西広島駅再開発 2019.06(Vol.2) 『ひろでん会館』解体 JR仮駅舎工事も進む!

広島市の西で、JRと広島電鉄が接続する西広島駅では、
アストラムラインが延伸されるのに合わせ、一気に駅本体と周辺のブラッシュアップが一気に動き出しています。
・JR西広島駅の南北自由通路の整備・橋上駅舎の整備(2022年度末開業予定)
・駅南口の約1.8haに、商業・教育・交流施設や100m級タワーマンションを建設する再開発(当初2022年度開業予定)
・アストラムライン西広島駅までの延伸整備と、北口一帯区画整理(2030年前後接続予定)

コメントで教えていただきました。 遅くなりましたが、ありがとうございます。 広島駅から岩国方面へ3駅、将来アストラムラインの延伸先となるJR西広島駅の周辺で、 市街地再開

 

前回の状況です。

西広島駅の周辺では、建物の老朽化が進み賑わいも失われている現状を受け、 地権者らによる再開発構想が動き出しています。 広電西広島駅を中心とした約1.8haの区域に、 100m

Sponsored Link

今回の記事は2019年6月下旬に撮影した画像です。少し遅くなってしまいました。

JR西広島駅南口広場から、広電西広島駅方面を望みます。

 

景色が以前と全く違います!

久しぶりに来て驚きましたが、広場向かいの正面にあった「ひろでん会館」の解体が進み、完全に姿を消していました。

 

北東側から。

街区にぽっかり空間が生まれ、空が見えるようになりました。
再開発される実感がグッと高まります。

 

跡地の北側を通り、広電西広島駅に近づきます。

 

「ひろでん会館」跡地と、広電西広島駅から路地を挟んだエリアも再開発予定地です。
このあたりの光景は数年後全く違うものになっていると思われます。

 

広電西広島駅から見る「ひろでん会館」跡地。

以前はビルを通り抜けてJR西広島駅方面に行くことができていました。

 

続いて、宮島街道南側から。

 

以前も書きましたが、宮島街道が面する東側は駅舎とを隔てるようにシャッター街が続いているので、
ここは解体するなどして、もっと交通の結節点として分かりやすく親しみやすいものにしてほしいです。

 

平和大通り方面に移動し、新己斐橋付近から。

 

将来はJR西広島駅の自由通路からペデストリアンデッキがひろでん会館跡地の再開発ビルに繋がり、
90度折れて広電西広島駅に降りるような歩行者動線になります。

ひろでん会館の再開発は、JR利用者と広電利用者を繋ぐハブ的な役割を担うことになりますね。

 

「ひろでん会館」跡地や、JR駅側街区一帯まで含む再開発事業は、
2017年4月の当初報道では、”早ければ2022年度の完成を目指す”とされていました。

そのスケジュールに乗るならば、そろそろもっと具体的な計画の概要や進捗などが明らかになってもいいと思いますが、
なかなか情報が表に出てきませんね。もう少し静観したいです。

 

 

さて、JR西広島駅にも動きが出ております。

JR西広島駅については今年2月、広島市から駅の橋上化と南北自由通路を整備する計画の概要が明らかにされました。

広島市は、バリアフリー化されていないJR西広島駅について、 南北自由通路を設け、橋上駅舎を建設する計画を進めています。 1日、中国新聞を通じてその完成イメージと大まかな仕様が明
広島市は、デルタ西の結節点であるJR西広島駅について、 南北自由通路と橋上駅舎を整備する計画を明らかにしました。 1日に中国新聞を通じて公開されたイメージ図などをもとに記事を書

【広島市】:西広島駅自由通路等の整備について


南口イメージ(広島市)

 


南口側から北口方面のイメージ(広島市)

 

南口広場から、現在の改札がある付近とは反対側の北東側に目を向けます。

 

「西広島駅支障移転他工事」が進んでいます!

