大原学園が広島に進出 2020.06 駅前通り沿いに12階の校舎を新築中

全国に専門学校を展開している大原学園(東京都千代田区)が、広島に初めて進出します。
中区平塚町の駅前通り沿いの土地に、昨年、校舎の新築工事に着手しました。
地上12階建ての都市型学校となる予定です。

学校ビル内には、公務員や医療事務などを目指す「大原ビジネス公務員専門学校広島校」と
IT系、ゲーム・CG・デザイン系の専門学校である「広島情報ITクリエイター専門学校」の2校が入り、2021年春の開校を目指します。

 

 

Sponsored Link

 

【公式】:大原学園広島校新設のご案内


完成イメージ(上記公式HPより)

学校というよりはオフィスビルのような外観ですね。

今春、岡山市に同学園の専門学校を開校させており、中国地方への進出を進めているようです。

 

広島駅方面から駅前通りを挟み、全景です。

 

すでに鉄骨建方が進んでおり、上棟ももうすぐといった状況です。
「資格の大原」というシートも。

 

建築計画のお知らせを確認。

【学校法人大原学園 広島校】
高さ49m、地上12階・地下1階
用途:専門学校
構造:鉄骨造
敷地面積:990.34平方メートル
建築面積:445.81平方メートル
延床面積:5,368.8平方メートル
着工:2019年10月1日
完了予定:2021年2月28日

建築主:学校法人大原学園
設計者:工新建設株式会社 一級建築事務所
施工者:工新建設株式会社

高さは49mと、このクラス(45mクラス)にしてはほんの少し高めです。

 

東側から。

 

 

広島初進出ということと、外観がオフィスビルのようでスタイリッシュだったのでご紹介してみました。

大原学園の「大原ビジネス公務員専門学校広島校」と「広島情報ITクリエイター専門学校」は、2021年春の開校予定です。

 

東名阪の都心部では、近年、大学による都心キャンパスの建設が加速しています。
都心ゆえの通いやすさと、何より若者にとって学生生活を楽しみながら学びを受けられることが評価されているようです。

県内において、そのような大規模な都心キャンパスを新設するような動きはありませんが、
中区幟町の「広島国際大学 広島キャンパス」が、東広島と呉に移転するのに合わせ、
広島県が新設する大学「叡啓大学(えいけいだいがく)」が入ることが決まりました。

若者が都心に集まり、ニーズを察知した市場が動いて繁華街が充実していくような好循環が、
もう一度この広島で生まれれば、本当に理想的です。

【広島県】:新大学の設置について 

Sponsored Link

13 comments

  1. CCレモン Reply

    なんか微妙に交通便が悪いところにできるんだ・・
    できれば横川で学生の街を形成して欲しかったなー
    やっぱり住み分けって大事だよ。

  2. 資格の大原 Reply

    大学生のころ、国家資格受験のために都内のTAC・大原に毎日のように通っていました。
    当時はこれら予備校に通う学生があまりに多く、自習室の席をとるため、水道橋、渋谷、新宿の各校をうろうろしたのが懐かしいです。
    これまで広島に大原が無いのは意外でした。

  3. OK Reply

    薬研堀に近く、若人達が大人の階段を登るには良い立地です。

    それにしても広島国際大学さんは時代の流れに逆行していますね。
    叡啓大学の定員は1学年100名とのこと
    ほぼプラスマイナスゼロってことで残念です。
    高層キャンパスに建て直すてならないところがとても”広島”らしいですが。。。
    ひとりでも多くの18歳人口の繋ぎ止め、転入を願っています。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >OK氏

      叡啓大学がどのような教育を行い企業などにどう評価を受けるかによるのではと思うので、国際教養大学のような大学を目指せるのであれば決して悪くないと感じております。

  4. いぃ Reply

    高層キャンパスといえばモード学園ですか広島進出は無いのかな?
    名古屋のスパイラルタワーみたいなの出来たらいいのに(笑)

  5. サンフレッチェ大好き Reply

    自称、国際平和文化都市広島としては国際広島外国語大学を新設したらどうですか?人口減の今日だからこそ世界中から学生を集めたらどうでしょう東京の次に世界中で名前の知られるHIROSIMAですからね場所は広島北口の広島を馬鹿にしたIKEAの所で。

  6. 世界のNK Reply

    駅前通りって、戦後すぐの広島市長が「これからは鷹野橋辺りが市政の中心になる」と思って、駅から道路をぶち抜いたけど、予想に反して全然流行らなかったって、聞いたことがあります。この通り沿いって、何をやるにも不便ですよねー。

    • @

      鷹野橋の近くに広大もありましたから、発展すると見込んだのでしょうかね?
      広大が移転すればあそこ一帯に住んでた学生やそれを相手にしてた商売が成立しづらくなるでしょうから、衰退してもしょうがないですね

  7. 社会系 Reply

    高校生の地元志向が顕著になっており、それに対応した進出だと考えられます。

    この場所に、ガラス張りの校舎が建てば、都会的な風景も拡がるのではないでしょうか。

  8. `70年代ni東京の大学生 Reply

    昔、東京では少しばかり名の知れた「大原簿記学校」でした。
    大きくなったものです。

  9. Reply

    コロナ前までは
    人手不足で大企業に就職しやすかったこともあり
    都会志向が強まっていましたが
    コロナで今後どう変わっていくのか分からない中での進出
    吉と出るか凶と出るかです

  10. はまっこ Reply

    首都圏に乱立する赤煉瓦風のどぎつい大原のビルが建つのかと、若干心配していましたが、とても洗練されたビルで、嬉しい驚きです。昔、英数学館の予備校があった場所の近くでしょうか?

  11. タミー Reply

    この話題は非常に興味深く、
    色々検索してみました。

    付け焼き刃の知識しかないのでコントは出来ませんが、専門学校の生徒獲得の争いが激化しそうですね。

    これが、若年層の流出に歯止めを掛けることに繋がっ欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。