カープロードを25年春までに拡幅へ 2020.05(Vol.6)『モニュメントスクエア』は完成

新型コロナウイルスの新規感染者数はひとまず落ち着きを見せるようになりました。
緊急事態宣言の解除、及び休日を含む外出自粛要請の解除に伴い、
当ブログでは三密を避け、「新しい生活様式」に沿った最小限の取材を再開します。

 

プロ野球は6月19日に開幕することが決定しました。
広島東洋カープの本拠地、「マツダスタジアム」に関して、
先日アクセスに関する新たなニュースがあったので現地の写真を交えご紹介します。

やっと「カープロード」の混雑解消の見通しが立ちそうです。

アクセス関連の前回の記事。

広島市は、カープの本拠地「マツダスタジアム」とJR広島駅との間の歩行環境を改善するため、 2009年の開業当時から歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)の検討を行ってきました。

Sponsored Link

 

球場までの「カープロード」、JR用地取得し拡幅へ

【中国新聞】:カープロード、歩道広く 混雑解消へ広島市計画、25年春目指す

 広島市は21日、南区のJR広島駅南口とマツダスタジアムを結ぶ通称「カープロード」の一部区間で歩道を広げる計画を明らかにした。広島東洋カープの試合がある日を中心に混雑しており、歩行者の安全を確保する狙い。道沿いに飲食店が並び、多くのカープファンで混み合う現状を改善する必要があると判断した。2025年春までの完成を目指す。

 歩道を拡幅するのは、駅南口近くの再開発ビルエキシティ・ヒロシマ東側からマツダスタジアムに上がるスロープまでの市道約400メートル。計画では市道全体の幅を現在の10メートルから13メートルへ広げる。歩道部分は北側が3メートルから5メートルに、南側が1・5メートルから3メートルになる。

 本年度は球場に近い東側の約110メートルを施工する。残りの区間を着工するためには、JR西日本から市道北側の約700平方メートルを購入する必要があり、これから協議を本格化させる。

 市は歩道拡幅とは別に、JR山陽線愛宕踏切のある県道をまたぐ歩行者専用橋(長さ110メートル)の整備も進めている。エキシティ・ヒロシマ2階のデッキにつながる西側の約70メートルは今年3月に完成済みで、今後は県道をまたぐ40メートルの建設に入る。エキシティのデッキは、25年春に開業予定の新駅ビル2階とつながる。

 市はこの日の市議会建設委員会で、歩道の拡幅と歩行者専用橋の整備計画を示した。総事業費は約18億円で、うち約8億円は国の補助を見込んでいるという。

 市によると、カープロードは試合開催日に約1万2千人が行き交う。市街路課は「周辺ではマンションや結婚式場が完成し、新たなにぎわいが生まれている。安全で快適な環境をつくりたい」と説明している。(新山創)

(上記中国新聞HPより)

  • 広島市は2025年春までに、野球観戦客の混雑を解消するため広島駅~マツダスタジアムまでの「カープロード」の拡幅を決めた。
  • Cブロック再開発地区(エキシティ・ヒロシマ)の東側からマツダスタジアムに上がるまでの約400mが対象。
  • 歩道の幅員は北側:3m→5m、南側1.5m→3mに
  • 球場側から約110mは今年度施工。残りの区間はJRから土地を取得し整備する。これから協議を本格化。
  • エキシティ・ヒロシマにつながるデッキは、県道をまたぐ40mの建設に今後着手
  • 歩道拡幅と歩行者専用橋の総事業費は18億円

 

球場が完成した頃はエキシティ・ヒロシマから球場まで全区間をデッキで結ぶという案で協議が進められていました。
当時からJRの敷地を活用して、という話で2014年度の完成を目指していたのですが、
沿道のに多くの店舗が出店している背景を踏まえ、デッキは踏切を越えるまでとする現在の計画に縮小されています。
沿道に店舗が増えるなどということははじめから分かっていたことであろうと思います。
歩行者専用橋を全区間に整備するかどうかは議論があるにしても、
ここまで混雑対策が遅くなってしまったことは少し納得いかないです…。
ともあれ、これで両側の歩道がきちんと拡幅されて整備されることが決まったのは良かったですね。

昨日中国新聞に出ていたニュースですが、広島駅とマツダスタジアムとを結ぶ歩行者専用橋(ペデストリアンデッキ)の建設に向け 広島市は土地を所有するJR西日本と協議に入ったようです。  