自由通路の整備に当たり、こちら側に「仮駅舎」を建設していると思われます。
完成後は、ここが仮の改札口になります。

 

改札内に入りました。

右手に現在の改札口が見えるかと思います。
新しい自由通路はちょうどこの真上あたりに整備されます。

橋上化とは別の流れですが、線路のそばではJR西日本が整備を進める新しい保安システム「D-TAS(ATS-DW)」用のケーブル設備が確認できます。

 

先程の仮駅舎・仮改札予定地付近です。

 

 

土台となるコンクリートが見え始めています。
冒頭にも書いたとおり、6月下旬に撮影した画像なので、現在はもう少し状況が変わり完成に近づいているかもしれません。

 

少し離れ、2・3番のりばから。

 

現在の跨線橋のすぐ近くです。
現状では階段は奥側を向いていますが、仮駅舎の運用開始に合わせ、「仮階段」を画像で見えている手前側に設置し切り替えられると思われます。
廿日市駅や岩国駅で行われたのと同じ手法ですね。

列車の停止位置も大きくこちら側にずれるでしょうね。

 

現在の跨線橋。

広島市近郊の山陽本線で残された最後の、レールを骨組みに使った跨線橋です。

 

線路上にもう一度目をやると、自由通路建設に向けた準備の一環で、
新しい架線柱が次々と姿を表しているのが確認できました。

 

西広島(己斐)の再生の核となる、JR西広島駅の橋上駅舎・自由通路、
2021年春に暫定開業、2022年度末に全面開業する予定です。

Sponsored Link

31 comments

  1. みみずく

    タワーマンションは現在の地権者の経済的欲求を満たすには良いツールなのでしょう。

    しかし、マンションを再開発に含めることは数十年先に再々開発が必要になった時、多数の権利者の存在がとんでもない障害となりかねません。交通の結節点になる公共性の高い立地では今後はできるだけ避けて欲しいですね。

    市内のタワーマンションも今更100メートル級では目新しくもないですし、独自性のある地に足の着いた開発計画を願いたいです。

    • hima

      みみずくさん、

      タワーマンションは非常に利回りがいいので、地権者には非常に美味しい話です。おっしゃる通り、次に開発を考えた際に、非常に邪魔なものになってしまいます。一度できてしまうと、その建物の大きさや権利等のややこしさがあり、次の開発が困難なことになります。実施に、都市部の商業地区がタワマンに侵食された横浜や神戸は、規制条例を施行せざるをない状況になっています。タワマンは都市部の象徴というよりも、どちらかというと、大きなお墓みたいなものだと思った方がいいと個人的に思っています。

      私も地に着いた開発というもに非常に賛成です。西広島駅付近には非常に独特な雰囲気のお店や食べ物屋が立ち並んでいます。この辺りを活かせるような開発になればいいなと遠くで思っています。

  2. 社会系

    西広島駅においても、解体・仮駅舎レベルですが、再開発が始まっているようです。

    駅舎再開発に加えて、
    新交通システムであるアストラムラインも西広島駅まで延伸することも発表されました。

    JR・私鉄・新交通システムという3路線交通結節点として、機能することになります。

    そうであれば、
    ひろでん会館跡地は、マンションではなく、オフィスなどが望ましいと言う意見もありまが、
    37階・130mクラスの商業施設・マンションになることを、以前聞いたことがあります。

    東京で、JR・私鉄・新交通システムという3路線交通結節点といえば、日暮里です。
    日暮里駅前には、高層オフィスビルはなく、最高層ビルとして、
    ステーションプラザタワー(36階)という商業施設・マンションがあります。

    山手線の駅ですら、商業施設・マンションなのですから、
    ここの再開発は、同様に、商業施設・マンションでもいいと言えるのではないでしょうか。

  3. タミー

    西広島・己斐界隈での広電会館は圧倒的な存在感だったので、取り壊し後の写真を拝見してもどこだかわからないくらいです。

    JR山陽本線では両隣が横川駅と商工センターの入り口にあたる新井口駅でどちらも地場企業の本社が多い地域であるからか、この己斐地域では地場企業が続々と育ってきているという印象はありません。

    とはいえ、西広島駅周辺に本社があるドリームベッド は進駐軍のベッドの修繕を担当した技術を生かして創業し、発展してきた企業で、今では、東京都内にも展示場を数ヶ所有し、来年には上場を目指しているとの情報もあります。
    広島都市圏をはじめとするホテルの建設ラッシュや高齢化社会で病院等での需要が後押ししている成長企業の様です。

    街づくりには企業誘致とともに、地場企業の育成も重要課題であることを念頭に進めていただきたいと思います。

    アストラムライン延伸計画については2030年代前半と気長な話となっていますが、行政お得の不景気到来による計画の遅延・白紙撤回とならない様に、決まったからには、出来るだけ前倒しで進めていただきたいと思います。

  4. おまる

    社会系さん、

    東京と広島では単純に比較することはできないと思います。
    東京には日暮里よりも交通の便が優れている駅が多数ありますが、広島には再開発後の西広島よりも交通の便が優れた駅はそうありません。人口規模や経済規模等も違うのは承知の上で、西広島には東京や新宿とは言わないまでも池袋や渋谷のような広島市内で2番手3番手としての機能を持った街づくりを望みたいです。

