明治安田生命広島ビル 解体工事 2022.07(Vol.4)

広島市の中心部、紙屋町では2つのオフィスビルの建て替え計画が進んでいます。

明治安田生命は、2022年度までに広島を含む全国6都市の一等地に持つ不動産の再開発に着手することを明らかにしました。
広島で対象となるのは、鯉城通り沿いの袋町に建つ「明治安田生命広島ビル」。
1972年に竣工した、高さ約62m、地上17階・地下4階のオフィスビルです。
2021年11月から解体に向けた準備が進められています。

 

また、広島トランヴェールビルディングの東隣に位置する「広島日興ビル」についても建て替えることが決まっており、入居していたSMBC日興証券広島支店が2021年8月に移転しました。

 

前回の状況です。

明治安田生命は、2022年度までに広島を含む全国6都市の一等地に持つ不動産の再開発に着手します。 全国の投資規模の合計は1,000億円程度とされており、大型ビルを建て、高利回りを

 

 

建て替え報道の概要

以前まとめた概要です。

紙屋町交差点近く『広島日興ビル』と『明治安田生命広島ビル』が建替へ

 

高さを減らす明治安田生命広島ビル

鯉城通りの明治安田生命広島ビルからご紹介。

 

広島市の都心部における初めての超高層ビル(60mを超えるもの)でしたが、
解体工事が進んでおり高さを減らしているのが分かります。

 

胴回りも大きなビルでした。

 

北面の状況。

計画の概要は今のところ明らかにされていませんが、引き続き注目の案件です。

 

 

解体工事が始まった広島日興ビル

こちらは相生通りの「広島日興ビル」。

しばらく見ない間に、解体のための防音パネルの設置が始まっていました。
歩道上にも仮設足場が設けられ、これから本格的に工事が進められる模様です。

 

現地にはこのような看板も。

(現地看板を撮影。一部加工。)

「(仮称)大同生命広島ビル新築計画」という具体的な建て替え名称が用いられています。

元のビルは「広島日興ビル」という名称でしたが、現在のビルの所有者である大同生命保険(大阪市)による同社の屋号が用いられたプロジェクトとなるようです。((仮称)ですが)

敷地面積が狭く、容積率的にそこまで大きな規模は難しい可能性もありますが、
スクラップアンドビルドによる都心の求心力の維持・向上にはこれからも注目していきたいです。

広島市都心部では、今年2022年秋に広島駅南口の「広島JPビルディング」が開業を予定しておりますが、
それ以降のまとまった規模の新規オフィスは、市営基町駐車場一帯の再開発くらいしか具体化されていません。(2027年度完成予定)
好立地にあり建て替えが始まったこれら2棟のビルは、当面のオフィス不足の期間を埋めるスピード感も強みになりそうです。

 

基町相生通地区再開発の完全なイメージパースが公表!高さ160m複合ビルの計画を承認

guest
17 Comments
古い順
新しい順 高評価順
Inline Feedbacks
View all comments