 

広島駅に隣接するCブロック再開発地区「エキシティ・ヒロシマ」から球場に向けて歩いてみました。

エキシティ・ヒロシマと市歩道橋との境界です。

 

踏切と並行する跨線橋の手前で、今年3月に元の階段が復旧しました。

 

 

エキシティ間の接続橋整備のため、一時的に撤去されていたものです。
珍しくポップな色使いですね。

 

ここから手前に愛宕踏切、東側の先に「カープロード」が続いていきます。

現在はこのように、北側にはポールで区切られた歩道があるのみ、南側は店舗もあるので、歩道はないに等しいですね。

 


(2019年12月撮影)

 

図のように、これから線路に並行するように歩行者専用橋を延伸し、県道を跨ぎ終えたところで階段で地上に降ろされる計画です。

 

跨線橋から見下ろしてみました。

県道を跨いだ後に地上に降りる階段は、地上の歩行者動線を確保する意味でも、JR敷地に下ろすのが妥当ではないかと思います。

ちなみにこのJRの敷地は、かつて広島駅から宇品までを結んでいた旧国鉄の宇品線が走っていた場所です。

 

途中ネックになるのが、この荒神陸橋。

 

跨線橋の歩道に上るための階段があるので、歩道も車道もいびつな形になっています。
JRの用地を取得することで、この階段を上手くJR線路側に押し込む事ができれば、広く真っ直ぐな歩道が確保されそうですね。

 

荒神陸橋からマツダスタジアム方面を見る。

中国新聞の記事によると、こちら側は用地取得は行わず今年度施工するとのことです。
動きがあればまた取材に訪れたいです。

 

歴史を語る「モニュメントスクエア」が完成

トピックはもう一つ。カープロードから球場へのプロムナードに上がる手前の敷地に、
球団創設70周年を記念した「モニュメントスクエア」が3月に完成しました!

マツダスタジアム横に建設される『モニュメントスクエア』2020.01 球団創設70年記念

 

【広島東洋カープ】:球団創立70周年記念 「モニュメントスクエア」

<シーズン開幕まで>10:00~17:00

<シーズン開幕後>
【試合のない日・デーゲーム】10:00~17:00
【ナイター】13:00~20:00

 

3月15日にオープンしていたのですが、コロナの影響でなかなか行くことができず、ようやく足を運ぶことができました。

「モニュメントスクエア」の様子です。

広島駅からの観戦客のほとんどが通る場所です。レンガタイルで囲まれたシンプルな空間で気軽に入って見る事ができます。

 

内部。

 

 

創設の1950年から現在に至るまで、1年毎の登録選手の名前が刻まれた銅板がずらりと並びます。
外側には”レジェンド”達の姿も。

ぜひ、スタジアムを訪れた際は立ち寄ってみてください。

 

今は線路側にこうして銅板が並べられていますが、反対側の壁も照明付きで銅板が追加できるようになっています。

これから記念の銅板も増えていくといいですね。

 

2020年のプロ野球は6月19日開幕です。

Sponsored Link

16 comments

  1. むーばす Reply

    いやようやく広島駅からマツスタまでのアクセス道の安全確保の
    全体像が分かってきました。球場建設時に問題になりつつも先に
    送り続けられて10年を超えてしまいました。

    デッキがスタジアムスロープまで伸びなくなったのはいいとして、
    旧宇品線の敷地の交渉をこれからやるのですか!?
    結婚式場やマンションが出来て何年経つ?今更ながら呆れています。
    これぞお役所仕事の成れの果て、典型ですよー。

    駅前広場整備に合わせ2025年の完成目標を途中から再設定していたか?
    さぞやカッコいいカープロードができるものと思いますが楽しみです。

  2. 社会系 Reply

    球団創設70周年を記念した「モニュメントスクエア」が3月に完成したのも、
    カープが、3度の日本一になっており、
    セリーグでは、巨人、ヤクルトに次ぐ3位の成績であり、Aクラスという誇りがあるからでしょう。

  3. TERRA Reply

    直接は関係ないですが、この調子で旧野球場跡地のスタジアムも順調に進めて欲しいですね。
    また、広島には隠れたスポットがいくつも存在し、カープロードもその1つだと思います。
    カープロードとスタジアムが近代文化に誇れる施設になることを願います。