    • 社会系

      ありがとうございます。
      様々な意見を出し合い、広島再開発を考える場となれば幸いです。

      ご指摘通り、東京と広島を単純に比較することはできません。

      ただ、副都心とは、
      郊外と都心の中間に位置して、
      映画館、百貨店、大手家電店などが存在することで、都心に行かなくても済み、
      都心を緩和する機能がある街を言うことになるかと思います。

      新宿、池袋、渋谷に対応するのは、西広島ではなく、
      新井口(109、天満屋、ヤマダなど)、
      緑井(TOHO、天満屋、ビックカメラコジマなど)、
      天神川(バルト、ビックカメラコジマなど)であると考えています。

      また、高速道路でアクセスできることも重要で、
      新宿、池袋、渋谷を結ぶ首都高速中央環状線と同様に、
      天神川(府中)~(広島東)~緑井(広島)~(五日市)~新井口(草津)という、
      高速環状線も形成されており、
      臨海副都心(首都高速湾岸線、広島高速3号線)とも高速でつながっています。

      そうであれば、
      西広島は、都心として、日暮里のような機能を持つ街になればと考えました。

    • おまる

      お返事ありがとうございます。
      確かに広島では新井口、緑井、天神川などがすでに副都心としての機能を有しており、これ以上むやみに商業エリアを開発するよりは既存エリアの再開発に投資したほうがいいのかもしれませんね。
      交通アクセスはとても良い場所になるので惜しいところですが。。。

  5. 鯉己斐

    アトムは本気で、、、広域公園から己斐まで伸ばすんでしょうか???
    しかも一部は単線で???
    この流れだと、本当にそうなりそうですね。
    大丈夫なのかな?どうせならちゃんと複線で整備してほしいところですが。。

  6. NOVA

    昔の政財界は先見の目を持った人が多かったが、今は行き当たりばったりの開発が多すぎる!

  7. サンフレッチェ大好き

    これ以上広島の規模で人の流れを分散してどうするんですかね。コンパクトシティを目指す広島市は都心は上八丁堀、副都心広島駅周辺で十分でしょ。都心が栄えてこそ広島市の未来があると思います。

    • 社会系

      他の方も、以前から、言われていることですが、
      現在の交通体系では、都心が混雑しており、分散せざるを得ないと思います。
      都心に集中すると、電停やバス停が人であふれてしまう。

      広島空港、広島大学、広島修道大学、広島市民球場、広島テレビなどの移転は、
      この理由からだと考えられます。
      オフィスも、紙八という都心から、広島駅という新都心に移転傾向にある。

      人の流れが都心に集中して欲しいですが、広島では物理的にできないのです。
      この点を理解する必要があるように思われます。

  8. ミラ

    西広島行くと昭和感があるよね
    ほんと、年寄りが幅を利かせるようじゃ
    未来が描けないよ・・
    (広島の再開発すべてに言えることだけど・・)

  9. タミー

    西広島駅周辺再開発の核となる商業施設ですが、再開発計画が発表された時点では広電ストアーが担うものだと思い込んでいました。

    しかし、広電会館の取り壊しが予想以上に、早く、広電の流通業界からの撤退も明らかになり、広電ストアーの食品スーパーであるマダムジョイをイオン系のマックスバリュー西広島が引き受けることから西広島駅再開発の核はマックスバリューとなる可能性が高いと考えるのが筋だと言えます。

    しかしJR山陽本線の両隣の横川駅前にはフレスタ本店、新井口駅前にはスパーク本店と地場食品スーパーの本拠地があり、また西広島駅横にはイズミの食品スーパーゆめマートもあるのでイオン側がどう判断するかは、微妙な感じがします。

    副都心について色々議論がなされている様ですが、個人的なイメージでは郊外からの私鉄の終着駅(ターミナル)が複数あり、従来はそこから地下鉄などでCBD(中心業務地区)に乗り換える地域に形成された繁華街・歓楽街エリアをさし、近年では新都心へと進化しているエリアです。

    東京では池袋・新宿・渋谷、大阪では梅田・難波、名古屋では名古屋駅周辺が典型的な新都心に相当すると考えます。

    巨大規模を有している三大都市圏以外では、複数の私鉄の終着駅となっているエリア自体がなく、比較することが意味をなさないとの意見ももっともだと思います。

    強いて言えば、広島では小規模ではあるが、バスセンター及びアストラムラインが郊外から直接乗り入れている既存の都心でもある紙屋町エリアと、在来線各路線が郊外からの終着駅化しているJR広島駅周辺界隈が新都心に近い存在に成長が見込める地域だと思います。

