JR西日本広島支社の旧社屋は今年度解体へ 暫定活用しながら再開発を検討

JR西日本は、広島駅北口の旧広島支社の建物について、
一部を2021年度中に解体することを正式に明らかにしました。

JR西日本広島支社は、西側に約350m離れた自社敷地内に2020年春に新社屋を完成させ、11月から稼働しています。
ただし、すべての建物を解体するわけではなく、全6棟ある旧社屋のうち中央の2棟は残し継続使用します。

解体した建物の跡地はJR西日本が賑わい創出のため暫定的に開発を行い、
再開発の検討を引き続き行っていくことも明らかにされました。

JR西日本は、広島駅北口にある同社広島支社を移転させ、跡地を数年かけてオフィス・商業などの機能を持つ施設に再開発する方針を明らかにしています。 移転先の新しい広島支社は、現在

Sponsored Link

 

【JR西日本】:旧広島支社の建屋撤去工事について


(上記資料より)

 

【中国新聞】:JR広島支社、旧社屋4棟を21年度解体 「エキキタ」再開発検討

 JR西日本広島支社は15日、広島市東区二葉の里地区にある旧社屋6棟のうち、使っていない4棟を2021年度中に解体する方針を明らかにした。残る2棟もっていた敷地北側の3棟を取り壊す。5月下旬に工事を始める。同支社は22年度以降、この4棟の跡地の暫定利用を開始する予定でいる。

 現在も使っている敷地中央部分に並ぶ2棟は、東区上大須賀町の現社屋に機能を移すまで残す。

 駅北側ではオフィスビルや商業施設、ホテルなどの建設が相次ぐ。蔵原支社長は、旧社屋跡地の暫定利用や、その後の全体の再開発について「広島の玄関口にふさわしい、にぎわい創出の拠点となるよう県市や経済界と議論して決めたい」と強調した。

 一方、新型コロナウイルス感染拡大に伴うJRの厳しい経営状況を念頭に「慎重に議論と検討を進める」と述べた。跡地売却の可能性については「現時点で否定も肯定もしない」とした。

(上記中国新聞HPより)

 

JR西日本は、広島駅北口にある同社広島支社を移転させ、跡地を数年かけてオフィス・商業などの機能を持つ施設に再開発する方針を明らかにしています。 移転先の新しい広島支社は、現在

 

最新の現地の状況です。

 

 

仮囲いも設けられ、正式に解体することがアナウンスされました。

ただ、一度にすべて解体をするのではなく、
敷地中央に位置する2棟は継続使用するようですね。
あと5年程度は使用した後に取り壊す予定とのことです。

 

支社ビルについて、当初(もう8年前…)は商業やエンターテインメント機能を検討すると話していましたが、
コロナを始め情勢が大きく変化していることから、一旦白紙にしてこれから検討をし直すようですね。

コメントでも頂いておりました。ありがとうございます。   今日の中国新聞で、JR西日本は広島支社ビルや鉄道病院のある二葉の里地区社有地に 新しいオフィスビルの建設や文化施設の誘致な

 

ここは広島駅に残された最後の一等地でしかもまとまった広さがありますから、
展示場のような広域から人を集められる施設をお願いしたいです。
背後はすぐ山であり、目的を持って来てもらう施設が向いているでしょうから、ありきたりな商業施設や広場単体で作っても賑わい創出は難しいと思います。

情勢が情勢だけにすぐ開発されないのは仕方ないですが、時間がかかってでもここは慎重に検討を重ねるべき場所だと思います。
コメントでも頂いておりましたが、ただでさえ広島駅南口の再開発という莫大な投資を行っている最中なので、
新駅ビルが完成して、駅業務機能を駅ビル内に戻した後に本格開発に移るというシナリオにも納得できます。

 

気になるのは”跡地売却の可能性については「現時点で否定も肯定もしない」”との一文。
コロナ禍で減収となっているJR西日本にとって、不動産価格がまだ高いうちに売却して現金化するのも選択肢の一つではありますよね。。
解体が完了した2022年度以降は跡地を暫定利用しながら、賑わい創出に向けて跡地利用を検討するとしています。
コロナ情勢を見極める期間であり、賑わい創出に向けた将来の用途・可能性を探る期間となることから、
今後5年の暫定活用は結構重要な期間になるような気がします。