  4. CCレモン Reply

    自分も鯉党だけど、このモニュメントスクエアはここじゃないだろって思う
    今開幕したら大勢のファンがカープロードを通るわけで、ここで渋滞が起きたら
    後方の狭い歩道から人が溢れて道路を塞ぐ恐れがある(歩道拡張してからならわかるんだが)
    あと、大事な球団史がマンションの隅で球場が死角になる場所である理由がわからない
    ここじゃなくても球場内に設置する事こそ意義があるのではって思うんだが・・
    今のご時世いたずらの心配もあるから、ちょっと設置場所に違和感があるかな

  5. Reply

    【ペデストリアンデッキで、マツダスタジアムまで繋がる】
    という計画は、これで絶たれてしまったのですね。
    とても、残念です。
    屋根付きで、階を移動することなくスタジアムまで行けるという利便性は
    観戦者にとってはかなりのメリットになるはずでした。
    例えば、新井口駅からアルパークまでのペデストリアンデッキや、
    呉駅からゆめタウン呉までのペデストリアンデッキのようなイメージですね。
    アルパークのように歩く歩道があるパターンなら最高だったと思います。

    現状、JRの新駅構造もゼロに等しいですし、とりあえず、歩道拡幅が上手くいくことを願うしかないですかね。

  6. メソ Reply

    歩道が倍くらいになりますかね。カープロード整備の第一弾としてはいいんじゃないでしょうか。

    この辺り一帯の再開発機運が高まり、
    ・荒神陸橋を駅西高架のような四車線で架け替え
    ・試合日のカープロード歩行者天国
    ・それに合わせた区画整理&再開発
    といった開発に、将来的にはつながって欲しいです。

  7. 江藤の放物線 Reply

    集客コンテンツがあるのに少し勿体無い。
    沿道をD、E、Fブロックとして再開発できないものか。飲食エンタメビル、ホテル、住民マンションの60M級の三棟を建てて二階レベルで繋ぐとか。もしくは球場を駅方向に拡張するとか…

  8. サンフレッチェ大好き Reply

    荒神陸橋に開かずの踏切含め一体アンダーパスの大工事をしTSUTAYA家電からスタジアムまでの大再開発が紙屋町八丁堀界隈の再開発の次のテーマになりませんかね。ポテンシャルはかなり高いと思いますが?

  9. NOVA Reply

    何故「勝鯉の森」の優勝記念碑を、マツスタに移設しないのか、合点がいかない!

    • blk

      確かにマツダスタジアムに移設した方が良いと思います。

      ライトスタンドは取り壊し。

  10. OORer Reply

    決まったとなればスピード感を持って進めていって欲しいです。せっかくカープロードとして全国的にも有名になっているので普通の道路とは違う感じにして欲しいですね。(車道もアスファルトじゃないなんかの舗装に変えるだとか)ステキな道路になることを願っています。

  11. スラサン Reply

    歩道部分を人間の心理としても分かりやすく着色したほうがいいと思う。陸上のタータン敷き詰めるとか。
    カープロードは道が一種のスポットみたいになってるし見映えも考えたほうがいい。できれば電線も…

  12.   Reply

    荒神橋も塗装キレイに塗り直してほしいな。いっそカープカラーにしちゃうとか。
    元の色の方がいいって人もいるだろうし難しいかな

  13. 観光客 Reply

    荒神陸橋は将来的にはアンダーパス化して、その結果生まれる広い地上の空間を緑豊かな歩行者空間として開放すれば、カープロードの途中に憩いの空間が出現して快適性が増すかと思います。現状の荒神陸橋(跨線橋)はとても老朽化しており、特にその下を通るカープロードの辺りは薄暗くてやや興ざめな空間になっているかと。

    跨線橋上の道路自体もやや狭くて車線が変則的(?)だったかと思いますので、建て替えが必要でしょうが、地上スペース的に拡幅は難しそうなので、アンダーパス化した上で拡幅するのが良いかと思います。そうすれば、車にとっても周辺の住民の方やカープロードの歩行者にとっても快適な空間になれるのではないかと思います。

  14. Reply

    球場とモニュメントスクエアの間のあの土地を先に分譲マンション建ててしまったのが悔やまれますね・・・

    これは、カープじゃなく広島市の問題かもしれませんが
    球場周りの施設が結婚式場、分譲マンション、会員制スポーツジム、会員しか買い物できないコストコで一般の人が球場に来た際に寄れるところがないのがほんとに残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。