相生通り『三越前パーキング』隣接地に開発計画 内容は・・・

広島の中心的な繁華街である八丁堀地区で長年十分に活用されていない区画に、
狭小ビル単独での新たな開発計画を確認しました。

場所は、広島三越と相生通りを挟んで対面する「三越前パーキング」に隣接した場所。
周辺では2009年の「広島鉄砲町ビルディング」、2019年の「新広島ビルディング」(いずれも三菱地所)といったオフィスビルの新築が行われておりますが、
当該地区は老朽化がかなり進んだ低層ビルでテナントも入っていない状態のビルが並ぶ一帯のうちの一つ。

その意外な開発内容や規模、時期についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

場所を事前に確認しておきます。

相生通りを挟んで広島三越の向かい側。三越前パーキング(に含まれる賀茂鶴オアシス)に隣接した小さな区画になります。

 

まずは八丁堀交差点から。

冒頭で触れた「広島鉄砲町ビルディング」は左手前のガラス張りの建物。
「新広島ビルディング」は中央奥、昨年完成したばかりのオフィスビルです。

右手の天満屋八丁堀ビル(LABI広島)の隣に広島三越。

対象地区は画像の中央に位置している老朽化した建物群の中にあります。

 

開発計画が明らかになったのは、現在の「叶屋ビル」。

 

掲示されていた「建築計画のお知らせ」を見てビックリ…

実は事前にTwitterでフォロワー様から情報をいただき、コメントでも情報を頂戴しておりました。

狭い土地に3階建ての店舗を新築する計画のようです。(イメージ図では5~6階に見えます。実際、広島経済レポートには6階建てと記載があるそうです)

 

建物周辺の状況。

 

 

紙屋町・八丁堀地区は広島駅周辺地区とともに「”特定”都市再生緊急整備地域」に格上げされ、
老朽化したビル及び区画は効率的に開発を進め、地域の活力を上げていきましょうと勢いがついた矢先、
この狭小な敷地を単独で小規模物件に建て替えるのはかなり意外でした。。

隣の建物は昨年解体されて空き地になっていますし、その隣も老朽化した建物が並びます。
市営基町駐車場の再開発例を見ても、今の時代の都心部の大規模駐車場の在り方も見直されつつある中、
この三越向かいのブロックは個人的に、(おそらく読者の皆様も)再開発の期待が大きかった場所でありました。

妄想ですが、将来オフィス転用に可能な中層ビルをつくり、
天満屋八丁堀ビル(及び広島三越)を建て替える際の代替施設を用意してはどうか、とも考えたことがありました。

天満屋八丁堀ビルの解体が1年延期へ 跡地活用検討

 

 

一個人事業に対して我々があまりネガティブに口出しすべきではないのですが、これは少々もったいないなと感じてしまうところです。

もしかすると、小規模施設としておいて、
将来一体開発が固まるまでの間のつなぎとしての役割の可能性もあります。

引き続き、解体されて空き地になっている隣接地を含め、周辺の動きには注目しておきたいです。

 

おまけ。
八丁堀交差点から見えた景色。

「PARCO」のロゴマークが新しくなってますね。

 

交差点の中国銀行前に、昨年広島市の広告付き観光サイン整備に関する実証実験
大型のサインが設置されましたが、期間終了のため撤去されていました。

 

(2019年8月撮影)

残しておいてくれても良かったのになと。

相生通り沿いの広島市中区幟町で、交差点を挟んで広島三越の向かいに立つ「新広島ビルディング」の建て替え工事が始まっています。 既存ビルの解体後、三菱地所が高さ59.9m、地上14階

Sponsored Link

8 comments

  1. ちゃげちゃん兄

    良い場所なだけにわたしも意外な印象を受けました。まあ色々事情があるのでしょうね。

  2. オッス!オラ、全斗煥!

    あの辺りの土地の狭さと特に再開発の公式な計画が立ってる訳でもないことから考えると、むしろ個人で建て替えして商売を続けるというだけでも凄いことだと思いますよ。このご時世。

    天満屋ビルの建て替えを実施する前提で指摘の場所に三越とかの仮店舗をという想像はさすがに無理があり過ぎる気がします。

  3. CCレモン

    非常に残念です。
    前から言ってますが、紙八の風景がこの何十年もさほど変わっていない
    市内中心部の本通り界隈も閉店ダッシュ、いたるところでテナント募集
    の紙もちらほら散見されます
    これは、コロナ禍だけの問題ではないと思います
    回遊性の悪さ・店舗の老朽化・一貫性のない店舗配置・ドラッグストアー
    や100均のワンパターン化など、本当に魅力がなくなってきている
    あと20年したら、人口減少でシャッター街になる恐れもありますよ
    あと百貨店はオワコンの産物にしかすぎない
    商店街の組合や土地のオーナーは高齢化して、都市の付加価値や
    トレンドなどまったく気にしてないんでしょう
    求められるのは、大規模な一帯開発なんだけど・・
    正直、すべて大手デベロッパーに任せていいと思ってます 

  4. 黒田

    この記事はどうなんですかね。

    なんでもかんでもどでかくて綺麗な建物建てれるわけないと思います。
    需要と供給に適した建物じゃないと建てる意味もありませんよね?

    予想よりへぼいからって批判して広告載せて稼ぐのは違うかと

    広島は東京じゃないんですからw

  5. 社会系

    素人であれば、単独で小規模物件に建て替えることを残念がってしまうでしょうが、
    周辺の将来的な再開発も含めてみれば、そうでもありません。

    東京を含めて都市では、全てのビルが高層にできるわけでもなく、小さいビルも存在します。
    それは、各エリア単位にも、一定の容積率みたいのがあるからだと考えられ、
    片方が超高層ビルであれば、片方は小さいビルになるよう規制が必要となるのです。

    東京駅周辺の超高層ビルは、東京駅が3階建てになり空中権を売ったから可能になったのであり、
    広島においてもBブロック(52階)やhitoto広島(53階)の周辺は低層ビルになっています。

    八丁堀エリアにおいても、1エリアで総合計28フロアであれば、
    オフィスビル(14階)を2つ建てるより、高層ビル(25階)と低層ビル(3階)を建て方が都会的になる。

  6. ああ

    ここは奥行きがないので、隣と一体的に開発しても、大きなビルは
    建てられそうにないので、たいして期待はしていませんでした。
    それより個人的に気になるのは、賀茂鶴オアシスのほうで、そろそろ
    リニューアルしないのでしょうか? 一般の人が気軽に、ちょっと腰かけて
    一休みできるスペースになればいいと思うのですが。。。
    中心街は、人がぶらぶらするだけでも、活気の演出になるので、
    こういうスペースは、市と協力するなりして、うまく活かすことが大切です。

  7. みみずく

    掲載されている完成予想図から想像すると、高さ19m前後の3F建に建物と合わせた高さが38mを超えない範囲の屋上看板を設置する予定でしょうか?

    近年、相生通りや鯉城通りで建て替えられたビルは全て、広告物の掲示は最小限となっており、メインストリートの美観向上に貢献しています。

    広島市の屋外広告物制度には反しない建物なのでしょうが、「広島市が育んできた街並み・・・景観を守り育て・・・美しいまちにしていくため」という制度趣旨を尊重するような事業主様の配慮があると良いのですが。

  8. OK

    広告付き観光サインは結局スポンサー(広告主)が付かず
    実証実験だけで終了してしまったのでしょうか。
    撤去された大型サインは何処へ?

Comments are closed.