Sponsored Link

17 comments

  1. マー坊 Reply

    “ 真ん中の事務所2棟は残す ”

    本来なら、新社屋に移行するつもりが、
    旧社屋塩漬けの予定になったので、
    急遽 真ん中だけ残すことにしたんでしょうね。
    全て更地で塩漬けだと色々と都合が変わってきますからね。

  2. OK Reply

    今、JR西さんはお膝元(大阪・兵庫)が大変な状況です。
    更に、このコロナ禍がいつまで続くのか見通せない中では新たな投資は株主の理解が得られないのではと思います。
    IKEA season2の悪夢再来にならないことを願うばかりですね。

  3. TOM Reply

    いよいよ広島駅の最後であり本丸の再開発が動き出しますね!
    展示場かライヴ可能な劇場+オフィス&ホテルの150メートル級の再開発なら嬉しいです。
    今は時期的に悪いのでまたじっくり落ち着いてからどかんとビックリするプロジェクトを期待します!

  4. むーばす Reply

    一度に全部仕上げるのではなく、段階を追って整備する
    という手法もあります。
    なにせこの土地は広いので全体のグランドデザインを
    しっかりと作ってさえおけば、あとは第1期、第2期と
    徐々に作り込んでいけばいいのではと思います。

    ただ記事内の現地の地図で確認すると敷地の真ん中に
    ある建物を2棟残すそうなので、その手法は使いづらい。
    暫定使用と聞くと、西広島駅前の広電会館跡地を思い
    だしますが、どの程度お金を入れることが出来るのか。

    それにしても低予算では何も出来ませんので、全体
    プランで前庭となるこの場所に相応しい広場にして
    欲しいと思います。広島駅周辺開発のしんがりの計画
    策定となりますので、決して後悔のないようなものを。

  5. いのっち Reply

    6年も更地のままと言う。暫定利用はあっても。はっきり言ってJRには期待できない。売却して活力のあるところに事業展開していただき150メートル級の高層ビルを期待したい。北口の先には二葉山、尾長山があり特に駅ビル解体の今、この山々が南側の駅前大橋からまる見え状態。まるで熊本駅前とそっくりのこの景観に、この都市の規模に納得しました。

  6. B X Reply

    ここは超高層ビルが理想です。200mのオフィス+ホテル+商業施設が良いですね。屋上には広島市内と瀬戸内海を見渡せる展望台にすれば最高です。これができたら間違いなくランドマークタワーになりますね。広島駅の摩天楼感がかなり高くなります。JR西日本様このコメント欄読みますよーに

  7. 田中広輔 Reply

    広島駅北口の立地から高層ビルになるのは普通でしょう。ただのオフィスビルにするのも面白くないですから、低層階は最近流行りの西日本最大級のVR施設を計画すれば良いと思います。話題性間違いなしですし、南口にも匹敵する商業施設期待してます。

  8. 歯磨き粉 Reply

    私も展示場は賛成です2000人規模のホールを作れば良いと思います。広島にはコンサートホールが少ないです。地方4都市に比べて(札幌仙台博多)。広島市民球場跡地や広島港、西飛行場の再開発は少し残念です。これらに共通するのは交通機関です。いずれの場所も広電やバスはあるのですが、JRがありません。これは致命的であり大量輸送、速達性抜群のJRに対して広電やバスは真逆です。他の3都市(札幌仙台博多)は地下鉄が通ってますから大量輸送速達性抜群で再開発しやすいのです。やはり路面電車とバスの街では発展は難しいのではないでしょうか?

