広島南道路の一部 『木材港~廿日市IC』間が事業化! 山陽道との接続目指す

国土交通省は管理する国道の令和4年度の新規事業化路線を公表し、
広島地区では広島南道路の一部を構成する、「木材港西(仮称)」から山陽自動車道廿日市ICが接続する「地御前JCT(仮称)」までの区間の事業に着手することが明らかにされました。

区間は計画延長約23kmの広島南道路の内、唯一自動車専用部も一般道路部も整備されていないミッシングリンクとなっています。
整備により、現在の終端部である廿日市地区の渋滞緩和や、
それに伴う安全性の向上、広島都市圏臨海部の物流交通の活発化などが期待されています。

 

新規事業採択時評価を経て今年度事業化

【国土交通省】:令和4年度新規事業採択時評価結果 箇所一覧

  • 一般国道2号 広島南道路(木材港西~廿日市) 評価結果
事業名 一般国道2号 広島南道路(木材港西~廿日市)
事業主体 国土交通省 中国地方整備局
起終点 自:広島県廿日市市木材港南
至:広島県廿日市市地御前北一丁目
延長 約1.5km
全体事業費 約400億円

 

(広島県『広島南道路(木材港西~廿日市)が新規事業化されました』より)

 

該当区間のGoogleMapの航空写真です。

 

令和3年度までに、国の新規事業採択時評価が行われていました。
下記の資料には、課題と整備効果とともに、対象区間の縦断図等もまとめられています。

【国土交通省】:一般国道2号 広島南道路(木材港西~廿日市)に係る新規事業採択時評価(PDF)

 

 

ミッシングリンク解消による都市機能の底上げに期待

長年の課題だった広島都市圏の道路に、大きな動きが続きます。

東広島・安芸バイパスは2022年度の全線開通まであとわずか、
その先の広島南道路海田西IC~海田大橋間にあたる明神高架橋も事業化、
西広島バイパスの都心部延伸も事業化されています。

国土交通省中国地方整備局は、広島市と東広島市を結ぶ国道2号「東広島・安芸バイパス」の整備を続けています。 「東広島・安芸バイパス」は現在、瀬野西IC~海田東IC間のみ供用して
広島都市圏を横断する「広島南道路」の内、 東広島・安芸バイパスの海田西IC~海田大橋間を結ぶ区間「明神高架橋」の整備が進められています。 明神高架橋は約2kmの自動車専用道路で
国土交通省(赤羽国土交通大臣)は、広島市中心部を東西に貫く国道2号線「西広島バイパス」について、 2020年度にも未整備となっている都心部区間の延伸事業を再開させる方針を明らかに

 

高速3号部分をはじめ、これまで長い時間をかけて部分的に整備が進んできた広島南道路ですが、
終端部で廿日市ICと接続する当区間は全くの未着手の状態でした。
この区間が整備されれば、廿日市ICを経て西方面から広島南道路へのアクセスが劇的に改善され、広島都市圏の臨海部の利便性が大きく向上します。

また、現在西広島バイパスに集中している交通が南道路に分散することも考えられ、西広島バイパスの混雑緩和にも期待がかかります。

将来的には、東広島・安芸バイパスと広島南道路が一本につながり、
通過交通を捌くためのネットワークを形成します。

 

ただし、理想の道路網の実現の道のりは平坦なものではなく…。
パンフレットをご覧いただいてわかるとおり、一口に広島南道路といっても、
全ての区間に自動車専用部と一般道路部が存在し、
整備主体が区間ごとに複雑に分かれています。

【広島国道事務所】:広島南道路パンフレット

 

自動車専用道路部について、広島市を通過する区間都市高速の一部として開通したため有料になります。
広島市の東部から東広島市方面は現在整備工事が進められている「東広島・安芸バイパス」。
商工センター以西についても計画は存在していますが、ほとんど未着手となっています。

 

商工センターのメインストリートで広い中央分離帯となっている部分ですね。
この通りは現状でも部分的に交差点が立体化されており、自動車専用とはいかないまでも比較的スムーズな通行は可能となっています。
将来的にここにも自動車専用道路を整備する必要があるかどうかは疑問です。
当然、行政も認識しているため未事業化に留まっていると思われますが。
2車線となっているはつかいち大橋の区間は、現在4車線化工事が行われています。
最低限4車線化は必須です。

広島市を横断する都市計画道路、「広島南道路」の一部で、 広島市佐伯区と廿日市市を結ぶ「廿日市草津線」では、現在、 第2期工事として対面通行だった「はつかいち大橋」の4車線化工事

宇品出入口以東~仁保ジャンクションの一般道路部など、どうやってつくる目論みなのでしょうかね。

 

ちなみに、今回事業化された木材港西~廿日市IC間については平成9年に都市計画決定が完了しているとのことで、
廿日市市の都市計画図には都市計画道路として、大まかな路線が描かれています。

用地に関わるものなので、画像掲載は控えておきますが、
廿日市市地図情報システムから見ることができるので、リンクのみ貼っておきます。

【廿日市市】:廿日市市地図情報システム

 

