reply

    東広島バイパスからクレアラインに入れるように、仁保ジャンクションを改良して欲しい!

    • くじ

      安芸区安芸郡は自治体が入り乱れているからかどうも足並みが揃わないんですよね・・・。それはそうとして
      広島に限らず大抵の街は、首都圏関西圏のように経済的に余裕もないためか、郊外から郊外へ向かうインフラはあまり重要視されない傾向にあります。仲間をたくさん集めて大勢の声で役場へ何度も嘆願する根気が必要です。

  2. tncho Reply

    レポートありがとうございます。
    日の出町交差点から国道31号までとてもダイナミックな構造ですね。

    海田大橋までの工事も進んでいてホッとしましたが、東広島・安芸バイパスの開通時期とのタイムラグは出来るだけ小さくなると良いですね。

    通過交通はなるべく広島南道路に誘導したいところですが、下道が挟まると料金の面で劣る広島南道路にメリットがなくなってしまいます。

  3. Reply

    東広島~安芸バイパス~広島南道路と徐々にいい流れになってきそうですね
    広島南道路、はつかいち大橋も2車線から4車線に増幅する工事が始まって時が経ちましたが、
    こちらも気になりますね。

  4. BJ Reply

    客観的に言わしてもらうと海田町、府中町は広島市です
    足並み揃わないのは合併しないから この2町が合併すれば広島市は130万人になるのに安佐北区の山奥が市内で広島駅に近い所が郡なのはどう考えてもおかしい
    なぜ広島市が声上げないのか不思議でならん 少数の意見ばかり聞いていても町は発展するどころか衰退していくだけ

    • みみずく

      海田町・府中町と広島市の合併が望ましいのはその通りですね。
      しかし、過去の経緯を考えると、独立した自治体であることに旨みを感じる人々が両町の中で明確な少数派に陥らないと、市側も真剣に働きかける気にならないと思います。

      20年近く前、府中町の住民投票では広島市との合併に賛成数より、単独市制を目指すに賛成と単独で町のまま存続に賛成を足した数が多いという結果でした。ただ、その差は僅かで、それゆえ町内部の争いも激烈だったと聞きます。

      両町の中にも、広域での連携の必要性を理解している人々はおられるわけので、将来に期待したいですね。

  5. タロ Reply

    先日の三原の記事にて、東広島方面も触れてほしいとコメントしたものです。
    それが偶然なのかそれとも見ていただいた結果なのかはわかりませんが、
    早速記事にされていて、非常にタイムリーでした。
    最近の移動制限からあまり行く機会はありませんが、着々と完成に向けて
    動いていることがわかりました。

  6. Reply

    全部完成したら西条から仁保まで
    信号無しになるのか
    昔からの渋滞名所もついに解消か

    20年以上遅い

    • 山中ルンペン

      ほんま遅いんじゃ。
      あの渋滞に延々並ばされた世代は、もう退職しているひとも多い。

  7. 広島リボーン Reply

    このバイパスが完成すれば東広島と広島の距離感は近くなり両市の発展に寄与するでしょう。理想を言えば府中町の山をぶち抜いて海田府中バイパスなるものが出来ればいいですが、そして府中町海田町は広島市に合併すれば完璧です。

  8. chan Reply

    いつも記事作成ありがとうございます。
    全線開通が近づいてきたのですね。改めて事業概要を見ましたら、東広島バイパス海田ランプに着手したのが平成5年、完成が令和4年とのこと。土地区画整理を合わせると、おおよそ30年経ての完成。ようやくですね。

    2号線志和インター入口⇄上瀬野間や276号線海田大橋入り口⇄日の出町間は、管理人さんもおっしゃっている通り、いつも混雑している印象です。長い間心身を消耗してきた方もいらっしゃるでしょう。
    全線開通による渋滞緩和はここの他、大正交差点付近や31号線呉方面にどれほどの影響が表れるか気になります。
    2号線黄金橋渋滞は変わらない若くは拍車がかかる気もしますが、こちらも気になるところです。後の海田大橋接続や阿賀ICの立体化で東広島・呉・広島の新たな連続性が生まれることで、下道との棲み分けが上手く進むことを期待します。

    記事の立体構造部、すごいことになりそうですね。通過するばかりでなく、実際に足を止めて見てみたくなりました。

  9. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    東広島・安芸バイパスの工事、凄い迫力ですね。

    地形的な制約もあり広島の市街地の広がりは西方面・北方面へが先行し、アストラムラインや山陽自動車道と平行した、中筋・五月が丘入口間、更には石内バイパスで西広島バイパスまで延々 4車線道路が続き、西方面と北方面の市街地の拡大が一体化している箇所さえあります。

    東方面もこの東広島・安芸バイパスから東広島市・呉市とのトライアングルにより産業面での総合的な開発に加えて、山陽自動車道志和・広島東インター間に平行した下道が出来れば将来的には西・北方面の一体化と同様に東・北方面の市街地の一体化が図れるかも知れませんね。