    • 張さん

      中央図書館にある広島の地下鉄計画書みたいなのを読みましたが、速達性や都市開発の促進については制作当時である1970年の時点で指摘されていたような気がします(違ってたらすみません)。
      都市の発展や利便性の向上を図るのであれば、当然そういうものは出来る時にやっておくべきだったとは思いますけどね…。

  9. くまじろう Reply

    僕的には売却が妥当だと思います。JR西日本単体だと再開発は期待できません。90メートルのビルがポンポン建つより200メートルのビルが1本立つほうが都会っぽくていいですね。駅前だと岡山のほうが賑わいがありますのでここの再開発は超高層ビルが妥当です。香川県民ですが、岡山駅の在来線の規模は中四国1だとおもいます。さすが中四国の玄関口といったところです。

  10. NAO Reply

    私も展示場が良いと思う。
    せっかくの駅前一等地、周りにホテルもたくさんある。
    JRは新幹線で人を運んで、グランヴィア、ヴィスキオ、ヴィアインに宿泊させて、展示場を使用して、また新幹線で帰らせたらいいのではと思います。
    ただ、公共性の高い展示場を、JRが作るかは微妙なとこ。広島市や県が補助金ださないと作りそうにないかな。

  11. やまし Reply

    JR西はまだ三宮駅の再開発も残っていますから、広島駅の北口整備まで手が回らないのでしょう
    個人的にはどこの馬の骨かわからない企業に二束三文で買い叩かれて、東警察署近辺のように低層のマンションが立ち並ぶよりかは一つの企業が代表となって統一的な開発をしたほうが良い気がします
    特にJR西は不動産に力を入れていますから、駅直結で交通の便が良いこの場所は必ず力を入れた開発をしてくれると思いますから、前向きに次の開発を待ちたいですね

  12. いぃ Reply

    暫定利用ってイベント広場的なもの?

    鯉党さんが書かれいるように
    暫定利用中の集客があとの開発レベルを左右すると思いますので
    頑張って駅北に通いましょうか。

  13. けい Reply

    前にこちらのコメントか記事で支社ビル内に複雑な制御装置があって、それは移転に3,4年はかかると書かれてた様な記憶があります。
    支社ビルが残るのは、それがあるのかなぁと思います。
    再開発のタイミングを見る為に年単位で土地を休ませるのは良くあることですし、私もJRに統一的な開発をして頂くのが良いと思います。

    北海道や東名阪ではこういった遊休地を劇団四季が数年借りて仮設の専用劇場を建てたりしてますが、既存のホールでは上演出来ない「ライオンキング」専用劇場を建ててくれたらなぁ、と夢見てます。
    ちょうど福岡のキャナルシティ劇場の専用期限が来年春で終わりますし・・・

  14. タミー Reply

    ブログ更新お疲れ様です。

    JR西日本広島支社跡地についてコロナ禍でのJR西日本の事情もあってか売却の有無について微妙な状況である様ですね。

    交通体系の根本的な改善となると一筋縄では行かないので、現状のままで「都市としての存亡」をかけた「広島広域都市圏200万人維持構想」を実現するためには、広島駅周辺の再開発事業が最優先されるべきと私は考えています。

    都市あっての街の再開発・街づくりであり、このJR西日本広島支社跡地再開発事業はJR任せにするのではなく、厳しい表現をすれば「現状の半人前の都市から一人前の都市への成長」・「都市としての存亡」へのスタート・足掛かりとする為には官民が一体となった街づくりをすべきです。

    旧市内中心街で国際平和都市として再開発事業を進める為には先ずは都市として存続することが大前提であります。
    都市の経済力の維持・発展と利便性とは密接な関係にあり、利便性が極めて高い広島駅周辺の再開発事業への期待は絶大です。

    今の時期、世界中のあらゆる都市が経済的に存亡の危機にあると言っても過言ではありません。

    近年、被爆からの復興で漸く民間での資本の蓄積が顕著になってきた広島の街の真価が問われている様に思います。

  15. ああ Reply

    ここは、前から述べているように高さ200m級の複合ビルを望んでいますが、
    東京や大阪ならば民間資本だけで簡単に建てることができるのでしょうが、
    地方都市だと大企業のJR西といえども、やはりリスクがあると思われます。
    ですからビルの低層部をMICE施設とするなら、その部分の建設費用は
    市が出して、所有、運営していくようにして、ホテルやオフィス部分も
    なんらかのかたちで支援したらいいと思います。
    今後地方都市は強い拠点性をもたないと生きていけないので、その都市の最も
    利便性の高い、アクセスの良い土地に集中して投資するべきでしょう。
    公的な資金を投入するのに意味のある土地だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。