    己斐・西広島駅周辺界隈をみると、かつては広電宮島線の専用軌道用の高床電車の終着駅となっていたので、低床の路面電車との乗り換え駅として栄え、広電会館に商業施設を設けて、小規模な副都心化の動きも一時期は見られました。
    しかし、宮島線が全便低床の市内直通電車に切り替わり乗り換えが不要となり、また、アルパークへの広電ストアー出店により己斐・西広島駅周辺界隈の商業エリアとしての地位は壊滅的なダメージを受けました。

    宮島への広島市内からの観光起点として、ホテル等も考えられますが、このままでは己斐地区居住者を対象とした商業施設及びマンションが現実的な様に思います。

    宮島観光の起点を全面に押し、地元企業のショールームを集める等も絡めて何とか、何処にでも出来そうな、マンション&食品スーパーだけの味気ない高層ビルにはならない様にしていただきたいと願っています。

  10. 元住民

    20年近く広島に住んでいましたが、
    転勤で東京に引っ越したものです。

    ふるさと広島の開発状況を気になってよく見てますが、
    この記事にかかわらず、広島人による反対コメントが非常に多いですよね。

    すごい保守的な人が多いのか、分かりませんが。
    広島というポテンシャルを持ちながら、
    中途半端なクラスの都市に留まったのは残念です。

    もう広島市全体としての挽回は無理そうですから、
    広島駅周辺500m圏内の開発をがんばってください笑

    • ななし

      広島人が保守的なのではなくて、広島の行政による街づくりがあまりに中途半端で納得いかない方の反対コメントがあるのです。ロジックが逆転していますよ。

    • 安佐南区民

      あくまでマンションやビルを建てるのは民間企業なので、
      それは企業の意向でいいと思います。
      中途半端なのは建物の規模ですか?
      交通網の整備ですか?

    • 社会系

      交通網の整備ができてないから、建物の規模が大きくならないということです。
      この点を、広島の人は理解する必要があるのです。

  11. タミー

    JR西広島駅の橋上化も着々と進んでいる様ですね。

    JR山陽本線を利用すれば、西広島駅は広島駅から10分足らずで、両隣の横川駅・新井口駅周辺には地場企業の本社も集積しており、家賃次第では広島に進出を考えている他地域のベンチャー企業等のオフィスとして利用もありかもしれませんね。

    西広島駅からだと、宮島口駅へはJR山陽本線では約20分で、平和公園へは、西広島駅が起点となっている平和大通りを真っ直ぐ行けばすぐに着きますが非常にもったいない気がして仕方がありません。

    JR山陽本線の整備が急速に進んでいる様子を拝見すると、広島都市圏に必要な経済活動が可能となる環境が何とか整い、広島の街も急場をしのぎ、再生への道筋を模索出来そうに思え希望が湧いてきます。

    アストラムラインが届くのは10年以上先の話なのでそれまでに己斐の街が消滅して仕舞わない様に、JR山陽本線の沿線であることを最大の武器に街づくりをしていただきたいと思います。

    そこに、広島電鉄との競争原理が加われば、己斐の街、広島の街の再生も現実的なものになる予感がします。

  12. MT

    広電西広島駅も築年数が浅いが解体するという話が以前出ていました。
    JR線と広電に囲まれた区間も再開発対象ですが、いっそ広電西広島駅をJR傍に移設して現在の五日市駅みたいに乗り換えしやすい形にしたら良いのにと安易な考えですが。
    アストラムを乗り入れさせるなら、その上に被せるように立体交差で駅を造れば西広島総合駅みたいな形で利便性も増すと思うのですが…更にその駅前にバスのりばを併設すればもっと便利になりますよね。

  13. 牛尾

    東京を引き合いに出して比較する人がいますが、なぜ東京と比較したがるのか、町の規模も違うしやめてほしい。マンション建設なら商業施設もほしいし人が集まり活気づく街づくりをしてほしい。橋上駅舎は楽しみ。

    • 社会系

      ここにマンションはいやだという意見があるから、
      東京日暮里でも、商業施設・マンションなのだから、
      西広島でも、商業施設・マンションでもいいのでないかと言っているのです。