用地買収や洋上での施工も伴うため、事業化されたとは言え開通までにはまだ時間はかかることが予想されます。
広島都市圏の経済活動の底上げに繋がる事業ですので、今後も注目しておきたいです。

9 comments

  1. misamisa Reply

    廿日市大橋が二車線になって、ドライバーにアナウンス(特に商工センター、江波、吉島の人に)すれば、パイパスの渋滞が少しは軽減されると思うんだけど、あんま意味ないですかね。

  2. くじ Reply

    廿日市(および九州)方面、呉方面、安芸区方面それぞれを行き来する市内に用事がない市街地通過民をいかに中心部に入れずに捌くか重要です。商工センターの渋滞が緩和してくれると助かります。
    きっとみなの同意は得られないと思いますが、個人的には舟入の道路を詰まらせてる祇園緑井方面の北への通過民のための183号と併走するバイパスを欲しいと思ってます。

    • 万次郎

      一応、長束八木線という都市計画道路があり、現在整備中です。
      昨今の八木地区の土砂災害を受けて、交通網が貧弱な地域の災害対策道路として八木地域は急ピッチで整備が進んでいます。
      大町〜祇園の進捗はかなりスローペースですけどね。
      https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/4490

  3. 広島リボーン Reply

    広島駅高速5号からの北南線が一本欲しいですね。川辺を通すしかなさそうですが。

  4. とし Reply

    37号線の高陽中央通りは通勤時はバスレーンになりものすごい混雑します。
    太田川土手をなんとかして広くならないものですかね。

  5. NOVA Reply

    都心部の国道2号が全線高架バイパス化されない以上、南道路の商工センター区間は自動車専用道路化する必要がある!

  6. むーばす Reply

    岡山バイパスは片側三車線以上で当初から整備されて、
    交通量の増大に合わせて岡山市内の交差点が次々
    立体化されて、まるで高架道路のようになって来ました。
    当然ながら無料ですし、一大郊外流通店の並ぶ沿道に
    成長。各企業の流通拠点も張り付いて産業の集積も
    見られます。広島市との差はどうしてここまで付いたか。
    まあ福山市はバイパス自体が見通しが立たないとのこと
    なので、広島県下全般のあるある話なのですけど。
    広島南道路を本命の広島バイパスとして見ていないのなら、
    広島市にはバイパスを造るという発想がないのですね。

  7. アホウドリ Reply

    佐伯区住民ですが、何か西方面(廿日市、佐伯区、西区)ばかり道路、鉄道、施設などが出来て申し訳ない気分です。
    この原因の一つとして、住民の反対、地理的要素があると思います。人口の増加している、安佐南区、南区辺りに税金を投入するべきだと思います。
    広島は、住民の反対が多いと思います。西広島バイパスは、もうすぐ開発が始まり中心部まで出来ると聞いたのが40年前です。
    南道路に江波の降りる所が有りません。南道路の側道の自転車道は、吉島、宇品間、最初から完成しているのに通れません。何方も住民の反対です。
    西広島バイパスは、五日市の出口が混みます。その対策として、手前の皆実から北方向に曲がりサリンリブ方面に抜ける道路が数年前に完成しいます。これも住民の反対で通れません。
    地理的としまして、私の家が植物公園下に出来る前の話として、会社の奥さんが「まあ、こんな寂しい所に家が出来るなんて?」と言う話を聞きました。今では凄く便利の良いところだと言われます。
    つまりバイパスが先だったのです。山陽道も安佐南区の西風新都のインターを含め西側に便利なインターが多い。
    また多額な投資の商工センターのお陰で住民の反対無しにすぐ開発出来るのが今回の南道路だったのでは、ないでしょうか。
    アストラムの延長も大半の安佐南区の住民は、右回りですし、こころもバスで15分でバスセンターに着きます。
    よって利用する人は、五月が丘団地、己斐の住民です。宮島方面も新白島から行けば良い。
    話が逸れますがもし西広島から地下鉄が出来ても西方面の通勤客は、料金の安い新白島、アストラムだと思います。広電の人も料金上より変える人は、少ないと思います。

  8. タミー Reply

    一般国道2号 広島南道路(木材港西~廿日市)って、やっと具体化???

    色々数限りない案件はあるでしょうが、これまでの広島の再開発では兎角優先順位の合理性を欠いているケースが目立ち、この広島南道路建設の進捗等は、並行して走る宮島街道恒例の駅伝に例えるなら、全く不調のブレーキ区間が続いていた様に思えます。
    しかし、それも漸く終わり、今ではタスキが次の快走ランナーへと渡り怒涛の疾走へと変わった印象を強く受けています。

    勿論、ブレーキ区間の遅れを取り戻すには相当の快走を求められるのは当然なので、結果に拘って迅速な対応が必要です。

    チーム広島が一丸となって再開発のタスキを繋げて「惜しい広島」から脱却を図ることが急務だと感じます。一市民として自分に何が出来るかを常に念頭に置いて日々を送らなくてはと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。