    広島は、地形的な制約が多く市街地の広がり方が複雑ですが技術の進歩に伴い予測も出来ない様な展開があるかも知れませんね。

    東広島・安芸バイパスの迫力ある写真を拝見して妄想が膨らみました。

  10. タミー Reply

    現状では、アクセスに於いて唯一の頼りとなっている山陽自動車道の不通・渋滞が日常茶飯事であるため、空港・大学等の移転が結果として都市機能の分散隔絶を招き広島市単独での都市機能の低下を強く印象付けてしまっている様に思います。

    この東広島・安芸バイパスが開通して東側の西条バイパス、西側の新広島バイパスや海田大橋・広島高速と直結すると、広島・東広島の連接都市(コナベション)化が一気に進む印象へと劇的な変化(イメージチェンジ)を期待したいと思います。

    将来的には岩国・広島・呉・東広島を中心とした広島大都市圏(広島広域都市圏)と岡山・倉敷を中心とした岡山大都市圏とが間にある福山を中心とした備後都市圏を鎹として一大連接都市を形成すれば、首都圏・中京圏・近畿(関西)圏・福岡北九州圏と続く太平洋ベルト地帯(メガロポリス)の中で「第5の巨大都市圏」として瀬戸内圏が(広島単独では厳しくてもそれらの各地域が結束すれば)太平洋ベルト=日本全国を牽引出来る地域の一つに成長する事が出来ると思えます。

    東広島・安芸バイパス開通に対する期待(機能面ばかりでなく、私自身がそうであった様に、特に若い世代の男性が持つ「不便な街・面白味のない街」といった広島・東広島に対する悪しきイメージの払拭)は絶大です。

  11. ぞぞ Reply

    都市計画から50年…
    もっと早く開通していればとは思いますが、2年後楽しみですね

  12. _toshio_ Reply

    鯉党さん、取材お疲れ様です
    「明神高架橋」の取材有難うございます。あそこって土地は確保出来てますが橋梁工事がいつまでとは有りますが海田西IC(仮)から海田大橋までの完成時期が不明なんですよねぇ。それ以外は取材通り来年完成するのかな?
    海田一帯は連続立体交差事業と言うビッグプロジェクトが控えており、まだまだ目が離せないエリアですが、また減速しているんでしょうか完成時期が見えてこない。牛歩ですねぇ。私が生きているうちに完成した姿を見る事が出来るんでしょうかねぇ。この一帯の不思議構造に興味を持ち始めて、かれこれ40年以上になりますが、いつ完成するの?そうこうするうちに団塊ジュニアが居なくなってしまって日本の人口が。。。交通量が
    挙げ句の果ては、塩漬けで終了してしまいそう(^_^;)

  13. タミー Reply

    広島市東部の道路網が整備されてくると気掛かりなのがマツダ本社・宇品工場への通勤体系の変化です。

    広島広域都市圏内で最大の職域であるマツダ本社・宇品工場への主な通勤体系は現状では特に広島市東部の道路網の整備が非常に遅れており、極めて劣悪な環境にある為、自動車製造企業でありながら、JR山陽本線・呉線(最長8両編成で定時制・大量輸送を確保)↔️本社前のJR向洋駅・マツダ本社前バス停↔️社内バス(私道にて渋滞無し)↔️各職場と自家用車での通勤が事実上不可能なのでJR 向洋駅前の本社から延々と宇品工場に至る法人所有の私道・猿猴川河口に掛かるマツダ社専用の東洋大橋を活用した苦肉の策で一民間企業が対応しています。

    そうした真の都市圏内での人の流れが行政のデータに正確に反映されているのか甚だ疑問で、ここまで東部地域の道路網の整備に遅れが生じているのは、単に公道だけの表面上の交通量データに基づいた優先順位の判断による結果でもあると推察します。

    往々にして行政関係では都合の良いデータを駆使して優先順位を決定する傾向があるので、今後の街づくりには実態に基づいた社会調査を行い、過去の都合の良いデータではなく最新のより現状の真実に近いデータを活用することが何よりも重要になると思います。

    折角東部地域の交通網の整備が進んでもマツダの自動車通勤が解禁となれば現状以上の大渋滞を招きかねません。

    とはいえ、当たり前の様にマツダ側に、現状の異常事態をただ単に継続せよと「何のフォローも無い」場合はこれはこれでまた非常に違和感があります。

    今や自動車産業はEV化等国際競争力で日本が世界と互角に戦える数少くなった基幹産業の一つなので地域社会だけでなく、国を牽引して行くべき存在となっています。

    地方行政だけでは自動車産業界に対して強力なバックアップする事は出来なくても、せめて足を引っ張ることは無い様に努めて欲しいと願っています。

    兎に角遅れに遅れている広島市東部の道路網の整備には最善を尽くして欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。