      よくコメントの流れをお読みください。

  14. RISO

    広島の都市規模ならアストラムラインは単線西広島が妥当。先見の明を持った人の計画でよかった

  15. 地元民

    私もこの区間は単線でも何ら問題ないと考えてます。何故なら将来的に環状運転化するとしても半分は西広島にて折り返し運転が妥当だと思うからです。
    何も環状化したからと言って全線完全環状運転する必要性は無いですしね。現状でも長楽寺で折り返し運転してるくらいですし、需要に合った運用をすれば良い話しです。
    それにしても己斐の再開発、ここまで来るまで本当に長かった。昭和末期には既に再開発の話しがあっただけにやっと動き出したのかと感慨深い。叔父が昔再開発を呼びかけ青写真とか作って動いていたけど生きてる内に実現しそうで本当に良かった。

    • オーパイ

      単線でもいいような路線なら、整備優先順位は最後でもよかったんじゃないかと思います。
      西広島~都心を先に整備すべきだったと思います。
      でもそれより、都心方面への延伸って本当に整備するんでしょうかね?
      広電と路線が被るから厳しいとか言うような気がしますが。

    • 無印不良品

      アストラム西広島駅延伸はイオンも費用を出してくれている為、こちらが優先となりました。

  16. いぃ

    2007年開通の日暮里・舎人ライナーは都内でもトップクラスの混雑率なのに黒字化のメドが立たないらしい。
    新路線はインフラ投資が大きく
    ツケを次世代に回すことになります。
    赤字は税金で補てんすることになります。
    人口減少時代にアストラムを延伸することは正しい判断だとは思えません。
    そんなお金があるのなら市内のバリアフリー化やコンパクトシティの構築に使うべきだと考えます。

    • hima

      舎人ライナーの黒字化が難しいのは、予想以上の利用増で、車両の更新や人員増員(自動運転ではありますが)に費用が常にかかっているからではないでしょうか。常に増える更新費用のせいで、初期費用に上乗せがかかっている状態なのでしょう。しかし、それも落ち着けば減価償却費も赤字はいつか解消できるでしょう。
      しかし、アストラムラインの延伸に関しては、その初期費用がうまく返せるかが心配ですね。現に今の路線も赤字が続いていたので、延伸費用が上乗せになると、いつ償却できるのか、将来的に不安ではありますね。

  17. 人文系

    アストラムラインの延伸区間について考察すれば
    通勤通学時間帯はともかく
    その他の時間帯は空気を運んでいる状態になることは火を見るより明らか
    市には再考を強く求めます。

  18. 山中ルンペン

    西広島駅から約一キロ北東、高速4号線と山陽本線がクロスする部分にバス停を設け、JRと西風新都からのバスの乗り換えができるようにすれば、西風新都の利便性は著しく向上します。
    赤字必至のAGTを無理して建設するより安価で良いと思います。
    ちょうど、兵庫県の舞子駅のような形です。
    JRの車両も加減速性能のよい新型車になったこともあり、駅間距離が短いことに支障はないと考えられます。

  19. 広島環状線

    広島市が 西風新都線に拘るのは、
    既存区間のうちの、長楽寺 ~ 広域公園 の 存在があるからでしょう。

    長楽寺 ~ 広域公園 は 現ルートでは都心方面に出るのに 遠回りとなっており
    その真価が発揮できていない為、利用者は低迷を続けています。
    長楽寺 ~ 広域公園 を 救済するには どうしても〝抜け道〟が必要なのです。

    よって“延伸せず 現状維持”という 選択肢は あり得ず、
    延伸か、さもなくば 長楽寺 ~ 広域公園 の 廃止かです。
    “ならば廃止してしまえ”と 言う人もいるでしょうが、当区間の廃止となれば
    アストラムは 西風新都からの 完全撤退ということになります。

    しかし、西風新都 程の規模の開発地には
    どの道 軌道系交通の導入は 必要不可欠です。
    “高速4号線だけで充分だ”と 言う人もいるでしょうが、

    “軌道系が導入される程の開発”と“道路交通だけで事足りる程度の開発”
    とでは、イメージに格段の差があり、それは 開発への 注目度、
    ひいては 西風新都に進出してくる器の大きさにも響いてくるのです。
    この点を 広島の人は理解する必要があります。

    よって 長楽寺 ~ 広域公園 を 廃止するという事は、
    また 別ルートで 西風新都への新規路線を1から造らなければならなくなる
    という事を意味します。
    だったら 今ある物を 延伸した方が 安上りということです。
    (ただ、軌道系を導入しても 単線・西広島 止まりという点は
    イメージの マイナス要因となるでしょうが・・・)

    西風新都線 不要論 を 云う場合は、以上の点を理解した上で行う必要があります。

Comments are closed.